第206回TOEIC(2015年12月13日)の結果が出ました

第206回TOEICの結果が発表されました

本日、12月に受験した第206回TOEICの結果が発表されました。



今日は仕事の予定がびっしりと詰まっており、スマホをポケットから取り出す余裕さえなかったため、結果を確認できたのは夕方でした。これが非常に良かった。なぜなら、お昼にTOEICスクエアで結果を確認し、その結果が満点ではなかった場合、「あぁ・・・まただめだった」という微妙な落胆に襲われ、少なくともその日の午後は仕事のパフォーマンスが落ちるからです。結果を夕方まで我慢すれば、少なくとも午後に仕事の質が落ちることは防げます。次回からもそうします。



与太話はこの辺にして、結果報告を。



今回の結果は・・・、

またまたまた980点(苦笑)

「またかよ!」という感じですが、今回も前回・前々回と同様980点でした。





toeic206回


リスニング495点。リーディング485点。合計980点。こればっかりです(笑)



この先に985点の壁が立ちはだかっている(と思う)ことを考えると、990点満点はまだまだ先にあるのかもしれません。TOEIC、手強い・・・。5月の問題形式変更まで残り3回(1月・3月・4月)。頑張ります。



スコア推移

英語学習者で知らない人はいないであろうツウさんのパワーブログ「Enjoy Life in English !」の記事(TOEIC990点満点を獲るための勉強法① 戦略・対策編)の中に次のような文章があります。

国内で独学している英語学習者の場合、初めて900点台に到達してから、満点を獲るのに約2~3年かかると考えられます。つまり、900点をめざすときもそうでしたが、990点も生半可な決意では獲れないなと。


ツウさんには申し訳ありませんが、正直言って僕は1年前、この文章を話半分で捉えていました。「2年~3年なんてかからないでしょ」と。しかし、国内独学で初めて900点を超えてから1年以上が経過した今、この言葉の真実味は僕の中で非常に高まっています。確かにそれくらいかかるかも・・・。ツウさんごめんなさい。反省して更に精進します。



ということでスコア推移を。



195回


TOEIC2015年1月11日


TOEIC2015年3月15日


TOEIC2015年5月24日


TOEIC2015年6月28日


2015年7月26日


203回


204回②


205回


206回1

語彙力のアップと多解き

満点を狙うとなると、「TOEIC専用の単語本」だけでは不十分だと感じています。なので、最近アルク社が出している「究極の英単語シリーズ」のVol.3とVol.4の2冊を購入して語彙力アップに励んでいます。



なんとか次回207回TOEIC(1月31日)の1週間前までには単語学習を終了させ、あとは問題を解きまくる(多解き)モードに入りたいと思っています。



とにかくテーマは「自律」。いかに自分自身を律して、目標達成まで粘り強く継続できるかが最大のポイントです。



あなたは次回のTOEICは受験されますか?



もしされるなら、共々に頑張って参りましょう。努力は嘘をつかない(はず)です。


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計6回)

その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに3500名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2018/9/12 3500ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です