第203回TOEIC(2015年9月13日)の結果が出ました

第203回TOEICの結果が発表されました

数日前にオンラインで第203回TOEICの結果が発表されました。

ここ数日間は半端なく仕事に忙殺されており、ブログの更新が本日になってしまいましたが、結果をご報告させて頂きます。

第203回TOEICの結果は・・・?

僕は今、停滞期なのかもしれない

結果は960点でした。

203回
Part2の30番が難しかった記憶があります。やはりそのあたりで数問を間違えてしまっていたのでしょう。また今回のリーディングはわりと手応えがあったのですが、485点でした。TOEIC、手強いですな。

ここ最近スコアが停滞しています。(以下参照)

TOEIC2015年5月24日


TOEIC2015年6月28日


2015年7月26日


203回
このスコア推移を受けて、少し思うことがあります。

このまま進むか、方向転換するか

僕は去年の秋(たしか11月頃)に「TOEICで満点を獲得する」という目標を立てました。それ以来TOEICに対して長い時間をかけて勉強してきました。なんだかんだ言って、もうすぐ1年が経過しようとしています。

現状の最高スコアは980点。満点を獲得するためには、これから「985点の壁」、そして「990点満点の壁」をクリアする必要があるわけです。おそらく今まで以上に気合を入れてTOEICと向き合わなければ、これらの壁はクリアできないと思います。

だからこそ、悩む。

僕の目的はあくまでもブログタイトルの通り「英語をきっかけにして人生を良くする」ことです。英語というスキルを使って仕事においてもプライベートにおいても自分の可能性を広げ、より充実した日々を実現することが僕の理想です。

この目的を達成するためには、ひとまずTOEICは卒業して、英会話に特化した学習に舵を切るべきだと感じています。僕が勤める会社には国際部とか語学教育部とか、英語力を活かして仕事ができる部署がいくつかありますが、それらの部署で求められるのはTOEICスコアでなく、「いかに英語が話せるか」という点です。

もちろんTOEICを追及することで英会話力もジワジワと上がっていくとは思います。しかし、英会話に特化して学習したほうが上達スピードが速いのは疑いようがありません。

その意味で、今後どのような方向性で進むべきか悩むのです。

TOEICより楽しいこと

TOEICを受験してから約3週間後にオンラインで結果を確認し、満点が取れていなかった事実を突き付けられた瞬間に、「あぁ、また次のTOEICまで勉強か・・・」と、にわかにテンションが下がってしまうのが正直なところです。

おそらくこんな気持ちでは満点なんか取れないでしょう。でも、自然にテンションが下がってしまうのだから仕方ない。TOEICの勉強をしているよりも、ネイティブの友人とお酒を飲みに行ったり、海外ドラマや映画を見ているほうが楽しいですもん。

・・・と、こういう感じでここ数日間思いを巡らしていたわけですが、

結論としては、「気合いを入れなおして、TOEICに向き合う」ことに決めました(笑)

満点を目指す目的

僕がTOEICで満点を目指す目的は、もはや自分の可能性を広げることではありません。ただ単純に、自分にけじめをつけるためです。ここまでやってきたからには、最後までやり切りたい。それだけです。

満点にこだわりすぎて、なんだか視野が狭くなっている気がしないでもないですが、とにかく年内のTOEIC(204回、205回、206回)は3回ともきっちり受験して、満点を目指したいと思います。

目標が達成できたあかつきには、心置きなく楽しんで英会話の勉強に取り組んでいきたいと思います。

ということで、非常にとりとめのない話になってしまい申し訳ありませんでした。

あなたの今回のスコアはどうでしたか?目標は達成できましたか?

次回のTOEICに向けて共々に頑張って参りましょう。

いつもシェアして頂き感謝です!☺️


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月・10月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計7回)

その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに3800名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2018/12/12 3800ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です