第223回TOEIC(2017年9月10日)の結果が出ました+着々とスコアアップ

第223回TOEIC(2017年9月10日)の結果が出ました

本日2017年10月2日(月)は、先月実施された第223回TOEIC(L&R)のオンライン結果発表日でした。

満点を目指してTOEICに打ち込んでいたときの結果発表日は、朝からソワソワして何も手につきませんでした。その後、満点を取得できてからは特にプレッシャーなく発表日を迎えられるようになりました。

その後、本格的にマンツーマンのコーチングを始めてからは、今度はクライアント様の結果が気になりすぎて、また朝からソワソワするようになりました。

ということで、第223回の結果は・・・、

行ったり来たり

今回は985点でした。

前回は960点だったので、25点アップです!(笑)

ただ、リーディングはやっぱりどこかで落としてしまっているわけです。それがケアレスミスなのか、そもそも理解が足りていなかったところなのかは分かりませんが、残りの5点はくやしいです。

次回も頑張ります!!






スコア推移

自分の備忘録として過去のスコアを。



195回


TOEIC2015年1月11日


TOEIC2015年3月15日


TOEIC2015年5月24日


TOEIC2015年6月28日


2015年7月26日


203回


204回②


205回


206回1


1月31日スコア


208回


TOEIC209


210


211


2016-9-25


214


2016-11-20


ws000009





















やっぱり満点と985点では、天と地の差があるんですよね~。

最後の5点がTOEICの最も難しいポイントだと思います。

着々とスコアアップされています

900点を目指して頑張っておられるコーチングのクライアント様も着々とスコアを伸ばされています。




みなさんすばらしいです!(10月or11月のTOEICで900点を狙いたいですね。)

僕自身、指導経験を積むにつれて、1つのことがより深く理解できるようになりました。

それは、「結果が出るまでの時間は人それぞれ違うから、焦る必要はない」ということです。

僕がクライアント様に対してできることは、ざっくりと言ってしまうと、「迷わず進んでもらうこと」と「励ますこと」の2つだと思っています。

つまり、「進むスピード(=結果が出るまでの時間)」まではコントロールできないのです。

なぜなら、人によって、「使える時間」「体力」「自分を追い込める度合い」「もともとの英語感覚」など、色々な要素が異なっているからです。

簡単に言えば、「睡眠時間を削りに削って、何かに取りつかれたように、鬼気迫る勢いでTOEICに打ち込める人」は、そうでない人よりも、結果が出るスピードが何倍も速いわけです。

そうした前提がある以上、「同じ時間で同じ結果を出す」のは現実的ではありません。

ただ、スピードは人によって違いますが、結果が出るのは間違いありません。

たとえ歩みがスローであっても、結果が出ることを信じ切って進めるかが非常に重要になります。

「自分はできるんだ」とまずは自分が自分を信じてあげないと何も始まりません。

いちばん大切なのは、「自信をもつこと」だと僕は思うのです。


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。

その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに2600名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2018/3/13 2600ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です