英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

今後のブログ運営についての本音

   

Photo credit: / Foter / CC BY

ブログ運営についての本音

最近仕事で立て続けにクレームが発生し、その対応でいつも以上にエネルギーを消耗していたのですが、見方を変えると、クレームの時ほどお客さまの本音を聞き出せるときはないわけです。なぜなら、クレームを言っているときは、理性よりも感情が優位になっているからです。

基本的に僕たちは、理性によって本音を抑えて日々を生活している場合が多いですから、他者の本音を聞き出すのは容易ではないのです。でも、本音を教えてもらえない限り進展はありませんから、なかなか難しいところです。

その意味で、好きなところも嫌いなところも本音で言い合える関係が長続きし、ときには奇跡的な出来事を導くのも、うなずける話です。いかに本音で生きることができるか。それが僕たちに課せられているチャレンジだと僕は思います。

というわけで、今日の記事では僕の本音を少し書かせて頂きたいと思います。本音を書くので、少し気分を害する方もおられるかもしれません。でも、どんなときでも相性は大事です。せっかく貴重な時間を使ってブログを読むのだから、バッチリ相性が合うブログを読むべきです。

本音と言っても、ざっくりし過ぎているので、今日はこのブログの運営スタイルに絞ってお話しします。

このブログの2つの目的

僕のブログのタイトルは、「英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする」です。

僕は「良くする」という言葉に2つの意味を込めてこのタイトルを付けました。

1つ目が「英語学習を通して内的な自信を育むこと」
2つ目が「身につけた英語力を日々活用して、人生のクオリティを上げていくこと」です。

まずは、1つ目の「英語学習を通して内的な自信を育むこと」について説明します。

まず大前提として、「自信」は何によって育まれるかというと、それは「成功体験の積み重ね」によってです。まれに、とんでもなく根拠のない自信をもっている人がいますが、それはまだ現実を知らないか、もしくは、思い込める能力が尋常ではなく高いかのどちらかです。なので、基本的に普通の人で、「自分は自信をもっている」と断言できる人は少ないはずです。

そこで重要になるのが「成功体験の積み重ね」です。もちろんいきなり大きな成功体験をつかむのは難しいですから、いかに「小さな成功体験」を積み重ねていくかがポイントです。

そして、その「小さな成功体験」の条件として重要なのが、「客観的な数字で測れること」です。小さな成功体験として「電車で高齢者に席をゆずる」とか「朝早起きして、鏡の前で自分に良い言葉をかける」とかそういったことを設定してもいいのですが、それらへの評価は、あくまでも主観的なものなので、自分の進歩がわかりづらいわけです。やはり、自分の成長を把握するためには、客観的な数字で測るのがベストです。

客観的な数字となれば、TOEICはうってつけです。TOEICは、自分が努力した分がきっちりとスコアに反映しますし、ほぼ毎月受験できるので、計画が立てやすい。まさに、自信を育むための手段として最適です。当然、TOEICでスコアを伸ばしていくためには、継続的な英語学習が求められます。

「学習計画を立てる」→「実際に学習する」→「TOEICを受ける」→「返ってきた結果を分析して、再び学習計画を立てる」というサイクルを何度も回すことで、結果を出すことができます。この一連の流れこそが、「小さな成功体験」の積み重ねにほかなりません。

以上のように、TOEICを活用することで、自信を作ることができます。

余談ですが、「自信をつけること」=「自分なりの成功パターンを確立すること」だと僕は定義しています。

成功パターンを確立するとは、「物事をこのように進めれば、望む結果が得られるんだ」という感覚をつかむということです。この感覚を手に入れることができたとき、折れない自信が完成します。そこまで到達できれば、英語に限らず、将来自分が挑戦する他のどの分野においても望む結果を手に入れることができます。目標をどんどん達成していく人々はみんな、「自分なりの成功パターン」をもっています。

ちょっとここで本音を言いますが、目安として「TOEICで自分なりの成功パターンを確立するためには、900点が基準」かと思います。800点代でも確かに意味はありますが、自信をつけようと思ったら900点です。

そういえば、「成功パターンの確立」のことを、「目標達成のセンス」を言っていた人がいましたが、まさに言い得て妙です。

「英語学習を通して内的な自信を育むこと」=「自分なりの成功パターンを確立すること」=「目標達成のセンスを身につけること」

これらをあなたに実現して頂くことが、このブログの1つ目の目的です。

人生のクオリティを上げる

続いて、「良くする」の2つ目、「身につけた英語力を日々活用して、人生のクオリティを上げていくこと」についてお話しします。

「身につけた英語力を日々活用する」とは、「『自分は今、英語を使ってるんだー!!』という感覚をできるだけ少なくし、日本語ほどは難しいにしても、ストレスなく英語を活用し、文章を読んだりコミュニケーションできたりしている状態」というイメージです。

以前どこかで読んだ記事に、「飛行機の移動中に、何気なく「TIME」誌を読んだ。飛行機を降りたあとに、ふと、『あれっ、さっき読んでたのって、【英語版TIME】だったけ?【日本語版TIME】だったけ?』と悩んじゃうような状態が、英語を使えるという状態です」と書いてありましたが、まさに僕はこのレベルを理想としています。このレベルに到達できれば、確実に生きる幅が広がり、人生の質は向上していくはずです。

せっかく英語を勉強するのだから、それを活かさなければ意味がありません。この意味でも、やはりTOEICは900点は超えておきたいところです。僕もようやく最近、洋書や海外ニュースサイトから情報をインプットできるようになりましたし、外国人とのコミュニケーションの質も向上したように思います。正直、880点だった頃の英語力は使い物になりませんでした。本当に英語力を活用していくためには、900点は超えておきたいところです。

英語学習コーチの松本秀幸さんも、著書「TOEICテスト満点コーチングの中」で、次のように述べておられます。

英語のプロとしてではなく、普通に仕事で英語を使う方でも、900点くらいを余裕で取れるくらいの英語の基礎力がないと、細かいやりとりで失敗する可能性が高くなります。ビジネスで英語を使う場合は、900点を取れるくらいを長期的な一応の目標に置きたいものです。「900点が基礎レベル」というと引かれるので、あまりいわないのですが、900点を余裕で取れない場合は基礎力が十分ではありません。

少し前まで僕は「800点取れたら十分」だと思っていましたが、やはり、英語を活用していくためには900点。僕も経験しましたが、900点を超えたときに、新しい視界が開けます。

「身につけた英語力を日々活用して、人生のクオリティを上げていくこと」

これをあなたに実現して頂くことが、僕のブログの2つ目の目的です。

僕のブログがお役に立てる方々

以上の2点。

「英語学習を通して内的な自信を育むこと」
「身につけた英語力を日々活用して、人生のクオリティを上げていくこと」


この2つを読者の方々に手に入れて頂くために、僕はブログを運営しています。

したがって、もしあなたが、

・「TOEICで900点以上を視野に入れている方」
・「900点までTOEICに取り組むのはしんどいから、TOEICはサクッと卒業したいけど、英語力は高め続けていきたい方」
・「900点なんて、まだまだ遥か先にあるような気がするけど、これからじっくりと自分を高めていき、90点を取れるくらいになりたいなぁと思っている方」

・「英語を日々〝普通に”使えるようになりたい方」
・「英語力を生かして人生の質を上げていきたい方」
・「英語学習をきっかけにして、目標達成のセンス(=自分なりの成功パターン)を身につけていきたい方」

などに当てはまらない場合は、僕のブログはお役に立てないと思います。あなたにフィットしたブログが他にあるはずですから、ぜひ探してみてください。

今までは「読んで頂きたい読者さん像」を意識せずに書いてきましたが、今後はしっかりと意識していきたいと思います。

これがブログ運営に関する僕の本音です。もし「これからも読んでみようかな」と思って頂けたのであれば、あらためまして、よろしくお願い致します。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2100名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/9/11  2100ダウンロード突破】 

  関連記事

TOEICRPGセミナーを開催しました~僕がオンラインを重視する理由~

TOEICRPGセミナーを開催しました ご存知の方もおられるかもしれませんが、僕はTOEICをRPG(ロールプレイングゲーム)のように捉えて取り組んできました。 参考記事:英語、仕事、人生、すべてはロールプレイングゲーム …

【自己投資意識の重要性】大阪でスポットコンサルをさせていただきました

条件つきの「単発コンサルティング」 僕が提供しているサービスは、基本的には僕と二人三脚でTOEIC卒業を目指して頂く「3ヶ月のコーチングパッケージ」です。 ただ、ご要望を頂き、かつ条件を満たしている方に限り「単発のコンサ …

誤解を解きつつ、10000問ノックをふりかえる

僕は簡単にTOEICを攻略できたわけではない 最近はありがたいことに、僕のレポートをダウンロードしてくださった読者のみなさまからメールを頂く機会が飛躍的に増えました。 その内容はレポートの感想だったり、学習相談だったり、 …

京都でTOEICセミナーを開催しました(オフラインは初開催)!

京都では初開催 昨日は、京都駅前のセミナールームでTOEICセミナーを開催しました。 これまでは基本的にオンライン(=ウェブ上)でしかTOEICセミナーを開催したことがなかったですし、初めて使うセミナールームだったので、 …

京都に引っ越しました&これからの活動について

京都に引っ越しました サラリーマンを1月末で退職し、この2月から本格的に個人事業主を始めることになりました。 働くスタイルの変化を踏まえ、今後の事業運営の効率・効果を考えると、やはり地方よりは中央(寄り)のほうが良いと思 …

保護中: TOEIC卒業後メルマガ参加ページ

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

京都での懇親会と「meant to serve」の気づき

京都で懇親会を開催しました 今年の4月から6月にかけて、僕は「ふーじーCollege」という自己顕示欲丸出しの企画を開催していました。 3ヶ月間に渡って僕が今まで培ってきた全ての英語(TOEIC)ノウハウを、セミナーやコ …

京都にて“オフライン”で【TOEICRPGセミナー】を開催します。

オフラインでもTOEICRPGセミナーを開催します 今まで僕が開催したTOEIC関係のセミナーは、常にオンラインでした。 つまり、僕はイスに座り、パソコンについているカメラを見ながら、受講者の方々の反応を直接見ることなく …

ラジオで「TOEICで900点を取る方法」のエッセンスを語ってきました

ラジオで語ってきました 先日、メディア活用のプロである大内優さんのラジオ「It’s Your Time」にお誘いいただき、TOEICについて語ってきました。 リアルタイムでお聞きくださったみなさま、ありがとう …

【手の内公開】僕が英語(TOEIC)学習相談に乗るときに使っているテクニック

僕の手の内(=学習相談に乗るときのテクニック)を公開します先日、高校で英語を教えている先生(女性)と話す機会がありました。彼女は英語教師経験は長いですし、英検1級も持っていますし、英文法について独自の理論を構築されている …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes