バケツリスト(死ぬまでにやりたいことリスト)の作り方

バケツリストって何?

あなたは「Bucket List(バケツリスト)」という言葉を聞いたことがありますか?

意味は「A list of activities and achievements that a person hopes to accomplish in his or her life time.」です。要するに「人生で死ぬまでに成し遂げたいこと」という意味ですね。よくブログ記事などで「死ぬまでにやりたい10のこと」みたいな投稿がありますが、それのことです。

それで、最近僕が読んでいるブログに「Zen Habits」というブログ(TIME誌によって世界のTOP25ブログに選出)があるのですが、その中に「The Anti-Bucket List」という記事がありました。「Anti(アンチ)」という言葉からも分かるように著者はバケツリストに反対しているわけです。

反対の理由

著者曰く、バケツリストを作成し、それを追求することによって以下のような弊害が起こるリスクがあるとのことです。

・ただでさえ毎日忙しいのに、バケツリストはさらに忙しさに輪をかけることになる。

・もしバケツリストの達成に向けて順調に進めなかったら、罪悪感や不達成感を感じることになってしまう。

・バケツリストの存在によって、人生における本当に大切な本質を見失ってしまう。

などなど。確かにという感じですね。僕もこの考え方には概ね賛成です。

しかしながら、やっぱりバケツリストは作るべきただし、やはり僕はバケツリストは作るべきだと思うのです。なぜなら、バケツリストの存在によって人生に方向感覚が生まれるからです。

これは単に僕の性格の問題かもしれませんが、僕はあてもなく旅に出たりとか、なんとなくフラフラさまようみたいなことができません。明確な目標・目的地をもって、それに向かって進んでいくのが好きです。好きですというか、それしかできません。なので、バケツリストを作成し、人生をマクロで見て、日々を過ごしていくことが大事だと僕は思います。

求められるのは“本物の”バケツリスト

先ほど、「Zen Habits」の著者がバケツリストに反対する理由をいくつか述べました。その中の1つに、「バケツリストの存在によって、人生における本当に大切な本質を見失ってしまう。」というものがあったと思います。

これは要するに、バケツリストを作ることによって、「スカイダイビングをしたい」とか「サーフィンを習いたい」とか「アマゾンの熱帯雨林に行ってみたい」とか「雨の中でキスがしたい」とかそういったものが数多くリストに追加されてしまうことで、本当に大事なものが陰に隠れてしまうということです。

軽い気持ちでバケツリストを作成してみたところで、出てくるのは単なる借り物の欲望です。バケツリストは気軽に作るものではありません。真剣に作るものです。真剣に、本物のバケツリストを作るべきなのです。

本物のバケツリストの作り方

ここからは完全に僕の経験上のお話になりますが、本物のバケツリストを作るためにはコツが要ります。僕自身、前職で「大学生の就職活動」に関わっていた関係で、「自分を知る」とか「自分を分析する」とかそういった部分に関しては持論を持っています。

その持論を僕自身の人生にも当てはめて日々を生きているわけですが、割とうまく機能していると感じますので、それをシェアさせて頂きたいと思います。

本物のバケツリストは以下の3ステップで作成します。


ステップ1:まずは、思うままに「死ぬまでにやりたいこと(バケツリスト)」を100個書き出す。

ステップ2:もう限界。出てこない。と脳が悲鳴を上げるまで出し続ける。

ステップ3:数多く出した中から、「自分って、意外とこういうものを求めてたんだ」と素直に思えるものをピックアップする。

ステップ3で見つかったものが、大抵の場合、あなたが本当に求めていることです。この作業、かなりきついです(笑)そもそもステップ1で100個出すのさえ、相当に考えないと出てきません。でも、最初の100個なんて大抵が「取るに足らない欲望」ですから、それを乗り越えることが大切なのです。

この3ステップを行うことによって、言うなれば価値観が変わります。自分の本当の目標が見つかります。あなただけの本物のバケツリストが完成します。

是非あなたにもやってみて頂きたいと思います。

僕のバケツリスト

最後に、参考までに僕のバケツリスト10個を載せておきます。数百の欲望を乗り越えて出ていた10個です。この10個の目標を完全に僕の人生をコントロールしてくれています。ブレそうになったときに確実に軌道修正をしてくれる頼もしい目標群です。

1:Make your Life Gold という人生のコンセプトを貫く
2:起業をする
3:温かい家族をもつ
4:パブリックスピーカーとして他者に貢献し続ける
5:親孝行をする
6:教育という分野に携わる
7:留学する
8:世界を自分の目で見て回る
9:出版をする
10:一生学び続ける

以上の10個です。これ以外に特にやりたいことはありません。もちろん10個それぞれの背景には、僕なりに考え抜いた理由があるわけですが、恥ずかしいので割愛します。参考までに。

是非あなたもバケツリスト構築にチャレンジしてみてください。

間違いなく人生に彩りが加わりますから。


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。

その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに2400名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2017/12/12 2400ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です