僕は、マンガで左右されて生きてきました

僕の人生は、マンガで左右されてきました

あなたはマンガが好きですか?

僕は好きです。

学生のときは「ナニワ金融道」や「島耕作シリーズ」に簡単に影響を受けて「金融系の大企業」を就活の第一志望にしました。

結果としてメガバンクに内定を取ることができ、金融業界でバリバリ仕事をしようと思っていた矢先に、今度は「エンゼルバンク」に影響を受けて、やっぱり就職するより起業したほうが自分の価値を高められるかも・・・と悩み、結局自分でビジネスをすることを選びました。

しかし、結局そのチャレンジは上手くいかず、絶望感に打ちひしがれていたときに「カイジシリーズ」を読んで「あきらめない限り、負けることはない」ということを学び、モチベーションを復活させて医療関係の企業に就職しました。

そして、今度は「マネーの拳」に影響を受けて、やっぱり自分でビジネスをしたいという気持ちが大きくなり、結局TOEICをテーマにしてまた独立したわけです。

人間は感情で決定し、理屈で正当化する

このように、ある意味、僕はここまでノリで来てしまった感じがあります。

もちろんマンガに影響を受けているとは言っても、自分の根底には1つの行動指針があるので、決してテキトーに動いているわけではありませんが、やっぱりマンガに誘導されてここまで来たのは間違いありません。

人間は「感情で決定し、理屈で正当化する」という性質を持っています。

僕も例にもれず、まずはマンガに影響を受けて「こういう生き方いいな!」と思います(=たんなる感情であり、根拠はない)。

ただ、そのあと自分なりにしっかりとリサーチ&勉強をします(=その選択の根拠を固める)。

そうしたプロセスを経て「まぁ、OKだろう」くらいの根拠が手に入ったら行動に移します。

基本的に僕はこのような行動原理で動いています。

何かに迷ったら僕はとりあえずネットカフェに行ってピンときたマンガを読みまくります。

そこから何か「感情的なきっかけ」を得られると思っているからです。

「感情的なきっかけ」さえあれば、そこから何かが始まります。

「感情的なきっかけ」=「ワクワク」

ちなみに、「感情的なきっかけ」とは「ワクワク」のことです。

ワクワクすることは自分がやりたいことです。

でも、それをやろうとすると必ずブレーキがかかります。

なぜなら、ワクワクすることは大抵の場合「一般的な価値観」とはズレている可能性が高いからです。

そのため、それを実際に行動に移そうとすると、自然とリスクを感じてしまいます。

リスクには「機能的リスク」や「金銭的リスク」や「身体的リスク」など色々な種類がありますが、ここでのリスクは「社会的なリスク」です。簡単に言うと「こんなこと言い出したら、他の人に変に思われるだろうな・・・」という感情が社会的なリスクです。これを乗り越える必要があります。

TOEICも同じ原理

TOEICに置き換えてみましょう。

例えば、今までの自分の価値観や考え方に沿って勉強してきた結果、思ったスコアが取れなかったとしましょう。

そのときは「今までの自分の価値観や考え方を変える」ということが求められます。

試しに「こんな学習法で効果が出るのかな・・・」と思うような方法を実践してみてください。

それまでの学習法よりもよほど効果が出るはずです。

つまり、大部分の人がやっている学習法とは逆の方法を採用することで結果が出るということです。(この感覚は分かる人には分かると思います。)

簡単に言えば優先順位の違いです。

結果を出す人とそうでない人の違いは、単に優先順位の違いです。

「優先順位を変える」=「今まで価値観や考え方を変える」ということです。

これをやろうとすると「社会的なリスク」に襲われます。

つまり、普通の人とは違った学習法をやろうとすると、感情的な抵抗感に襲われるのです。でも、その抵抗は無視してください。周りからはおかしいと思われることをやれば結果は出ます。

きっかけは何でもいい

この記事はマンガの話から始まりましたが、僕が言いたいのは「マンガを読んでください」ということではありません。

そうではなくて、「自分の気持ちに正直になってください」ということです。

ワクワクすることがあれば、それをやってみたほうがいいと思います。

ワクワクこそがモチベーションの源泉です。ある方は「ファッション」がワクワクの源泉でした。別の方は「物事を効率化すること」がワクワクの源泉でした。そして、僕の場合は「自己成長」がワクワクの源泉だったりするわけですが、それを「マンガ」を通して発見することが多いというだけです。

別にきっかけは何だっていいわけです。

他人にどう思われるか(=社会的リスク)を気にせずに、自分を信じて自分のワクワクに従うこと。

これが本当に大事だと思います。

こうした思考法が、TOEIC攻略の鍵でもあるんだよぁ~と、僕は密かに思っています。


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計6回)

その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに3500名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2018/9/12 3500ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です