自分が最もお役に立てる人は誰?ドラッカーから考える。

本屋で目に飛び込んできたドラッカー

先日、本屋さんの中を徘徊していたら、ドラッカーが目についたので、1冊買って読んでみました。

ドラッカーは経営学者です。

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 、1909年11月19日 – 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人[1]経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。

2010年に「もしドラ」がメガヒットしたので、名前は知っているという方も多いのではないでしょうか?

ドラッカーと言えば「5つの質問」が有名です。

経営者が事業の方向性を明確に定めるための5つの質問です。

 第1の質問:われわれの使命は何か

 第2の質問:われわれの顧客は誰か

 第3の質問:顧客の価値は何か

 第4の質問:われわれの成果は何か

 第5の質問:われわれの計画は何か

「われわれ」が多くて、なんか目がチカチカしてきました(笑)

自分が最も役に立てるのはどんな人?

第1の質問については、自分なりの答えがあったので、今回は、「第2の質問:われわれの顧客は誰か」についてじっくり考えてみました。

ちなみに、この質問は次のように言い換え可能です。

自分が最も役に立てるのはどんな人か?

(事業をしているしていない関係なく、ぜひあなたも、ご自身の立場に置き換えて、この質問について考えてみてください。)

僕がいちばん役に立てるのは、どんな方々に対してなのか?

今でちょうど独立して1年です。この1年間の出来事をふり返りつつ、考えてみました。

・・・で、結局丸2日くらい考え続けました(笑)

その結論は、やっぱり、「TOEICで、高いレベルを目指したい人」でした。

というのも、現時点における僕自身の「第1の質問:われわれの使命は何か」に対する答えが、「自信を手に入れてもらうこと」だからです。

「スコアの上昇」は「自信の獲得」を意味しない

僕はTOEICを教える仕事をしています。

この仕事をしている理由は、「TOEICを通して自信を手に入れてもらいたい」からです。

これを常に意識して1年間やってきました。

そうしたら分かったことがあります。

それは、「スコアの上昇」は、必ずしも「自信の獲得」を意味しないということです。

TOEICを通して自信を手に入れて頂くためには、「ある条件」が必要だということが分かったのです。

その条件とは、「自分では無理だと思っていたスコアを取ること」です。

900点なんて夢のまた夢だと思っていた人が、実際に900点を取れたら自信が手に入ります。800点なんて絶対無理!思っていた人が、800点を超えると自信が手に入ります。

ただ、ここが限界です。

僕の感覚ですが、「700点なんて自分には無理」と思っている人は少ないと思います。

おそらく「700点を目指す人」は、「ひとまず700点くらいを取っておきたい」くらいの意識だと思うのです。

この意識では、たとえ700点取れても自信はつきません。

あくまでも、「自分には無理」だと思っているスコアを取ることで、自信が手に入るのです。

【TOEICのAクラス】を目指しましょう

このように考えて、「第2の質問:われわれの顧客は誰か」の答えが、「TOEICで、高いレベルを目指したい人」となりました。

もう少し正確に言えば、「TOEICで、(自分では無理だと思っている)高いレベルを目指したい人」ですね。

TOEICにおける高いレベルは、やはり800点以上、もっと言えば、【TOEICのAクラス】と言われる【860点以上】だと僕は考えています。

【Aクラス】に到達できたら、TOEIC受験者のトップ5%に余裕で入ります。

そこまで登れたら間違いなく自信が手に入ります。自信があれば、人生良くなります。

それを望む人こそが、僕がお役に立てる人です。

独立2年目は、よりいっそう、「TOEICでAクラスに入りたい人(=高いレベルを目指したい人)」に自分のエネルギーを

注ぎ込んでいきたいと思います。

ぜひ【Aクラス】、目指していきましょう

このタイミングで偶然ドラッカーが読めて良かったです。


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。

その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに3000名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2018/5/22 3000ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です