目標達成したい?「フュージョンタイプ」になろう!

目標達成の2つのタイプ(ロジックタイプとフィーリングタイプ)

どんな人も「現実」と「理想」のギャップをもっています。

もっているからこそ、「自分を変えたい」とか「もっと成長したい」とか「もっと楽しく生きたい」とかそういった思いが自然に生まれてきます。

そして、そうした思いに向かって歩み、それらを現実のものとしていく力こそが、「目標達成力」です。

目標達成には2つのタイプがあります。1つがロジックタイプ。もう1つがフィーリングタイプです。

まずは、自分がどちらのタイプなのかを見極める必要があります・・・と言っても、そんなに難しくありません。これから両方についての説明をしますので、あなたのこれまでの人生を振り返ってみて、どちらのタイプなのかを考えてみてください。

あなたはロジック?フィーリング?

ロジックタイプは、「将来の目標を明確化し、それに至るまでの道筋を考え、長期目標(数十年)・中期目標(数年)・短期目標(週~月)を設定し、日々のToDoリストに落とし込み、愚直に実行する」というタイプの目標達成です。僕は明らかにこのタイプです。

一方、フィーリングタイプは、「特に目標はないけれど、目の前にある楽しいこと・おもしろいことに全力で取り組み完全燃焼しているうちに、勝手にステージが上がり、自然にすごいレベルまで到達しちゃった!」みたいなタイプを指します。

例えば、僕がよく見ている「LIGブログ」を運営する(株)LIGの社長、吉原ゴウさんなんかはこっちのタイプです。彼のプロフィールは、「中学校を卒業後、農家、カヤックインストラクター、雀荘、アダルトショップ店員を経て、ウェブデザイナーに。 その後独立し、2007年に株式会社アストロデオを設立。2012年に株式会社LIGと合併し現職。」こういう感じで流れに乗って人生を歩んでいく感じですね。これがフィーリングタイプです。

このように、目標達成には基本的に2つのタイプがありますので、自分にフィットした方をベースに据えることが大切です。ただし、物事には両面がありますから、双方ともメリット・デメリットをはらんでいます。

融通が利かなかったり、フラフラしたり

「ロジックタイプ」のメリットは、とにかく方向性が明確になることで軸が定まり、地に足をつけて着々と成長していける点です。

しかしデメリットは、予定外を許すことができず、融通が利かない点です。

人生は、「自分が予想もしなかった出来事」によって面白味が増すのだと、僕は最近思うようになりましたから、そうした予想外の部分を排除してしまうのはもったいないのです。

一方、「フィーリングタイプ」のメリットは、とにかく日々を充実して生きられることです。だって、本能に従って、子供のように無邪気に生きているわけですから。

しかしデメリットもあります。フィーリングタイプの人は、一歩間違えると「ただフラフラしている人」になってしまいます。実際、フィーリングタイプでどんどん進化していく人は多くありません。

このように、どちらのタイプにも両面があるわけです。

ただ、この記事では、「ロジックタイプ」と「フィーリングタイプ」の良いところだけを総取りした第3の道、「フュージョンタイプ」を紹介します。

目標達成の第3の道「フュージョンタイプ」

僕はこの「フュージョンタイプ」に切り替えて以来、人生のクオリティが間違いなく向上しました。

一見ムダなことに取り組む時間が増えた気もしますが、なぜか目標達成のスピードは逆にアップしている実感があります。そんなウルトラC的な効果を発揮するフュージョンタイプについて説明させて頂きます。

「フュージョンタイプ」とは、「将来の自分の姿をイメージし、そこに向かうための“おおまかな”計画を立てつつも、日々目の前に訪れる“楽しそうな”機会はよろこんで受け入れて、楽しみながら生きていく」という方法です。

「将来の自分の姿が全くイメージできない・・・」という場合は、必死に考えてイメージしてください。

どんな人にも必ず「役割」というものがあります。

要するに、「どんな価値を世の中に提供するのか」ということです。

こういうことを考える機会は多くありません。だからこそ、必死に考えて、とりあえず現時点における「自分の役割」を見出すことができたなら、将来なりたい自分の姿が、おぼろげながらイメージできてきます。

リッツカールトンの「クレド」という制度は有名ですが、あれもリッツカールトンの使命感(役割)を文章化したものです。生きる理由が明確になっている人は強いです。

「自分は社会に対してどんな価値を提供したいのか?」

この質問に対しての答えを明確に持つことは、非常に重要だと僕は思います。

自分の将来の姿がイメージできたなら、あとはざっくりと計画を立てて、人生を楽しむだけ。目の前に起こる出来事の意味を考えつつ、それを味わってください。

「プッチーン」にも意味がある

僕は過去に勤めていた会社で、サイコパス的に頭がおかしい相手と仕事をしたことがあります。

その時は、とにかく何度も何度も、人間としての僕の存在を否定されるような暴言を吐かれました(笑)

「プッチーン」となって手が出そうなくらいでしたが、何とか踏みとどまりました。

後になって、その出来事の意味を考えて、自分にプラスとなる解釈を行いました。その過程で、今後の自分に活かせる教訓を学びました。それが味わうということだと思っています。

さらに、別の機会に、仕事で岡山に行っていたときに、「バンジージャンプがしたい」という気持ちが突然現れ、翌日には、仕事仲間のおじさんと一緒に、鷲羽山ハイランドのバンジージャンプを飛んでいました(笑)

「ちゃんと目標は明確にしていて、それに向けて頑張っているけれど、基本的にノリは良い感じで生きる」

こうしたスタンスがフュージョンタイプの目標達成です。

この生き方をすると、人生の楽しみが増します。

楽しみが増すということは、自分の心がよろこぶということです。

自分の心がワクワクしている人は、どんな目標でも達成できます。僕はそう思っています。

いつもシェアして頂き感謝です!☺️


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計6回)

その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに3600名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2018/10/31 3600ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です