各種サービスに関するガイドライン(受講条件など)

ある日届いた1通のメール

ガイドラインを作成した背景から書いていますので、もし具体的な内容だけが知りたい場合は、記事下部の見出し【サービスの詳細について】のところまでスクロールして、そこだけお読みいただけますと幸いです。

ある日、僕にとっては予想外の、もっと言えば衝撃的なメールが届きました。次の通りです。

お世話になっております。

3ヶ月間のマンツーマン指導に興味があるのですが、受講の条件などはありますでしょうか?


点数等で受講資格に満たないのでしたら、受講資格を満たしてから受講させていただきたく思っております。

本当に初期の頃から僕のメルマガやブログを読んでくださっている方は、ぜひ遡ってチェックして頂けたらと思うのですが、僕はこれまで一度も僕のサービスの「受講資格」について言及したことはありません。

しかし、上記のメールだけにとどまらず、実はこういうニュアンスのことはよく言われるです。「敷居が高いという印象を持っていました」とか「まずは自分のレベルを上げてからコーチングのお試し体験を受けようと思っていました」など、よく言われます。

雰囲気がそうなってしまっている

「受講資格」を設定したことは一度もないけれど、そうなってしまっている。

その理由をじっくり考えてみたところ、1つの結論に至りました。

『雰囲気』

これだと思うのです。

確かに僕は「TOEICでAクラス(860点以上)に入り、TOEICを卒業しましょう」というメッセージは常々発信しています。

しかし、それは決して「Aクラス(860点以上)を目指さない人は来ないでください」という意味ではありません。ですが、自然とそのような雰囲気が出てしまっているのだと思います。

僕のサービスの1つである【セミナー】が良い例です。

このセミナーですが、申し込んで頂くときに「現在のスコア」と「目標スコア」の入力をお願いしています。前回は4日程の募集(各日程10名なので、合計40名)だったのですが、参加者のみなさまの「現在のスコア」と「目標スコア」の内訳は、以下の通りでした。

「現在のスコア」

700点以上:33名/40名

600点以上:5名/40名

600点以下:2名/40名

「目標スコア」

860点以上:30名/40名

800点以上:8名/40名

800点以下:2名/40名

すでにスコアが高い方々。そして、目指すところが非常に高い方々が、全体の大部分を占めている傾向が分かりました。セミナーはいつもこのような感じです。

この傾向は「異常」らしい

TOEIC業界で活躍されている他の先生がたにも聞いてみましたが、この傾向は「異常」らしいです。

「今の実力、そして目指す場所がとても高い人たちがふーじーさんのところには集まってますね。」

と、ある人に言っていただきました。

僕もあまり意識していませんでしたが、知らず知らずのうちに、そういう「雰囲気」が形成されているようです。

確かに、マンツーマンのコーチングを受講してくださった方の中には、「他のTOEIC系スクールを修了したあとに、さらなる高みを目指して僕のところに来てくださった」という方が複数おられました。

また、「自分は今800点台後半を持っていて、900点を超えるために、あるTOEICスクールに申し込もうとしたら、ウェイティングリストに強制的に入れられて、最終的に、やっぱり指導できないということで断られた」という謎の経験をした人もおられました。

こういうエピソードの数々も「雰囲気」の形成に一役買っているのではないかと思います。

最も大事なのは「現在のスコア」ではなく「ポテンシャル」

僕としてはそういう「上昇志向的な雰囲気」が形成されていることに喜びこそ感じますが、決して「良い状況」であるとは言えません。

なぜなら、僕が心から求める意図とはズレてしまっているからです。

確かにAクラス(860点以上)は目指してほしいです。ですが、今すぐにそう思えないからと言って、この「雰囲気」にふさわしくないとは思って頂きたくありません。

なぜなら、最も大事なのは「ポテンシャル」だからです。

たまに「今400点台ですけど、Aクラスを本気で目指しています」という方がセミナーやコーチングを受けてくださるときがありますが、そういう方は「特殊」なのです。普通はそう思えません。

過去に400点台から3ヶ月で800点台に到達したケースがありましたが、その方は、「睡眠時間を削って勉強」「ジムで運動しながら勉強」「仕事しながら勉強」「プライベートを犠牲にして勉強」という感じでとにかく自分を追い込める強者でした。普通は無理です。

その意味で、「今400点台ですけど、Aクラスをガチで目指しています」と言い切れる人は、かなり珍しいのです。なので、そう思えなくても安心してください。

ステップバイステップでスコアを上げるべき

「人は、高みを見るからこそ、さらなる高みを目指したくなる」と僕は思っています。

思っていますというか確信しています。間違いありません。

だからこそ、ステップバイステップでスコアを上げていきましょう。

今、自分のスコアに自信がないのなら、ひとまず今から50点くらいのアップを目指してみましょう。それが達成できたら、あともう50点頑張ってみましょう。そのくりかえしで、まずは「700点」を目指してみましょう。

「700点」が達成できたら、きっと自然に「Aクラス(=860点以上)を目指そう」と思えているはずです。

・・・というようなイメージで僕は情報発信をしてきたつもりだったのですが、それが上手くいってなかったようです。その理由は以下の通りだと思います。

サービスが明確に区分けされていなかった

これが理由だと僕は思っています。

【サービスの詳細について】

この課題を解決すべく、明確にサービスを区分けしたいと思います。

具体的には以下の通りです。

◆現在700点以上の方:【TOEIC卒業3ヶ月マンツーマンコーチング】

◆現在700点未満の方:【Real700】(=3ヶ月コーチングのセルフスタディ版)

直接コーチングさせていただくのは、現在のスコアが『700点以上』の方限定とし、『700点未満』の方には、まずはステップバイステップでコツコツとスコアを上げて頂くための【Real700】というコースを準備しました。

700点以上の方:【TOEIC卒業3ヶ月マンツーマンコーチング】

こちらは、これまで提供し続けてきている【3ヶ月間のコーチング】です。

【TOEIC卒業3ヶ月マンツーマンコーチング】お試し体験ご案内ページ

現在は、『248,000円』という金額で提供していますが、最近はお申し込みを多数いただき、僕のほうからお断りさせて頂かなければならない状況が発生している関係で、【2019年1月開始コース】より【248,000円→298,000円】に値上げをさせていただく予定です。

700点未満の方:【Real700】(=3ヶ月コーチングのセルフスタディ版)

現在のスコアが700点未満の方は、直接の3ヶ月コーチングにお申し込み頂く前に、まずはご自身で700点を目指して学習を進めていただきたいと思います。

そのために【Real700】というコースを準備しました。

このコースは、僕が3ヶ月コーチングで提供している内容をセミナー動画やフォローメールにて学んでいただきつつ、疑問が出てきたら僕に直接質問しながら学習を進めていくという内容です。

こちらのコースは、レポートの読者さまに配信しているメルマガの中で随時募集していますので、もし興味があれば、レポートをダウロードしてみてください。

レポート無料配布中!【TOEICを卒業するための5つのステップ】※PDFダウンロード形式



このようなイメージで、今後は『700点以上』と『700点未満』で明確に区分けして、サービスを提供していきたいと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。

いつもシェアして頂き感謝です!☺️


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月・10月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計7回)

その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに3800名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2018/12/12 3800ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です