英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

「好きなこと」×「英語」の組み合わせのマジック+α

   

Photo credit: Foter.com

自分の好きなことをすればいい

苦しいこと、つまらないこと、ワクワクしないこと。これらは遅かれ早かれ挫折を迎えます。

TOEICや英会話などの英語学習を筆頭に、ダイエットや早起きなど、多くの人々が挑戦しては失敗をくりかえすテーマが世の中にはいくつもあると思います。

たまに、ものすごく精神力が強い人がいて、苦しいこと、つまらないこと、ワクワクしないことだったとしても継続できる人がいますが、そういう人はスーパーマンなので、真似をするのはやめておくべきです。

それでは、どうすればいいのでしょうか?

答えは簡単です。

苦しくないこと、楽しいこと、ワクワクすること、つまり「自分の好きなこと」をすればいいのです。

自分には「好きなこと」なんてありません

どんなことでも上達するためには時間をかける必要があります。つまり、長続きさせる必要があるということです。

好きこそ物の上手なれという言葉の通り、人は本質的に、自分が好きなことしか頑張れないのだと僕は思います。

こんなことを言うと、「自分は好きなことが無いから、何も頑張れない」という反論が出てきそうですが、それは好きなことが無いのではなくて、「好きなことに気づいていない」か「好きなことを忘れているか」のどちらかです。

必ずどんな人にも、自分が好きなこと、楽しいと思えること、ワクワクすることがあります。

社会で生きる以上、自分が「楽しい」・「好き」と思えないテーマで結果を出さなければならない局面は必ず訪れます。

そのときは工夫が必要です。

その工夫こそ、「そのテーマと自分の好きなことをくっつける」ということなのです。

「好きなこと」と「英語」を組み合わせる

例えば、何らかの事情があって、英語を上達させる必要性が生まれたとします。

けれども、いまいちモチベーションが上がらない。

そういうときこそ、自分の好きなことを関連させて英語に触れてください。

最初は違和感があるかもしれませんが、コツが掴めてきたら、英語の上達スピードが大きく向上します。

例えば、僕は昔から「自分を鍛えて成長させる」が好きなのですが、そのためには、様々な分野を勉強していくことが必要だと考えています。

その中の1つに「自分でビジネスを作る力を身につける」ということがあります。(昔、勢いだけで起業して大失敗しました・・・(苦笑))

そこで僕は、「ビジネス(=自分の好きな事)」×「英語」=「海外の書籍・教材でビジネスを学ぶ」という感じでくっつけたわけです。

(厳密には、僕は英語が嫌いなわけではないので、例としては適切ではないかもしれませんが、あくまでもい「組み合わせる」というイメージをつかんで頂くための例であることをご理解ください。)

英語で直接学ぶからこそ、おもしろい

アメリカのビジネスは日本より10年進んでいると言われています。(まぁ、あれだけ様々な人種で構成される国ですから、ビジネスも相当洗練されるということですね。)

だからこそ、海外の教材を直接学ぶと非常に効果的にビジネスを学ぶことができます。

ちなみに、アメリカで大ヒットしたビジネス書は日本語に翻訳されることが多いです。

しかし、たいていの場合、原書の「イキイキした感じ」が翻訳によって失われています。

例えば、最近読んでいる本に、以下のような一節があります。アップルのスティーブ・ジョブズがオンラインのミュージックストア「iTunes」を発表したときの話です。(※決して難しくない英語ですので、できれば英語を読んでから、その後に紹介する日本語訳を読んでみてください。)

It was only after the team was playing with the iPod prototypes that they came up with the idea of the Apple iTunes online music store.

Less than 18 months after the rollout of the iPod, the online store opened in Aplil 2003.

They hoped to sell a million songs in the first six months, and ended up selling that many in the first six days. 

チーム(開発者たち)がオンライン英語配信サービス、「iTunesミュージックストア」を思いついたのは、彼らが「iPod」の試作品をためしていた時期のすぐ後のことだった。

「iPod」の発売から1年半近くを経た2003年4月、オンラインストアがオープンした。

チームは、最初の6ヶ月で100万曲売れたらいいと考えていたのに、ふたを開けてみたら、最初の6日間で100万曲を売り上げた。

この感じ。何となく受ける印象が違うのです。

言葉の特徴なので仕方ないですが、日本語には抑揚というか、リズム感が少ないです。

書籍から何かを学ぶときは、著者が読者に伝えたい機微をいかに感じ取れるかが非常に大切なので、やはり何でもオリジナルから学ぶほうがいいと思います。

このような感じで僕は自分の好きなことと英語を組み合わせました。

自分の欲求に訴えかける

上記の例のように、「もっと英語力を高めて、英語で直接色々なことを学びたい」という僕の欲求が、英語学習のモチベ―ションの助けになったことは間違いありません。

「好きなことを突き詰めたい」という欲求は、たいてい誰でも持っているはずです。

その欲求をいかにして、目の前の課題にくっつけるか。そして、その課題そのものを楽しむことができるかが非常に重要です。

歌が好きなら洋楽を聞いたり歌ったりしてみてください。

映画が好きなら洋画を何度も見てください。

宇宙が好きなら、そういう科学雑誌を頑張って英語で読んでみてください。

ファッションが好きなら、海外からファッション誌を取り寄せて眺めてみてください。

筋トレが好きなら、海外のトレーニングサイトを見て勉強してみてください。

工夫次第で、いくらでも楽しめるはずです。

自分の課題と好きなものをくっつける

このマインドセット(心がけ)をぜひ意識して頂けたらうれしいです。

ここからは上級者向けです・・・

ここまで解説してきた「好きなこと」×「英語」の組み合わせがさらにレベルアップすると、「自分の専門性と英語力を上手に組み合わせて、自分だけのポジションを確立する」ということができるようになります。

つまり、自分の「好きなこと」や「興味があること」を、「自分の専門分野」と主張できるくらいまで突き詰め、それに「英語力」を付加して、独特な存在感を発揮していきましょうということです。

僕がこれまでご縁をもたせて頂いた方々の中には、「会社の人事の知識(=自分の興味分野)×英語力」という組み合わせで、どんどん仕事を進めている人もいれば、「アウトドア(=自分の好きなこと)×英語力」という組み合わせで、趣味を通じて知り合ったアメリカ人と組んで英会話教室を開講された方もおられます。

他にも「会計(=自分の興味分野)×英語力」という組み合わせでバリバリやっている人もいますし、僕自身も「ビジネス(=自分の好きなこと)×英語」という組み合わせで自分で企画をしてサービスを提供したりしています。

さらに、聞いた話によると「専業主婦業(=自分の興味分野)×英語」を組み合わせて、日中の空き時間を有効活用して英語コーチングサービスを始められた方もおられるようです。

おそらくこうした例は探せばきりがないと思います。

英語ができるだけでは不十分

世の中には英語ができる人は無数にいます。

でも、そこでひと捻りして「組み合わせる」という発想ができる人は驚くほど少ないです。

「自分の専門性×英語力」という表現すると、なんだか難しく聞こえるかもしれませんが、ちゃんと考えればアイディアは出てきます。

「自分の専門性や強みなんて1つもありません」という人がいたら、それは単純に気づいていないだけです。

必ずどんな人にも才能や強みがあり、そこから生まれる専門性があります。なぜなら、ある人にとって非常に苦手なことが、ある人にとっては非常に得意なことだからです。

その違いこそが強みであり才能です。

なので、ぜひ考える時間を取ってみてください。

・そんなに努力しなくても人より上手くできることは何だろう?

・自分では大したことないと思っていても、人からはスゴイと思われることは何だろう?

・人を見ていて『なんでこんなこともできないんだろう』と思ってしまうときっていつだろう?

こうした質問を自分に問いかけてみてください。

もちろん、いきなり答えは出てこないかもしれません。

でも、これらの質問が頭の中にインプットされたら、勝手に答えを探すアンテナが立つので、ある日突然「あっ!」と答えが見つかるものです。

その答えこそが「英語力と組み合わせるべきもの」です。

それが見つかれば、きっと英語学習に拍車がかかります。

英語力を高めるための英語の勉強をしていてはモチベーションが続きません。英語力を高めたその先にある「自分だけのポジション」をイメージすることが、とても大切だと僕は思います。

最後はアドバンスドな話になりましたが、ピンときた方はぜひ行動に移してみてください。その行動は間違いなく人生を良くすることに貢献すると僕は確信しています。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2200名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/10/23  2200ダウンロード突破】 

  関連記事

TOEICスコアの底上げに貢献する「○○」について

復習をしないと全く意味がない まず1つ質問をさせてください。 あなたはTOEICの問題集や模試を解いたあとに、しっかり復習ができていますか? ここで自信を「できています!」と答えられない場合は少し危険です。 というのも、 …

英語の勉強って結局何から始めたらいいの?

「TOEIC」はあくまでも「英語力」を測るテストこのブログの読者の方々はTOEICに関心に持っている方がほとんどだと思いますが、あくまでもTOEICは英語力を測るテストであり、以下の図のような関係性が成立しています。要は …

TOEICブログを上手に活用するための3つの方法

TOEICブログを上手に活用するために僕のブログも含めて、ネット上にはたくさんのTOEICブログが存在しています。僕もTOEICを本格的に勉強しようと決めてから今日に至るまで、たくさんのTOEICブログに目を通してきまし …

英語のリーディング力を上げる方法【実践のためのヒント編】

今回は、実践のためのヒント編今回は、リーディング力をあげる方法シリーズの第3回目(最終回)です。英語のリーディング力を上げる方法【イントロ編】英語のリーディング力を上げる方法【学習方法編】を踏まえての内容となりますので、 …

京都のヤンキー(っぽい)女性に学んだ、英語力向上の3つの極意

京都に行ってきましたこの週末を使って京都に物件(自宅兼オフィス)探しに行ってきました。物件の1つ1つをつぶさに見ていくという感じではなく、あくまでも雰囲気が良いエリア・空気の流れがキレイなエリアを肌で感じるというざっくり …

英語(洋書・論文etc)を読むときの5つのコツ

英語を読むのは一石二鳥僕の最近の英語学習は、もっぱら洋書の多読です。自分が興味のある分野の洋書を読んでいるときの一石二鳥感はハンパではないので、ぜひあなたにも洋書多読をオススメしたいわけですが、誰でも簡単にできることかと …

TOEICの問題を多解きしてスコアと自信を手に入れる方法

他人がヘラヘラしている間に努力するマルクス・アウレリウスの『自省録』、新渡戸稲造の『修養』、スマイルズの『自助論』など、自分を成長させるというテーマで書かれた名著には共通して「コツコツと時間をかけて粘り強く努力し続けるこ …

英単語を1日100個覚える方法

忙しい毎日を過ごしながら英単語を1日100個覚える方法 レポートやメルマガの読者のみなさんとやりとりをさせて頂く中で、頻繁に相談を受ける悩みが2つあります。 1つが「勉強する時間がない」という悩み。 もう1つが「単語が覚 …

TOEICハイスコアの秘訣はビジネスの論理を学ぶこと

10種類以上のアルバイトを経験僕は学生時代に10種類以上のアルバイトを経験しました。学童保育(小学1~3年生の放課後学級)、塾講師、うなぎ屋、舞台設営、ピザのデリバリー、カラオケ、牛丼屋、テレアポなどなど。そして社会人に …

TOEIC【Part7】のベストな解き方について考えてみた

TOEIC卒業のための最後の壁 僕が直接指導させてもらう方が増えるにつれて、ある1つの事実を再確認することができました。 その事実とは、「TOEIC卒業のための最後の壁はPart7の攻略である」ということです。(まぁ、当 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes