英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

「目標達成自動化環境」の作り方

   

Photo credit: JD Hancock via Foter.com / CC BY

目標達成は、自動化してこそ意味がある

TOEICを勉強している方なら誰でも「目標」を設定していると思います。

「600点に到達したい」「730点を取りたい」「860点が欲しい」「900点を突破したい」などなど。

TOEICはスコアではっきりと結果が分かるテストなので、目標は立てやすいのです。

けれども、目標を立てた後に、「目標達成自動化環境」まで構築できている人は少ないのではないでしょうか?

「目標達成自動化環境」とは、文字通り「自分が立てた目標が自動的に達成されてしまうような環境」のことです。

この環境を構築できてしまえば、目標達成が本当にスムーズになるのでオススメです。

「目標は立てるのだけど、いつも挫折してしまう・・・」という悩みの原因は、「目標達成自動化環境」が作れていないからです。

今回の記事では「目標達成自動化環境」の作り方をお伝えしますので、ぜひ実践してみてください。

「目標達成自動化環境」の具体的な作り方

「目標達成自動化環境」は、以下の5ステップを踏むことで作ることができます。

ステップ1:自分で100%決めること

誰かに「これをやれ!」と言われたことはまず達成できません。できませんというか、したくないと思います。

自分で100%決めるからこそ力が出ます。

たとえ会社に「TOEICで〇〇点取りなさい」と言われたとしても、それを鵜呑みにせず、自分なりに解釈し直して、「自分の目標」として決意することが非常に重要です。

ステップ2:紙に書き出して常に目に入れ続けること

スポーツの世界では、「ヴィジュアライゼーション」は当たり前の手法として取り入れられています。

「ヴィジュアライゼーション」とは、簡単にいえば「イメージする」ということです。

「自分が目標を達成した姿」をとにかく強くイメージし、脳裏に焼き付けます。

そのために大切なのが、「目標をとにかく目に入れ続ける」ということです。

目標を紙に書き、それを手帳に挟んで持ち歩いて、事あるごとに見るのも良いアイディアです。

大きな紙に目標を書き出して、それをトイレに貼るのもOKです。

工夫をして「目標を見る回数」を増やし、その度に「目標を達成した自分をイメージすること」を実践してみてください。

ステップ3:宣言すること

少し勇気がいるかもしれませんが、他の人に対して「自分は、いついつまでに〇〇という目標を絶対達成する」と宣言して自分を追い込んでください。

そうすれば、やらざるを得なくなります。

そのときのポイントは、「期限を区切ること」です。つまり「いついつまでに」という部分ですね。

「言ったことをやらないと嘘つきになる」という恐怖が、目標達成のためのエンジンになってくれます。

ステップ4:捨てる

多くの人は、本当に忙しい毎日を過ごしています。

その状況で新しい目標のための課題をこなしていくわけですから、普通に考えて時間が足りません。

だからこそ、「捨てること」が求められるわけです。

今ある何かを捨てて、時間を生み出すのです。

「飲みに行く時間」「テレビを見ている時間」「ネットサーフィンをしている時間」など、捨てられるものは意外と見つかるはずです。

目標を達成するまでで良いので、何かを捨てることが大事です。

ステップ5:計画を立て、実行する

ステップ1~4までをしっかりとこなせていたら、「あとはやるだけ」という状態になれているはずです。

なので、最後に計画を立てましょう。それも細かく。

計画を立てるときは、1週間単位で立てるのがおすすめです。

1週間というスパンだと全体を把握しやすく、地に足がついた計画を立てられるからです。

例えば、月~金は「単語を1日50個」覚えて、土日でその復習をするとかそういった感じです。

これくらい具体的なら行動に移せるはずです。

ここまで来たら、あとは行動するだけです。

今の自分を変革しないと、欲しい目標は手に入らない

以上の5ステップ。

ステップ1:自分で100%決めること

ステップ2:紙に書き出して常に目に入れること

ステップ3:宣言すること

ステップ4:捨てる

ステップ5:計画を立て、実行する


これらを1つ1つこなしていくことで、「目標達成自動化環境」が構築されます。

僕自身が何か新しいことに挑戦するときは、必ずこの5ステップを守っていますので、ぜひ実践してみていただけたらうれしいです。

最後になりますが、「目標を達成する」ということは「自分を変革すること」だと僕は思っています。

つまり、今までの自分を多少なりとも変えなければ、新しい何かは手に入らないのです。

自分を変えようとすると感情的な抵抗が必ず襲ってきますし、それを乗り越えるのは決して楽ではありません。

でも、乗り越えることができれば、欲しかったものが手に入るのです。

目標を達成するよころびを一度でも味わったことがある人は、どれだけ苦しくても、それを楽しみながら努力し続けられるようになると僕は思うのです。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2200名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/10/23  2200ダウンロード突破】 

  関連記事

映画「ファウンダー」から学ぶ目標達成の2つの鍵

「ファウンダー」を観てきました 現在公開中の映画の1つに、マクドナルド創業者であるレイ・クロックの半生を描いた「ファウンダー」があります。 正確にはマクドナルドを創業したのはマクドナルド兄弟なのですが、そのあたりは今日の …

【TED】アンジェラ・リー・ダックワース:「The key to success? Grit」を人生に活かす

成功のカギ? それは「グリット」今回取り上げるTEDトークは、アンジェラ・リー・ダックワース氏の「The key to success? Grit(成功のカギは、やり抜く力)」というトークです。動画の中では、「成功者にな …

【第3回】悪い習慣を断捨離し、英語の学習時間を生み出す方法

第3回目のテーマは、「悪い習慣」の断捨離今回の記事は、「5つのテーマを断捨離して、英語の学習時間を生み出す」シリーズの第3回目。テーマは、「悪い習慣」の断捨離です。第1回はコチラ⇒【第1回】英語の学習時間は、5つのテーマ …

将棋の藤井聡太プロ(14)に学ぶ「勝利」の秘訣

時の人となった藤井聡太プロ 惜しくも30連勝の達成はなりませんでしたが、30年ぶりに将棋界の最多連勝記録を塗りかえた藤井翔太プロは一躍時の人となりました。 僕は少年時代、将棋に勤しむ友人を尻目にひたすらテレビゲームをやり …

TOEICのスコアが上がったときに、すごく注意すべきこと

スコアアップに不安を感じます・目標スコアを達成し社内の試験にエントリーできるようになった。・発音をしっかり勉強した結果700点を超えることができた。・模試を何度も解いて勉強した結果、時間内に全問を解き終わることができた。 …

【第2回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「自分時間」

「目標達成力を手に入れるための7つ道具」シリーズの第2回 前回の記事では「目標達成力を手に入れるための7つ道具」の1つ目として、Amazonが提供しているAudible(オーディブル)というサービスを紹介しました。 【第 …

週100時間働きつつ英語を勉強するヒント

お詫び申し上げます僕は今まで「誰でも1日2~3時間」は英語学習時間を確保できると思っていました。なので、「英語を勉強する時間がありません」とか「毎日30分は勉強しています」とかそういったことを平然と言ってのける人に対して …

【第4回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「環境」

「目標達成力を手に入れるための7つ道具」シリーズの第4回 目標達成力を手に入れるための7つ道具シリーズ、いよいよ第4回となりました。今回は7つ道具の4つ目を紹介したいと思います。 これまでの記事は以下の通りです。 【第1 …

頑張らないことが、英語上達の秘訣なのかもしれない

英語を上達させるために最も必要なものは何か?と聞かれたら「毎日続けること」が素直な答えになります。「シャドーイングすること」「発音記号を勉強すること」「それぞれの単語がもつ『イメージ』をつかむこと」などなど、具体的な話を …

【第3回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「メンター」

「目標達成力を手に入れるための7つ道具」シリーズの第3回 目標達成力を手に入れるための7つ道具シリーズ、今回は第3回ですね。7つ道具の3つ目を紹介したいと思います。 第1回、第2回の記事は以下の通りです。 【第1回】目標 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes