英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

TOEICスコアの底上げに貢献する「○○」について

      2016/11/05

Photo credit: darling.clandestine via Foter.com / CC BY-ND

TOEIC700点台だったときの僕を救ってくれたもの

まず1つ質問をさせてください。

あなたはTOEICの問題集や模試を解いたあとに、しっかり復習ができていますか?

ここで自信を「できています!」と答えられない場合は少し危険です。

というのも、人は往々にして自分に都合の良い思い込みをしてしまうからです。実際に僕自身も、TOEICで700点台から800点台にかけて、この「都合の良い思い込み」に陥ってしまった経験があります。今思い返せば自分でもびっくりなのですが、当時の僕(700点台)は、

「自分は基礎力(発音・単語・文法)は固まっているから、後は問題を解きまくるだけだ!」と思い込んでいたのです。

けれども、実際は全くそうではなかったのです。

僕の語彙力はまだまだ不十分でした。
僕の文法力も全然甘かったです。

つまり、英語基礎力は固まっていなかったのです。

人は「自分はできている」と思いたい

なぜ僕は、「基礎力が不十分である」という事実を、「基礎力は十分身についている」と思い込んでしまったのか?

その答えは、「そう思い込んでいたかったから」だと僕は思うのです。

自分の弱い部分を「弱くない」と思い込ませて、そこから目を逸らすことで自分を守っていたのでしょう。

ただ、その結果として芳しい結果は得られませんでした。こうした「できていると思い込んでいるのに、実はできていない」という状況ほど厄介なものはありません。この状況に囚われてしまうと、「何が自分の問題なのか見当がつかない・・・」「何が原因でスコアが伸びないのか分からない・・・」ということになります。それが長期間続いてしまうと、挫折につながってしまいます。

幸い、僕は挫折まで至らずに正しい道に戻ってくることができたわけですが、正しい道に戻れた要因こそが「復習」なのです。

自分の弱み(=苦手な部分)を直視する

「自分はできている」という思い込みに囚われて悩んでいた僕は、その状況を打破するために色々と情報収集を行いました。

そこで改めて認識したのが「復習」というキーワードだったのです。

まさに僕が冒頭でさせて頂いた質問に、当時の僕も出会ったのです。

「ふーじーさんはTOEICの問題集や模試を解いたあとに、しっかり復習ができていますか?」

当時の僕にとっては、この質問のインパクトは計り知れなかったです。

この質問のおかげで僕は気づくことができました。「復習・・・なんかサラッとやってるだけだなぁ」と。

そして、その日から復習を大切にするようにしてみました。

問題集や模試を解いて間違えた問題の原因をしっかりと調べて、ノートに簡単にまとめました。それを定期的に見返すようにしました。間違えた問題に対して、「次に同じような問題が出たら、絶対間違えないぞ!」というマインドセットで復習に励みました。

そうした地道な作業をくりかえした結果、またスコアが伸び始めました。

「間違えた問題」は、そっくりそのまま「自分が弱いところ」と解釈して間違いありません。苦手だから間違えるのです。

復習を重視して、「苦手」→「苦手じゃない」に変えることで、スコアは上がっていきます。

「問題を解く」→「間違えたところを分析する(=復習する)」→「改善する」この当たり前のサイクルをいかに怠けずに取り組めるかが重要です。

得意な部分を復習する必要はない

言葉を変えて説明させて頂くなら、「復習」は「自分の弱点を潰していく作業」だと僕は捉えています。その意味で「自信をもって正解できた問題」は復習する必要はありませんし、むしろしてはいけません。限りある時間を効率的に使うことが重要です。そこは常に意識してください。

また、言うまでもないかもしれませんが、「問題を解く」→「間違えたところを分析する(=復習する)」→「改善する」というサイクルは英語学習以外にも当てはまります。

つまり、何らかの結果を出すためには欠かせないサイクルなのです。

復習することで、自分自身の課題が浮き彫りになります。その課題を1つ1つ潰していくことがスコアアップ直結します。

ぜひご自身に尋ねてみてください。

「あなたはTOEICの問題集や模試を解いたあとに、しっかり復習ができていますか?」



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2000名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/7/23  2000ダウンロード突破】 

  関連記事

TOEICには2種類の使い方がある

TOEICの2種類の使い方唐突ですが、TOEICには2種類の使い方があると僕は思います。1つ目が、「英語学習の通過点」としての使い方。2つ目が、「英語学習のゴール」としての使い方です。言葉を換えると、「英語学習の通過点」 …

英単語を1日100個覚える方法

忙しい毎日を過ごしながら英単語を1日100個覚える方法 レポートやメルマガの読者のみなさんとやりとりをさせて頂く中で、頻繁に相談を受ける悩みが2つあります。 1つが「勉強する時間がない」という悩み。 もう1つが「単語が覚 …

「現在のスコア」によって変わる「Part3・Part4の先読み」戦略

一度は悩む「Part3・Part4の先読み」TOEIC学習者であれば、誰でも一度は「先読み」というテクニックについて考えた(悩んだ)ことがあると思います。あなたもご存知の通り、「先読み」とは「Part3およびPart4で …

英語の発音を身につけ、リスニング力をアップさせる方法

発音のトレーニング=僕の青春 僕の英語学習の原点は、高校2年生のとき、隣の席だった帰国子女の女の子の一言です。彼女は、言いました。「英語ができたら人生が2倍楽しめるよ」 何の根拠もないその言葉を真に受けて、僕は英語に強い …

TOEICの問題を多解きしてスコアと自信を手に入れる方法

他人がヘラヘラしている間に努力するマルクス・アウレリウスの『自省録』、新渡戸稲造の『修養』、スマイルズの『自助論』など、自分を成長させるというテーマで書かれた名著には共通して「コツコツと時間をかけて粘り強く努力し続けるこ …

英語のリーディング力を上げる方法【学習方法編】

「語彙力」「文法知識」「背景知識」の学習法を解説します。今回は、「英語のリーディング力を上げる方法」の第2回目として、【学習方法編】をお送りしたいと思います。※前回の記事「英語のリーディング力を上げる方法【イントロ編】」 …

英語(洋書・論文etc)を読むときの5つのコツ

英語を読むのは一石二鳥僕の最近の英語学習は、もっぱら洋書の多読です。自分が興味のある分野の洋書を読んでいるときの一石二鳥感はハンパではないので、ぜひあなたにも洋書多読をオススメしたいわけですが、誰でも簡単にできることかと …

TOEIC力アップのための「最大の近道」について

なんだかんだ言っても「情熱」は大切 あなたが貧困家庭に生まれ、顔面麻痺で言語障害となり、まわりからはイジメられ、両親が離婚。何十回もの退学処分を受けたら、自分の将来に希望を持てるだろうか?あるいは、そのような人を目の前に …

「好きなこと」×「英語」の組み合わせのマジック+α

自分の好きなことをすればいい 苦しいこと、つまらないこと、ワクワクしないこと。これらは遅かれ早かれ挫折を迎えます。 TOEICや英会話などの英語学習を筆頭に、ダイエットや早起きなど、多くの人々が挑戦しては失敗をくりかえす …

TOEICのスコアを200点以上アップさせるための「単語&文法」勉強法

TOEICのスコアが240点アップ「発音練習」・「単語暗記」・「文法書の精読」などの言葉は、聞いただけで面倒くさそうなイメージが伝わってきますが、実際その通りです。英語学習者がドロップアウトするのは、大抵このあたりです。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes