英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

TOEIC800点台後半をもっている人は、一瞬で900点台にいける

      2017/08/26

僕のサービスは「作ってもらっている」

僕が現在提供しているサービスは、

①TOEICRPGセミナー(⇒来月から「誰でも900点が取れる勉強法セミナー」に名称変更します。)

②TOEIC卒業3ヶ月マンツーマンコーチング

③【800点台後半のスコアをすでに持っている方限定】900点突破単発コーチング

の3つです。(これらは有料ですが、レポートはずっと無料で提供していきます。)

実は、これらのサービスは、僕が勝手に考えて作り出したものではありません。あくまでも「読者のみなさまとのコミュニケーション」の中から生まれたものです。

簡単に言えば、

読者の方:こういうサービスがあったらいいと思います。

僕:わかりました!それやります。

こういうやり取りによって、今あるサービスが生まれました。

なので、ある意味、読者のみなさまに「作ってもらっている」と言っても過言ではありません。

相手が欲しいものをプレゼントするからこそ、よろこんでもらえる

相手の好みをしっかりと把握することなく、いきなり何かをプレゼントしたとしたら、よろこんでもらえる確率は良くて五分五分です。

まぁ、大抵の場合、人の好みは微妙に少しずつ異なっていますから、心からよろこんでもらえる確率はもう少し下がると思います。

ただ、こんなことを言うと、「それがサプライズってもんよ!!」という反論が飛んできそうですが、そもそもサプライズとは、相手の好みをリサーチした上で行うものだと僕は思っています。だって、サプライズして、それが思いっきりスベッてしまったら、一生悪夢として記憶に残り続けてしまうじゃないですか。

なので、「相手の話をしっかりと聞いて、相手のことを理解すること」はとても大事だと僕は思っています。

先日参加したコーチング講座でも、最も大事なのは「傾聴すること(=相手の話をしっかりと聞くこと)」だとあらためて学ぶことができました。

自分のダメなところを客観的に把握することの威力

「相手の話を聞く」ということに関係しますが、僕はとにかく昔から他人の意見を聞くことを心がけてきました。

以前、大学生の就職活動支援の仕事をしていたときに、「参加費1万円のセミナー」を開催しました。そのとき申し込みをしてくれたのは、それまでに、わりと長い期間の付き合いがあった7名の学生たちだったのですが、彼ら彼女らに、僕は次のような提案をしました。

今回の1万円は払わなくていいから、代わりに「僕の嫌なところ」を正直に教えて。

もともと1万円を払う予定だったセミナーを無料で受けられるわけですから、参加者のみなさんは、愛情をこめて(笑)、僕の嫌なところをワードファイルにまとめ、それをセミナー当日に手渡してくれました。

セミナー終了後にそれをじっくり読んだのですが、もうそれはそれはリアルに数日寝込んでしまうほどのショックを受けました。

「あぁ、自分ってこんなに嫌なところがあったんだ・・・」と。

他人からのフィードバックがないと、自分の課題に気づけない

でも、この体験があったからこそ、自分のダメなところを直すことができ、前に進むことができました。

このとき以来、僕はとにかく「他の人の意見を聞く」ということを心がけるようになりました。

この心がけは、もちろん今でも続いています。

例えば、僕が「3ヶ月のコーチング」を提案したものの、今回は見送るという判断をされた方に対しては、差し支えのない範囲で、「断った理由」をお聞きするようにしています。

それを聞くと、「自分では気づけていなかった課題」に気づくことができます。そして、次から行動を変えることができます。その結果として、さらに良い結果が得られるようになるわけです。

単発コーチングを提供し始めた理由

実は、僕のサービスの中の1つの「【800点台後半のスコアをすでに持っている方限定】900点突破単発コーチング」は、そうしたやり取りから生まれたサービスなのです。

以前、「3ヶ月コーチング」を  “提案” させて頂いた方から「今回は見送る」というご連絡を受け取った際に、合わせて以下のようなコメントもいただきました。

今後、スポットでのコンサルテーション(①: 一回○○円)や、コーチングのみ(例えば3ヶ月間の③、④)など、様々なサービス形態があると利用しやすくなる人もいるのではないかと思います。ご参考になれば幸いです。

なるほど・・・と思いました。

でも、そのときは「1回(=スポット)で話しただけで結果を出してもらうのは難しいのではないか・・。」という懸念もあったのが正直なところです。

そのため、サービスとして正式に提供するのではなく、知り合いの人で実験させてもらったり(笑)、単発のサービスを提供している他の先生を分析したりしてテストをくりかえしました。

すると、次のことがわかりました。

「800点台後半のスコアをすでに持っている方なら、1回のコーチングで900オーバーは実現可能」

そして、逆に、

「800点台中盤以下のスコアの方の場合は、1回のコーチングでは900点達成は難しい」

こうしたことが体感覚として分かったのです。

「800点台後半」と「800点台前半」ではそんなに差がないように思われるかもしれませんが、全くそんなことはありません。僕の印象では、両者の間には非常に大きな溝があるように思います。

こういう背景があり、僕は条件を設定し(=すでに800点後半をもっている)、単発のコーチングを始めたのです。

800点台後半があれば、すぐに900点にいける

まさに今日の午前中も、ある方に単発コーチングを提供させていただきました。

お話ししたのは「90分」程度でしたが、一通りコーチングが終わった後に、

本当に道筋が、明るい光の筋が見えてきた感じがします。ちょっとお先真っ暗な感じだったので、歩くべき道が見つかったという感じです。

と言っていただくことができました。お話しした感じだと、おそらくこの方は来月~再来月のTOEICで900オーバー、もっと言えば950までいくことも充分可能だと思います。ぜひ目標を達成してほしいです。

もちろん、すでに結果を出しておられる方もいらっしゃいます。

【自己投資意識の重要性】大阪でスポットコンサルをさせていただきました

他にも先日、別の方から次のようなメールもいただきました。

7月のtoeicで945点を取ることができました!

目標の950には惜しくも届きませんでしたが、予想以上に早く、目標を概ね達成することができました。

これも藤山様のご教示のお蔭です。

本当にありがとうございました。

(中略)

既に800点を超えている人については、藤山様のワンポイントレッスンを受けるだけでも飛躍的に点数が伸びると実感しました。

本当に、ありがとうございました。

この方は「800点を超えている人」と書いてくださっていますが、やはり僕の中では「800点台後半の人」だけです。そこまで到達していないと、1回のコーチングでは厳しいです。

なのでやっぱり、「800点台後半のスコアをすでに持っている人は、単発コーチング」「まだ800点後半のスコアは持っていないけど、目標は900点を取ること!という人は、3ヶ月コーチング」というすみ分けが、僕が提供できるベストサービスです。

トップ5%に入ってほしい

せっかくTOEICに時間を使うなら、全体の受験者のトップ5%のスコアを獲得して卒業して頂きたいと僕は思っています。

TOEICの公式ホームページで受験者のスコア分布を確認してみると、トップ5%のスコアは「850点以上」だということが分かります。

実際に、転職や海外勤務、昇進などに大きなメリットをもたらすのは、「850点以上」のスコアだと思います。

言葉を変えると、TOEICで人生を良くしていためには、850点以上のスコアが求められるということです。

なので、ぜひそこに到達して頂きたい。

そして、理想を言えば900点を取って頂きたいと思っています。

なぜなら、今回の記事でお話ししてきたように、800点台後半のスコアが取れたら、900点までは一瞬ですから。

それくらいのハイスコアを獲得して、TOEICをきっかけに人生を少しでも良くして頂きたいと思うのです。そして、僕の仕事の本質は、そのお手伝いだと思っています。

これからも、僕が役に立てることを「相手に聞いて」、それに応えられるように全力で精進していきます。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2400名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/12/12  2400ダウンロード突破】 

  関連記事

ひじょーに粘り強い質問者とブログの醍醐味

毎回、超長文でお返事していました 僕がTOEICに本気で取り組むと決めてブログを開設した頃は、読者の方から質問メールを頂くことは超レアな出来事でした。(なので、その度に一喜一憂していました)。 そして、ものすごく長文で具 …

英語の勉強って結局何から始めたらいいの?

「TOEIC」はあくまでも「英語力」を測るテストこのブログの読者の方々はTOEICに関心に持っている方がほとんどだと思いますが、あくまでもTOEICは英語力を測るテストであり、以下の図のような関係性が成立しています。要は …

英語のリーディング力を上げる方法【実践のためのヒント編】

今回は、実践のためのヒント編今回は、リーディング力をあげる方法シリーズの第3回目(最終回)です。英語のリーディング力を上げる方法【イントロ編】英語のリーディング力を上げる方法【学習方法編】を踏まえての内容となりますので、 …

TOEICブログを上手に活用するための3つの方法

TOEICブログを上手に活用するために僕のブログも含めて、ネット上にはたくさんのTOEICブログが存在しています。僕もTOEICを本格的に勉強しようと決めてから今日に至るまで、たくさんのTOEICブログに目を通してきまし …

京都にて“オフライン”で【TOEICRPGセミナー】を開催します。

オフラインでもTOEICRPGセミナーを開催します 今まで僕が開催したTOEIC関係のセミナーは、常にオンラインでした。 つまり、僕はイスに座り、パソコンについているカメラを見ながら、受講者の方々の反応を直接見ることなく …

バケツの穴をふさげ!~基礎は100%に~

高校のときは寮で生活していました 僕は高校のときに寮生活をしていました。寮には規則がありますので、基本的には全員が同じようなタイムスケジュールで1日を過ごします。 したがって「勉強時間」も全く同じです。 僕が暮らしていた …

ブログのクオリティを上げるために、自己投資を始めました

ライティングスキル(※日本語)を高めるための自己投資 このブログ「英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする」を立ち上げたのは2015年1月ですが、ブログそのものを始めたのはもっともっと前です。 最初はアメブロを使って …

英語、仕事、人生、すべてはロールプレイングゲーム(RPG)

僕の就職活動の思い出だいぶ昔の話になりますが、僕も大学3年生から4年生にかけて就職活動(就活)に励みました。最終的には就職せずに起業することに決めたわけですが、金融機関に内定がもらえるくらいは真剣に就活に取り組みました。 …

TOEICには2種類の使い方がある

TOEICの2種類の使い方唐突ですが、TOEICには2種類の使い方があると僕は思います。1つ目が、「英語学習の通過点」としての使い方。2つ目が、「英語学習のゴール」としての使い方です。言葉を換えると、「英語学習の通過点」 …

明治時代の英語の達人のマインドセット

マインドセット次第で結果は180度変わる マインドセットとは「心構え」とか「考え方」のことです。 以前以下の記事にまとめました。 →僕はマインドセットが大好きだ「growth mindset(=しなやかマインドセット)」 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です