英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

将棋の藤井聡太プロ(14)に学ぶ「勝利」の秘訣

   

Photo credit: aotaro via Foter.com / CC BY

時の人となった藤井聡太プロ

惜しくも30連勝の達成はなりませんでしたが、30年ぶりに将棋界の最多連勝記録を塗りかえた藤井翔太プロは一躍時の人となりました。

僕は少年時代、将棋に勤しむ友人を尻目にひたすらテレビゲームをやり込んでいたので、将棋について語る資格は1ミリもないのですが、非常に共感する話を人から聞いたので、それに関してのみお話させて頂きたいと思います。

具体的に何について聞いたのかというと、将棋の「感想戦」についてです。

感想戦(かんそうせん)とは、囲碁、将棋、チェス、麻雀などのゲームにおいて、対局後に開始から終局まで、またはその一部を再現し、対局中の着手の善悪や、その局面における最善手などを検討することである。

なお、「感想戦」は本来将棋用語であり、囲碁では通常「局後の検討」という言葉が使用されることが多い。(NHK杯の司会者もそのような言い方をしている)

Wikipediaより

次の勝利のためには「復習」が不可欠

プロ将棋の対局は、勝敗が決してもそれで終わりではなく、棋士はその日の打ち手をくまなく振り返り勝負をおさらいする「感想戦」が行われます。

負けた棋士からすれば、それをふり返るのは苦痛以外の何ものでもないと思いますが、一手一手を検討し、失敗した手を見い出すことが次の勝利につながるわけです。

「感想戦」と表現をするとピンとこないかもしれません。なので、簡単な言葉で言い換えましょう。

プロの将棋棋士の方々は、とてつもなく「復習」をしているということです。

先日、藤井翔太プロは30連勝目前で敗れました。

試合後のインタビューで彼は以下のように語っています。

途中苦しかった将棋もかなりあり、ここまで連勝できたのは自分の実力では出来すぎだと思いますので、これから気持ちを入れ替えて指していきたいと思います。自分の読みの甘さを痛感させられたので、弱点をなくせるように頑張りたいと考えています。

NHK NEWS WEBより

この言葉の最後の「自分の読みの甘さを痛感させられたので、弱点をなくせるように頑張りたいと考えています」という部分、ここはサラッと読み流してしまいそうなところですが、非常に重要なことを言っています。

なぜなら、「よほど復習をしていないとこの言葉は出てこないから」です。

TOEICも全く同じ

当然ですが、試合中はそのときのベストの打ち手を選んでいるわけですから、「読みの甘さ」をリアルタイムで認識できるはずがありません。

あくまでも全てが終了した後に、徹底的に全体をふり返るからこそ「自分の読みが甘かった」ということが分かるのです。

つまり、「徹底的に復習をしている」ということですね。

これはTOEICでも同じです。

TOEICを試験を受けている最中は、「この問題全然わからない!!!」とか「何でこんなに聞き取れないんだろう」とかそういった感覚は認識できます。

しかし、それを明確な課題として落とし込むのは試験中は不可能です。そもそもそんな時間の余裕はありません。

あくまでも試験終了後に、公式問題集を開きながら、「そうそう、こういう問題で今日詰まっちゃったんだよなぁ・・・ということは、何が課題なんだろう・・・あぁ、やっぱり語彙力か。」というような復習をすることによって、課題が明確になり、次につながるのです。

もちろん、TOEIC本番のときだけ復習をすればいいわけではありません。

日々の学習のときから「間違えてしまった問題」に徹底的にこだわり、「なぜ」間違えたのかを深堀りし、課題を突き止め、それを改善することが大切です。

これが「復習をする」ということです。

藤井聡太プロに学ぶ「勝利」の秘訣

今まで何度も言っていることですが、「解いたら解きっぱなし」がいちばん良くありません。

そうしてしまうと、たいてい次も同じような問題で間違えてしまい、全く成長することができません。

例えば将棋のプロ棋士が、試合終了後の「感想戦」を適当にやり過ごしてしまったらどうでしょう。おそらくその棋士は、次も同じような試合展開で負けてしまうはずです。

これは全ての勝負事につながります。

例えば僕は以前セールスに関わる仕事をしていましたが、上司からいつも言われていたのが「トークの修正」です。

当時は、「クライアントにプレゼンをして契約を勝ち取る」という勝負をする機会が多かったのですが、時には負けることもあるわけです。

そのときは、その日の自分の全てのトークをふり返り、徹底的に課題を抽出し、改善していく。これを絶対に怠らないように上司に言われていました。これは今でも僕の中心的なマインドセットです。

藤井選手が「弱点をなくせるように頑張りたい」と言っています。

「弱点をなくす」ためには、復習しかないのです。

そしてこれこそが、藤井選手の圧倒的な強さの秘訣なのだと僕は思うのです。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2300名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/11/20  2300ダウンロード突破】 

  関連記事

目標スコア達成のために必要な勉強量?そんなのわからない。

プロフェッショナル仕事の流儀に釘付けになりました先日、出張でホテルに泊まったとき、何気なくつけたテレビでNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」が放送されていました。その回は「巨大港スペシャル~日本の経済を支えるプロたち …

目標を達成するコツは「狂わないこと」+α

アインシュタインの有名な名言 アインシュタインが次の言葉を残しています。 どんな問題も、それが作られたときと同じ考えのレベルで解決することはできない さらに次の言葉も残しています。 同じことを繰り返しながら、違う結果を望 …

映画「ファウンダー」から学ぶ目標達成の2つの鍵

「ファウンダー」を観てきました 現在公開中の映画の1つに、マクドナルド創業者であるレイ・クロックの半生を描いた「ファウンダー」があります。 正確にはマクドナルドを創業したのはマクドナルド兄弟なのですが、そのあたりは今日の …

【第4回】人間関係を断捨離し、英語の学習時間を生み出す方法

第4回目のテーマは、「人間関係」の断捨離「断捨離して、英語の学習時間を生み出す」シリーズも第4回目となりました。第1回はコチラ⇒【第1回】英語の学習時間は、5つのテーマの断捨離によって生み出せる第2回はコチラ⇒【第2回】 …

【TED】アンジェラ・リー・ダックワース:「The key to success? Grit」を人生に活かす

成功のカギ? それは「グリット」今回取り上げるTEDトークは、アンジェラ・リー・ダックワース氏の「The key to success? Grit(成功のカギは、やり抜く力)」というトークです。動画の中では、「成功者にな …

大事なのは「英語(TOEIC)学習法」か?「目標達成力」か?

このブログの2つのメインテーマ このブログのメインテーマは2つあって、1つが「英語(TOEIC)学習法について」、もう1つが「目標達成力」についてです。 この2つを過不足なく身につけてこそ「目標(=例えば、TOEIC卒業 …

【第1回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「Audible」

目標達成力は人生の豊かさに比例する 英語(TOEIC)学習者のみなさまからの相談に乗っていると、意外と「目標達成力」についてよく聞かれます。 一応僕は独学でTOEIC満点を取ることができましたし、これまで長年やってきたセ …

【第2回】不必要なモノを断捨離し、英語の学習時間を生み出す方法

第2回目のテーマは、「モノの断捨離」今回の記事は、「5つのテーマを断捨離して、英語の学習時間を生み出すぞ」シリーズの第2回目。テーマは、「モノの断捨離」です。ちなみに第1回はコチラ⇒【第1回】英語の学習時間は、5つのテー …

走ってる量でTOEICスコアは決まる

サッカーをしていました あなたは学生時代スポーツをしていましたか? 僕はサッカーをしていました。 小学校から高校までやっていたので約10年間です。 その10年間で経験した練習試合や公式戦の数は膨大です。月に2回あるとして …

【第4回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「環境」

「目標達成力を手に入れるための7つ道具」シリーズの第4回 目標達成力を手に入れるための7つ道具シリーズ、いよいよ第4回となりました。今回は7つ道具の4つ目を紹介したいと思います。 これまでの記事は以下の通りです。 【第1 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です