ミルフィーユ型キャリア構築法

オリジナリティは自分で作れる

自分の「強み(≒専門性)」や「好きなこと」を組み合わせることによって、自分の「オリジナリティ」が鮮明になってくると僕は思っています。

「好きなこと」と「英語」の組み合わせたら、人生の質が上がる

武器が1つだけだと、その武器の威力で勝負が決まってしまいます。例えば、「英語力」だけを使って勝負するなら、英語力が高い人のほうが間違いなく勝つわけです。

しかし、武器を2つ組み合わせて戦うと、全く違う戦い方ができます。「マーケティング力」を強みにもつ人が、プラスで「英語力」を身につけることができたなら、「マーケティング力×英語力」という2つの武器の組み合わせによって、戦い方のバリエーションが飛躍的に広がるのです。例えば、日本語で翻訳されていないマーケティングの名著を英語でインプットして、それをもとに戦略・戦術を考えるだけでも、かなり大きな価値となります。

武器を2つ組み合わせたら、自分のオリジナリティは格段にアップします。

組み合わせの質が上がれば上がるほど、もうそこは自分だけの土俵となり、ライバルはいなくなるでしょう。

つまり、戦わずしてひとり勝ちすることができるのです。

そうなれたら「自信」「安心感」「モチベーション」などがもれなく手に入り、日々の生活に充実感が生まれます。僕はこういう状態を目指して、自己研鑽に励んでいます。

レストランで起こったプチ「アハ体験」

ただ、この概念を理解してくれる人はあまり多くなく、「組み合わせるというのがよくわかりません」とか「自分には強みがありません」とかそういった意見を今まで頂いてきました。「伝える」って難しいなぁと思っていました。

そんなある日、レストランに食事をしに行ったら、デザートに「ミルフィーユ」が出てきました。

(ミルフィーユはそのままフォークでザクっといこうとすると、クリームがはみ出てしまうので、まずは本体の向きを変えて、縦にフォークを入れるのが正解みたいです。)

5コマでわかる食べ方のキホン【ミルフィーユ】

なので、僕も正しい方法に従い、ミルフィーユの向きを変えたところ、プチ「アハ体験」が起こりました。

「そうそう、こういうイメージ!」と思わずにはいられませんでした。

あなたもご存知の通り、ミルフィーユは「パイ生地→クリーム→パイ生地→クリーム」という感じで積み重なっています。

僕が言いたい「強みの組み合わせ」とは、まさにこのイメージなのです。

ミルフィーユ型キャリア構築法

まず1つの強みを土台にして、その上にもう1つの強みを重ねる。

そして今度は、その2段そのものを土台としてしまい、さらに「最初の強み」を3段目に重ねる。

それを繰り返していくことによって、自分だけの土俵を作ることができます。具体例として、僕自身の話をします。

僕は元々の強みは「販売に関するスキル」だと思っています。これは単にそういう仕事ばかりしてきたから身についたものです。これがミルフィーユの1段目です。ただ、「販売スキル」だけで勝負すると、上には上がいますので、分が悪い勝負となります。だからこそ、「重ねる」のです。

何を重ねるべきかを考えに考えた結果、「英語力」にすることを決めました。これがミルフィーユの2段目です。「販売力」という土台の上に「英語力」を重ねたわけです。

「販売力」と「英語力」を重ねた(=組み合わせた)結果、スムーズに会社員から独立することができ、初年度から悪くない結果を残すことができました(=TOEIC市場でゲームオーバーにならなかった)

ただ、今の状況に安住していてはダメなのも分かっています。市場の状況は刻一刻と変わっていますし、そもそも僕自身のオリジナリティは、まだまだ際立っていません。

なので、さらに「重ねる」のです。

「ガス」×「英語力」

僕のミルフィーユの1段目は「販売力」でした。これを再度重ねるわけです。

つまり、「1段目:販売力、2段目:英語力」という2段を丸ごと土台にして、その上に再度「販売力」を重ねます。(そのためのアクションは春から起こしていく予定なので、今は仕込み中です。)

3段目に「販売力」を重ねることができたら、またその次の4段目に「英語力」を積み上げることになると思います。

この繰り返しによって、自分の「オリジナリティ」が磨かれていきます。

僕のコーチングのクライアントさんに「ガス(※ガスに関わるお仕事をされている)」を専門にしている方がいらっしゃいます。

彼は先日TOEICで900点を超えました。(IPテストではありますが、680点からの大幅アップ)

努力の結果、彼は「ガス」という土台の上に「英語力」を積み重ねることができるようになりました。

その具体的なアクションが「MBA留学」だそうです。

MBA留学から帰国したら、きっと会社の中で責任あるポジションを手にされるはずです。つまり、「ガス×英語力」の上の3段目に、さらに「ガス」を積み上げることになるというわけです。

自分だけのミルフィーユを作る

彼のミルフィーユと僕のミルフィーユは全く異なります。

しかし、別々のミルフィーユを作り上げるからこそ、力を合わせたときに、想像もしなかった創発が起こり得るのです。それはとても価値があることです。

ミルフィーユ型キャリア構築法、なんとなくでもイメージをつかんで頂けたでしょうか?

「どんなミルフィーユを作り上げるか?」は、「どんな人生を歩んでいくか?」と同じ意味の問いかけです。

なぜなら、積み重ねるための材料(=強み)を手に入れるためには、時間をかけて努力することが求められるからです。「時間をどう使うか?」は「どんな人生を生きるか?」に他なりません。

自分だけのミルフィーユの完成を常にイメージし、それを信じて自分を律し続けることができるかどうか。

それが人生のクオリティを決めるのだと僕は思うのです。

いつもシェアして頂き感謝です!☺️


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月・10月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計7回)

その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに3800名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2018/12/12 3800ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です