英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

【目標達成の本質】「TOEICの勉強、楽しいぃぃぃー!!」なんてことはない

   

TOEICを30~40回受けてきて思うこと

僕はこれまでTOEICを30~40回は受けてきました。

これだけ長くTOEICと関わっていると、たくさんのTOEIC学習者(=TOEICの先生含む)の方々と接する機会に恵まれます。

その中には、「TOEIC満点」もしくは「TOEIC満点近く」の方も何人もおられました。

ただ、それくらいTOEICで結果を残しているにもかかわらず、そうした方々の中で「TOEICの勉強そのものを純粋に楽しんでいる人」はごくわずかだった印象があります。

過去に1人だけ「TOEICの勉強、楽しいぃぃぃー!」と言いながら猛烈にTOEIC学習に取り組んでいた方がいましたが、そういう人は超レアなケースだと思います。

基本的に、TOEICの学習そのものは楽しいものではないと思います。

例えば僕が10000問ノックにチャレンジしていたときは、楽しかったというよりも苦しかった印象のほうが強いです。10000問ノックは「鍛錬」という言葉そのものでした。

また、今僕がお世話になっているスピーキングの先生は、今まで3回TOEICを受けて3回とも満点だったようですが、彼女はTOEICの問題を解くたびに「なんでこんな不自然な英語ばかり使われているんだろう・・・」といつも感じるそうです。でも、仕事のためにどうしても受験しないといけないから、仕方なく受けている・・・そう言っていました。

このように「TOEIC学習それ自体」は、決して「楽しさ」を感じられるものではないと思います。

実は、TOEICの学習は楽しい

ただ、ここでどんでん返しをしますが、僕は「TOEICの学習は楽しい」と思っています。

先ほど書いた通り、僕が10000問ノックにチャレンジしたときのことをふり返ると、「楽しかった」よりは「苦しかった」印象のほうが強いです。

けれども、さらに大きな視点で「TOEICと向き合ってきた時間」をふり返ると、どう考えても「楽しかった」のです。

つまりこういうことです。

「TOEICの学習それ自体」は苦しかったけど「TOEICと向き合ってきた時間」は楽しかった。

これが僕の率直な感想です。

スポーツをやったことがある人なら分かると思います。

はっきり言って日々の練習は同じことのくりかえしです。ひたすら自分に負荷をかけて追い込んでいきます。なかなか成果が出なくてモヤモヤします。楽しいことなんて1つもありません。

しかし、その結果として、試合で勝てたり、自己ベストを更新したり、誰かによろこんでもらったりすると、今までの苦しさが帳消しになります。帳消しになるというか、それも含めて「良い思い出」になるのです。

これが「練習そのものは苦しかった」けれど「トータルで見ると楽しかった」という状態です。

TOEICに置き換えると、「TOEICの学習それ自体」は苦しかったけれど「TOEICと向き合ってきた時間」は楽しかったとなるわけです。

「スコアアップ」を途中経過にする

「TOEICの学習それ自体」は苦しかったけれど「TOEICと向き合ってきた時間」は楽しかった

この状態を作り出すからこそ、TOEICで結果を出すことができます。

逆に、この状態を作り出せなかったら、永遠に苦しいだけの時間が続き、残念なことに結果もついてきません。まさに地獄です。これだけは絶対に避けなければなりません。

では、避けるためにはどうすればいいのか?

簡単です。

「TOEICで目標スコアを達成すること」を最終地点に置くのではなく、途中経過として置くだけです。

図解すると以下の通りです。

「OK」現在地→→→目標スコア達成→→→→本当のゴール

「NG」現在地→→→→→→→→→→→→→→目標スコア達成

なんとしてでもこの状態を作り出さなければ、TOEIC学習は全く楽しくなりません。

苦しさだけがずーっと続きます。

オリジナルな答えがあるかどうか

適切な状態が作れているかどうかを判断するのは簡単です。

次の質問に対する答えを聞けば一発で分かります。

あなたはなぜTOEICに取り組んでいるのですか?

この質問に対して、他の人とは違う、自分だけのオリジナルな答えがパッと出てくる人は、TOEIC学習を苦しみながらも楽しむことができ、最終的に結果を出せる人です。

一方、この質問に対して、ありきたりな、もっと言えば受け身の答えしか出せないようであれば、おそらくその人にとってのTOEIC学習は地獄でしかなく、さらに結果も出ません。時間だけが無駄に過ぎ去っていくことになります。

両者の差は大きいです。人生レベルで大きな差がついてしまいます。

だからこそ、「TOEICで目標スコアを達成すること」を最終地点に置くのではなく、途中経過として置くことが重要なのです。

「なぜ自分はTOEICに取り組んでいるのか?」について、知恵熱が出るくらい脳を酷使して考えてください。

自分の奥底に眠る欲求に到達するまで自分に「Why」を問い続けてください。

そうすれば、「あなたはなぜTOEICに取り組んでいるのですか?」という質問に対して、あなただけのオリジナルな返答ができるようになります。

TOEIC学習を楽しむためにも、しっかり考えてみてください。

参考までに最後にサイモン・シネックの有名なTED動画を貼っておきます。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2000名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/7/23  2000ダウンロード突破】 

  関連記事

【第3回】悪い習慣を断捨離し、英語の学習時間を生み出す方法

第3回目のテーマは、「悪い習慣」の断捨離今回の記事は、「5つのテーマを断捨離して、英語の学習時間を生み出す」シリーズの第3回目。テーマは、「悪い習慣」の断捨離です。第1回はコチラ⇒【第1回】英語の学習時間は、5つのテーマ …

【第3回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「メンター」

「目標達成力を手に入れるための7つ道具」シリーズの第3回 目標達成力を手に入れるための7つ道具シリーズ、今回は第3回ですね。7つ道具の3つ目を紹介したいと思います。 第1回、第2回の記事は以下の通りです。 【第1回】目標 …

頑張らないことが、英語上達の秘訣なのかもしれない

英語を上達させるために最も必要なものは何か?と聞かれたら「毎日続けること」が素直な答えになります。「シャドーイングすること」「発音記号を勉強すること」「それぞれの単語がもつ『イメージ』をつかむこと」などなど、具体的な話を …

【第1回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「Audible」

目標達成力は人生の豊かさに比例する 英語(TOEIC)学習者のみなさまからの相談に乗っていると、意外と「目標達成力」についてよく聞かれます。 一応僕は独学でTOEIC満点を取ることができましたし、これまで長年やってきたセ …

「TOEIC批判」への批判が非常にするどい件

茂木さんがTOEICを批判脳科学者の茂木健一郎さんのブログにTOEICへの批判記事がアップされていました。⇒「TOEIC批判」 茂木健一郎公式ブログよりこの記事は、単にTOEICを批判することが目的ではなく、TOEICを …

忙しくて勉強時間がとれない?なら賢く勉強するしかないでしょう!

ひとりの会社員の日常僕は普通の会社員として日々を過ごしています。たまに休日出勤はありますが、通常は(土)(日)が休み。さらに、繁忙期を除いて、基本的に夜は21時までには帰宅できています。なので、「毎日終電で帰っている」と …

ラクに生きるためのストイックになる

サラリーマンの1日サラリーマンをしていてつくづく感じることがあります。それは、「1日のほとんどの時間仕事してるなぁ」ということです。社会人としてどこかに属して働く以上、たとえ残業をしなかったとしても、基本的に「9時-17 …

【第6回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「アウトプットシステム」

【第6回】は「アウトプットシステム」について このシリーズもいよいよ佳境に差しかかかってまいりました。 今回は目標達成力を身につけるための7つ道具の6つ目、「アウトプットシステム」を紹介させて頂きたいと思います。 ※これ …

大事なのは「英語(TOEIC)学習法」か?「目標達成力」か?

このブログの2つのメインテーマ このブログのメインテーマは2つあって、1つが「英語(TOEIC)学習法について」、もう1つが「目標達成力」についてです。 この2つを過不足なく身につけてこそ「目標(=例えば、TOEIC卒業 …

映画「ファウンダー」から学ぶ目標達成の2つの鍵

「ファウンダー」を観てきました 現在公開中の映画の1つに、マクドナルド創業者であるレイ・クロックの半生を描いた「ファウンダー」があります。 正確にはマクドナルドを創業したのはマクドナルド兄弟なのですが、そのあたりは今日の …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes