英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

(株)LIGのモンスターブログ仕掛け人から学ぶ「自分に最適な英語学習法」

   

講演会に参加してきました

あなたはLIGという株式会社をご存知ですか?

この会社のブログは月間800万回という莫大な数のアクセスを集めるモンスターブログなのですが、当然内容はおもしろく、僕もちょくちょく見ています。

LIG(リグ)のブログ

昨日、そんな(株)LIGの社長である吉原ゴウさんの講演会が開催されたため参加してきました。テーマは「メディア戦略」についてでした(LIGのブログの仕掛け人が吉原さん)。

講演内容は大変勉強になりましたし、実行に移してみようというアイディアもいくつか思いつくことができました。

しかしながら、講演会の中で最も印象に残ったのは、吉原ゴウさんの経歴に関してです。

「中学校を卒業後、農家、カヤックインストラクター、雀荘、アダルトショップ店員を経て、ウェブデザイナーに。 その後独立し、2007年に株式会社アストロデオを設立。2012年に株式会社LIGと合併し現職。」

という感じで紹介されていたのですが、吉原さんは「目の前にある楽しいことを全力で楽しんできただけ」だとおっしゃっていました。それを聞いて僕は、「あぁ、すげー楽しそう」と思うと同時に、「あぁ、僕の真逆のタイプだ」と思いました。

目標達成の2つのタイプ

目標達成には2つのタイプがあります。人によってどちらかに分かれます。1つが「設定型」、そしてもう1つが「展開型」です。それぞれ説明します。

「設定型」とは、「目標を設定し、それに至るまでのプロセスを細分化して日々の行動スケジュールを決定し、実行に移す」というタイプです。僕はこちらのタイプです。昔から「設定型」です。実際にTOEICでも、「満点を取るという目標を設定し、そのためのプロセスを細分化して日々の学習スケジュールを決め、行動に移す」ことで目標を達成しました。

一方、「展開型」とは、「自分がおもしろそうだと思うことに全力に取り組み、それが次のおもしろいことを呼び込み、またそれに全力で取り組むうちに、いつの間にか高みへ到達している」というタイプです。吉原ゴウさんはこのタイプだと思います。そういえば、僕の学生時代の後輩で、アルバイトをいくつも掛け持ちして月に70万円くらい稼いでいた男がいましたが、彼も純粋に目の前のことを全力で楽しんでいただけでした。

「設定型」と「展開型」。どちらが良くて、どちらが悪いということはありません。単にタイプの問題です。大切なのは、「自分にマッチした方を選ぶ」ということです。

僕は「設定型」ですが、「展開型」の人に対して、「あぁ、僕もあんなふうにダイナミックに生きたいなぁ」と思うことがよくあります。でもおそらく、僕が「展開型」の生き方をしてしまったら、最初は楽しいでしょうが、そのうち「自分がすべきことが他にあるんじゃないか・・・」という不安に襲われることになると思います。結局僕は「自分が設定した目標(理想)に対して計画を立てて、それに1歩1歩近づいていく」ということに満足感を感じるのです。

逆に、「展開型」の人が「設定型」の生き方をしてしまうと、最初はコツコツ頑張ることに満足感を覚えるでしょうが、そのうち「目の前にある楽しいことを犠牲にしている気がしてツラい・・・」という感じになると思います。

本当は、「設定型」と「展開型」の両方の良い部分を融合させた「第3の型」があれば良いのですが、そうは問屋が卸してくれません。したがって、やはり「自分のタイプを見極めて、自分にフィットした目標達成方法を実践すること」が何よりも重要なのです。

英語学習も同じ

もちろん、これは英語学習にも当てはまります。

Aさんにとってベストな英語学習法が、Bさんにとってベストとは限りません。なぜなら、人それぞれタイプがあるからです。「少しだけ手をつけて、すぐにあきらめてしまう」のは単なる知的怠慢ですが、「自分なりに精一杯努力しているのに、なかなか結果が出ず、しんどい・・・」という場合は、自分に合わない方法で勉強してしまっているのかもしれません。

「英語力を高めたい」という目標は同じでも、「設定型」の人は、TOEICなどの試験からスタートし、コツコツと英語力を高めていくのがよいかもしれませんが、「展開型」の人は、計画も何も立てずにいきなり海外へ旅立ち、実地で英語力を鍛えるほうがよいのかもしれません。

くり返しになりますが、最も大事なのは「自分にフィットした方法」で学習を進めることです。

つまり、「あなたに最適な英語学習法」を見出してくださいということです。

「何か違うな~」と思いながら取り組む英語学習は効果ゼロです。自分にフィットした学習法で楽しく勉強してこそ、英語力は大きく向上します。

あなたは「設定型」ですか?

それとも「展開型」ですか?

英語を本格的に勉強し始めるのは、あなた自身のタイプを冷静に分析してからでも遅くはありません。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2000名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/7/23  2000ダウンロード突破】 

  関連記事

TOEIC卒業を阻む最大の原因とは?

このブログの読者の共通の目標 このブログを読んで下さっているみなさまの年齢・性別・職業・TOEICを学習している理由などは本当に多種多様です。もちろんメインは20~50代の社会人の方ですが、ときどき10代の学生の方からメ …

【第4回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「環境」

「目標達成力を手に入れるための7つ道具」シリーズの第4回 目標達成力を手に入れるための7つ道具シリーズ、いよいよ第4回となりました。今回は7つ道具の4つ目を紹介したいと思います。 これまでの記事は以下の通りです。 【第1 …

無印良品「人をダメにするソファ」と目標達成力の関係性

無印良品「人をダメにするソファ」は最強 僕は引っ越しをする度に、無印良品の「人をダメにするソファ」を購入します。(※正式名称は、「体にフィットするソファ」です。) 今年2月に京都に引っ越したときも、一番最初に勝った家具( …

映画「ファウンダー」から学ぶ目標達成の2つの鍵

「ファウンダー」を観てきました 現在公開中の映画の1つに、マクドナルド創業者であるレイ・クロックの半生を描いた「ファウンダー」があります。 正確にはマクドナルドを創業したのはマクドナルド兄弟なのですが、そのあたりは今日の …

あなたの英語目標を達成するための3ステップ目標設定法

こんな悩みはありませんか? もしあなたが「自分が思うように英語力が伸びない」「自分なりに頑張ってはいるけれど、設定した目標がなかなか達成できない」「ちょっと英語に対する情熱が冷めてきちゃった」などの悩みを少しでも感じてい …

【第5回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「愛するテキスト」

【第5回】は「愛するテキスト」について 目標達成力を手に入れるための7つ道具シリーズ、今回は第5回です。 これまでの記事は以下の通りです。それぞれの記事は独立しているので、【第1回】から順に読んで頂く必要はありませんが、 …

目標スコアを達成したいなら「視点」を変えること

”視点”を変えるということ英語(TOEIC)学習に限らず、どんな分野でもそうですが、「諦めずにコツコツ勉強して目標を達成する人」「諦める人」に分かれます。その中間はありません。間違いなくどちらかに分かれます。「少しだけか …

ラクに生きるためのストイックになる

サラリーマンの1日サラリーマンをしていてつくづく感じることがあります。それは、「1日のほとんどの時間仕事してるなぁ」ということです。社会人としてどこかに属して働く以上、たとえ残業をしなかったとしても、基本的に「9時-17 …

【第2回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「自分時間」

「目標達成力を手に入れるための7つ道具」シリーズの第2回 前回の記事では「目標達成力を手に入れるための7つ道具」の1つ目として、Amazonが提供しているAudible(オーディブル)というサービスを紹介しました。 【第 …

頑張らないことが、英語上達の秘訣なのかもしれない

英語を上達させるために最も必要なものは何か?と聞かれたら「毎日続けること」が素直な答えになります。「シャドーイングすること」「発音記号を勉強すること」「それぞれの単語がもつ『イメージ』をつかむこと」などなど、具体的な話を …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes