英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

「現在のスコア」によって変わる「Part3・Part4の先読み」戦略

   

Photo credit: meolog via Foter.com / CC BY-NC-SA

一度は悩む「Part3・Part4の先読み」

TOEIC学習者であれば、誰でも一度は「先読み」というテクニックについて考えた(悩んだ)ことがあると思います。

あなたもご存知の通り、「先読み」とは「Part3およびPart4で、会話文を聞く前にあらかじめ設問(+できれば選択肢)に目を通し、『どんなことが問われているか』を把握した上で、狙いを定めて会話文を聞く」というテクニックのことです。

「先読み」については色々な主張があります。

「そもそも先読みはしなくてよい!」とか「先読みするときは、設問にも選択肢にも全て目を通すべきだ!」とか「いやいや、先読みは設問だけに目を通せばいいんだ!」などなど色々な主張があります。

実際には、一定以上のリスニング力を身につけてしまいさえすれば、「先読みをしてもしなくても」「設問&選択肢全てに目を通しても通さなくても」高いスコアが取れるわけなので、この議論自体に意味がないのかもしれませんが、自分のリスニング力に自信がもてないうちは、「どういう先読み戦略を取るのか」は非常に重要なポイントなのです。

「先読み」によってスコアが下がる

もし、自分の現在のスコアに合わない先読み戦略を取ってしまったとしたら、その戦略自体がスコアを下げる原因になりかねません。

例えば、たまたま手に取ったTOEIC本に「Part3・Part4の先読みは、設問&選択肢全てに目を通してください!」と書いてあったとします。それを見て「なるほど!」と思ってその方法を実践することに決めたとします。そこまでは良いのです。学んだことを実践に移すのは素晴らしいです。ただ、本当に実践に移す前にもう1つチェックすべきポイントがあります。

それが「現在の自分のスコア」なのです。

仮に現在のスコアが730点(L:360 R:370)だとしましょう。この状態で、「Part3・Part4の先読みは、設問&選択肢全てに目を通す」という方法を実践したらどうなるでしょうか?

おそらく「先読みのリズムがつかめず撃沈」ということになると僕は思います。

なぜなら、「Part3・Part4の先読みは、設問&選択肢全てに目を通す」ためには、730点(L:360 R:370)というスコアでは力不足だからです。少なくとも僕がそれくらいのスコアだったときは、Part3・Part4の設問はまだしも、選択肢にまで目を通すことはできませんでした。

大は小を兼ねない

余談ですが、人間心理の1つに「大は小を兼ねる」というものがあります。この言葉をPart3・Part4の先読みという文脈に当てはめると次のようになります。

「いちばん難しい先読みテクニックを練習しておけば、多少なりともスコアは上がるだろう!」

つまり、「自分は今700点前後だけど、『設問にも選択肢にも目を通す練習』しておけば、まぁスコアは上がるだろう!」という思考のことです。

僕の感覚では『設問にも選択肢にも目を通せる』ようになるのは、800点、いや800点後半くらいになってからのように思います。だって、今の僕でさえ、問題によっては選択肢全てに目を通し切れないことがありますから。

自分に負荷をかけて練習することは大切ですが、負荷をかけ過ぎるのは逆効果です。

700点台の人が「設問にも選択肢にも目を通す」のは負荷のかけすぎです。そうではなくて、まずは「設問を確実に先読みしてリテンション(=短期的に覚えておく)できている」という状態を目指してください。

「どんなことを問われるか?(=設問)をしっかりとリテンションできている状態」で会話文を聞けるようになれば、正答率は間違いなくアップします。

大は小を兼ねる!という考えは捨てて、着実に1つ1つレベルを上げていくという考えにシフトさせてください。遠回りに見える道こそが、実はいちばんの近道です。

というわけで、今回は「Part3・Part4の先読み」について解説させて頂きました。

先読みができるようになればリスニングセクションを攻略したも同然です。

地道に先読み力を向上させていきましょう。

☆お知らせ!レポート無料配布中★

2016年1月(旧形式)と2016年6月&11月(新形式)に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを配布しています。47ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに1500名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応です。
レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/4/9  1500ダウンロード突破】 

Pocket

  関連記事

リスニングした瞬間にタイムラグなく意味が取れるようになる方法

TOEICスコアを上げるためには、LかRか? TOEICの世界に足を踏み入れた人が必ず遭遇する1つの質問があります。 スコアを効率的に上げていくためには、最初にリスニングに集中すべきか、もしくはリーディングに集中すべきか …

TOEICには2種類の使い方がある

TOEICの2種類の使い方唐突ですが、TOEICには2種類の使い方があると僕は思います。1つ目が、「英語学習の通過点」としての使い方。2つ目が、「英語学習のゴール」としての使い方です。言葉を換えると、「英語学習の通過点」 …

TOEIC力アップのための「最大の近道」について

なんだかんだ言っても「情熱」は大切 あなたが貧困家庭に生まれ、顔面麻痺で言語障害となり、まわりからはイジメられ、両親が離婚。何十回もの退学処分を受けたら、自分の将来に希望を持てるだろうか?あるいは、そのような人を目の前に …

TOEICのスコアを200点以上アップさせるための「単語&文法」勉強法

TOEICのスコアが240点アップ「発音練習」・「単語暗記」・「文法書の精読」などの言葉は、聞いただけで面倒くさそうなイメージが伝わってきますが、実際その通りです。英語学習者がドロップアウトするのは、大抵このあたりです。 …

TOEIC本番前3日間の効果的な過ごし方

TOEIC本番前3日間は、1日1模試で決まりTOEIC本番までの3日間、つまり、TOEICは日曜日開催ですから、(木)(金)(土)ですね。この3日間の過ごし方は、僕がTOEICを勉強し始めた頃から一貫して変わりません。こ …

TOEICブログを上手に活用するための3つの方法

TOEICブログを上手に活用するために僕のブログも含めて、ネット上にはたくさんのTOEICブログが存在しています。僕もTOEICを本格的に勉強しようと決めてから今日に至るまで、たくさんのTOEICブログに目を通してきまし …

「知っている英語の文章をリスニングしているのに意味が入ってこない」人への処方せん

読めば分かるのに聞き取れない学習相談に乗っていると、この悩みを抱えている人が多いように感じます。ちなみに「知っている文章=読めばわかる文章」という意味です。なぜ「リーディングだったら意味が分かる文章なのに、同じ文章をリス …

英語(TOEIC)学習法についての“情報”自体に価値はない

「情報それ自体」に価値はない先日、僕は有料でセミナーを開催させて頂きましたが、その中で僕がお伝えした情報は、ごく一般的な当たり前のものばかりです。例えば、セミナーの中で「まずは英語の基礎力を固めましょう。基礎力を構成する …

「発音」と「単語」と「文法」結局どれを優先すべき?

「発音」と「単語」と「文法」どれを優先すべきなのか?僕なりにさんざん考えた結果、やはり英語の基礎力を構成するのは「発音」「単語」「文法」の3つだと思っています。これに確信がもてたのは英語学習マスターコーチである松本秀幸氏 …

京都のヤンキー(っぽい)女性に学んだ、英語力向上の3つの極意

京都に行ってきましたこの週末を使って京都に物件(自宅兼オフィス)探しに行ってきました。物件の1つ1つをつぶさに見ていくという感じではなく、あくまでも雰囲気が良いエリア・空気の流れがキレイなエリアを肌で感じるというざっくり …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes