英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

大事なのは「英語(TOEIC)学習法」か?「目標達成力」か?

   

このブログの2つのメインテーマ

このブログのメインテーマは2つあって、1つが「英語(TOEIC)学習法について」、もう1つが「目標達成力」についてです。

この2つを過不足なく身につけてこそ「目標(=例えば、TOEIC卒業)」を達成することができるのだと僕は考えています。

「英語(TOEIC)学習法」と「目標達成力」、この2つはどちらも非常に重要です。

しかし、強いて言うなら、「目標達成力」のほうが僕は大事だと思っています。

なぜなら「目標達成力」がある人は「適切な学習計画」が立てられますし、それにしたがって粘り強く勉強できる意思の力を備えているからです。

ただ、「目標達成力」と言っても、それが具体的に何を示すのかが曖昧だと思います。この曖昧をクリアにすることで「なぜ目標達成力がある人は、適切な学習計画が立てられるのか」が分かってきますので、解説していきたいと思います。

目標達成力の本質とは?

「目標達成力」とは、ズバリ「自分が立てた目標を達成できる力」です。そのままですね。

では、「自分が立てた目標を達成する」ためには何が最も重要でしょうか?

もちろん人それぞれ意見はあると思いますが、僕自身は「自分の課題を正確に認識できること」が最も重要だと思っています。

アインシュタインが次のような言葉を残しています。

If I were given one hour to save the planet, i would spend 59 minutes defining the problem and one minute resolving it.

(地球を救うために1時間の時間を与えられたとしたら、私は59分を問題の定義に使い、残りの1分を解決策の策定に使うだろう)

スケールの大きさは置いておくとして、大事なのは「『問題の定義』が何よりも重要である」ということです。

「問題の定義」=「自分の課題を正確に認識すること」です。

これが目標達成において最も重要だと僕は思っています。

「自分の課題を正確に認識する」

これは一見簡単そうに感じるかもしれません。しかし、実際はとても難しいです。

人は「自分の弱みを無意識で避けてしまう性質」をもっています。

僕もこの性質に苦しめられ、TOEICに関しては800点台前半でかなり無駄な時間を使ってしまいました。

当時の僕が「これが自分の課題だ!」と思っていたことは、全くもって課題ではなく、実は自分の気づいていなかったところに「本当の課題」があったのです。それに運よく気づくことができてからは、すぐにスコアがアップしていきました。

僕がフルコミのセールスをしていたときの話

さらに例をもう1つ。

過去に僕がフルコミッションのセールスの仕事をしていたときの話です。

仕事をし始めて約1年が経過したあたりで僕は大きなスランプを経験しました。

今まで売れていた商品が全く売れなくなったのです。(セールスの仕事に関わっている人は、このスランプの苦しさに共感して頂けるはずです。)

そのときの僕は「セールストーク」に原因があると考え、色々な本を読んだり、先輩の商談を観察させてもらったりして改善を図りました。そして、「よし!これでOK!」と思うまで改善を続け、それを実際に試してみました。・・・しかし、売れないのは変わりませんでした。

これがまさに「自分の課題を正確に認識できていない状態」です。

答えを言ってしまうと、課題は「トーク(=何を言うか)」ではなかったのです。

本当の課題は「表情や声のトーン(=どう言うか)」だったのです。

この事実に気づけてからは、やっぱり成績が回復していきました。

本当の課題は、見えないところに

何かに行き詰まってしまったとき、本当の課題はおそらく「今は見えていない場所」に隠れている可能性が高いです。

そのときは周りの人の意見に素直に耳を傾けて、自分自身を客観視することが大切だと僕は思います。

そうすれば、「本当の課題」に気づける瞬間がやってきます。

この記事の冒頭で僕は、

「目標達成力」がある人は、「適切な学習計画」が立てられますし、それにしたがって粘り強く勉強し続けられる意思の力を備えているからです。

と書きました。

今は何となくピンときませんか?

「目標達成力がある」ということは、「自分の課題を正確に認識できる力がある」ということです。

そして、「課題を正確に認識できる」ということは「それを改善するために立てる学習計画こそが、適切な学習計画」となります。

したがって、「目標達成力」がある人は、「適切な学習計画」が立てられるわけです。

「適切な学習計画」を立てて、それに取り組めば間違いなく結果が出ます。結果が出たらうれしいです。

だから継続できる意思の力が高まってくるのです。

なんだか「A=B、B=C、ゆえにA=C」みたいな話になってしまいましたが、ご理解頂けたでしょうか?

こうした考えが背景にあるので、僕は強いて言うなら「英語(TOEIC)学習法」よりも「目標達成力」の方が大事だと思っているのです。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2300名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/11/20  2300ダウンロード突破】 

  関連記事

僕はこの5つの法則のおかげでTOEIC990点満点が取れました

Before TOEICTOEICに興味をもつきっかけは人それぞれです。突然会社で「TOEIC800点が昇進の条件」だと決定したり、自分が就職したい企業がTOEIC800点を足きりラインに設定していたり、はたまた「特に意 …

目標を達成するコツは「狂わないこと」+α

アインシュタインの有名な名言 アインシュタインが次の言葉を残しています。 どんな問題も、それが作られたときと同じ考えのレベルで解決することはできない さらに次の言葉も残しています。 同じことを繰り返しながら、違う結果を望 …

【第4回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「環境」

「目標達成力を手に入れるための7つ道具」シリーズの第4回 目標達成力を手に入れるための7つ道具シリーズ、いよいよ第4回となりました。今回は7つ道具の4つ目を紹介したいと思います。 これまでの記事は以下の通りです。 【第1 …

「目標達成自動化環境」の作り方

目標達成は、自動化してこそ意味がある TOEICを勉強している方なら誰でも「目標」を設定していると思います。 「600点に到達したい」「730点を取りたい」「860点が欲しい」「900点を突破したい」などなど。 TOEI …

あなたの英語目標を達成するための3ステップ目標設定法

こんな悩みはありませんか? もしあなたが「自分が思うように英語力が伸びない」「自分なりに頑張ってはいるけれど、設定した目標がなかなか達成できない」「ちょっと英語に対する情熱が冷めてきちゃった」などの悩みを少しでも感じてい …

あなたは【目標レベル】を意識して英語(TOEIC)に取り組んでいますか?

僕はテレビゲームフリークだった ご存知の方もおられると思いますが、僕は昔テレビゲームフリークでした。オタクと言ってもいいくらいの時間とエネルギーをテレビゲームに捧げていました。ただ、ゲームといっても格闘ゲームとかシミュレ …

TOEIC卒業を阻む最大の原因とは?

このブログの読者の共通の目標 このブログを読んで下さっているみなさまの年齢・性別・職業・TOEICを学習している理由などは本当に多種多様です。もちろんメインは20~50代の社会人の方ですが、ときどき10代の学生の方からメ …

TOEIC(L&R)は、とにかく量をこなせばそれでOK!

僕のお気に入りの法則 僕は、結局のところTOEICのスコアを伸ばすためには、「量をこなすこと」がいちばん大事だと考えています。 量質転化の法則(=一定の量をこなしたら質が劇的に高まるという法則)が存在すること自体がその裏 …

うまくいかないときは、1つ前に戻るとうまくいく

困ったら、前に戻ればいい 僕が意識しているマインドセットの1つに「うまくいかないときは、1つ前に戻る」というものがあります。ちなみにマインドセットという言葉の意味は以下の通りです。 「マインドセット」とは、経験や教育、そ …

【第4回】人間関係を断捨離し、英語の学習時間を生み出す方法

第4回目のテーマは、「人間関係」の断捨離「断捨離して、英語の学習時間を生み出す」シリーズも第4回目となりました。第1回はコチラ⇒【第1回】英語の学習時間は、5つのテーマの断捨離によって生み出せる第2回はコチラ⇒【第2回】 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です