英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

【目標達成について】:Three of manyですべてがうまくいく

   

photo credit: Doug Kline via photopin cc

2017年の目標、立てました?

新年になるとほとんどの人が気持ちも新たに目標設定を行うと思います。

もちろん僕も目標設定に関してはこだわりをもっており、色々なツールを使って「この時期に何をやってどれくらいの結果を出す」というくらいまで具体的に目標を設定します。例えば昨年であれば、「TOEIC満点を3月までに取得し、それをまとめたレポートを作成し、1000名以上の方々に手に取って頂く」という目標を立て、ほとんどそれに近い結果を得ることができました。

目標については、「SMART(スマート)目標設定法」や「マンダラチャート」などを活用して効果的に立てて頂ければと思います。

一応、「目標設定 SMART」および「目標設定 マンダラチャート」でそれぞれ検索したときに、いちばん上にきたページへのリンクを張っておきます。

SMART目標設定
目標設定は「SMART」に

(※人によって、SMARTそれぞれの頭文字に異なる単語が使われている場合がありますが、そのあたりは自分のフィーリングに従って頂けたら問題ありません。大事なのは自分が心から達成したいと思える目標を設定することです。)

マンダラチャート
1年の計は元旦にあり!自分の目標を明確にできる

プロ野球の大谷選手のマンダラチャートは有名ですね!
大谷翔平選手を作り上げた目標達成用紙が凄い

でも、ほとんどの人が挫折する

こうしたツールを活用して目標を立てるのは有益ですが、大抵の人が途中で挫折します。その原因は決して「その人が怠惰であるから」ではなくて、「あまりにも多くを自分に課しすぎるから」だと僕は思っています。

例えば、簡単な例として「早起きをする」という目標について考えてみましょう。

早起きするために考えられるアクションとしては、「寝る前2~3時間は何も食べず、消化へのエネルギー負担を少なくする」「スマホ・PCなどのブルーライトを極力避ける」「寝る前にポジティブなことを考える」「リラクゼーション音楽を聞く」「アルコールを控える」「自分オリジナルの入眠儀式をもつ」「そもそも7時間は睡眠時間を確保する」「半身浴などによって上手く体温調節する」「次の日の準備を済ませてしまって気楽な気持ちで眠りにつく」「間接照明を取り入れる」などなど、「too many」なほどテクニックはあるわけです。

こうしたテクニックをまとめた「睡眠本」を読んだことがある人も多いのではないでしょうか。でも、はっきり言って、こうした「too many」な方法論の数々こそが挫折の最大原因です。いきなりたくさんのことを取り入れて良いことなんて1つもありません。人間は(少なくとも僕は)、そこまで器用ではないのです。

ゆえに、僕が提案したいのが次のスローガンです。

Three of manyですべてがうまくいく

Three of manyですべてがうまくいく

基本的に僕はこのスタンスです。

事実、僕がここ1年間、ほぼ毎日5時30分に起きることに成功していますが、そのために意識していることはたった3つです。

「寝る前2~3時間は何も食べないこと」
「ブルーライトを避けること」
「睡眠時間を最低6時間は確保すること」

これら3つだけです。

それで結果が出ているのですから、僕はOKなのです。

色々なテクニックに手を出して挫折するよりも、よほど良いと思うのは僕だけでしょうか?

この「Three of manyですべてがうまくいく」という考え方は、もちろん英語(TOEIC)学習にも当てはまります。色々な学習法を取り入れるのではなく、とにかく自分にフィットした「3つ」に絞って取り組むのが効果的です。

音読もリピーティングもシャドーイングもディクテーションも暗唱もオンライン英会話もボキャビルも発音練習もなにもかも取り入れるのではなく、得意な3つに絞ってください。結局のところ、どの学習法を採用したとしても、深い部分では全てつながっているわけですから、選んだ3つに集中すれば英語力は伸びます。

いちばん良くないのが少しずつ色々なものをかじって、結局続かないことです。中途半端がいちばんダメです。「『これ』と『これ』と『これ』をする!」と決めてしまってください!それが目標達成の大切なポイントです。

「Three of manyですべてがうまくいく」ぜひ意識して頂けたらうれしいです。2017年、着実に目標を達成していきましょう。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2400名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/12/12  2400ダウンロード突破】 

  関連記事

【第7回(最終回)】思い込みを捨て去れば、充分な学習時間を生み出せる

第7回(最終回)は、番外編。前回までで、「断捨離をして、英語の学習時間を捻出しよう」シリーズは一通り解説させて頂けたかと思います。第1回はコチラ⇒【第1回】英語の学習時間は、5つのテーマの断捨離によって生み出せる第2回は …

(株)LIGのモンスターブログ仕掛け人から学ぶ「自分に最適な英語学習法」

講演会に参加してきましたあなたはLIGという株式会社をご存知ですか?この会社のブログは月間800万回という莫大な数のアクセスを集めるモンスターブログなのですが、当然内容はおもしろく、僕もちょくちょく見ています。⇒LIG( …

【第4回】人間関係を断捨離し、英語の学習時間を生み出す方法

第4回目のテーマは、「人間関係」の断捨離「断捨離して、英語の学習時間を生み出す」シリーズも第4回目となりました。第1回はコチラ⇒【第1回】英語の学習時間は、5つのテーマの断捨離によって生み出せる第2回はコチラ⇒【第2回】 …

うまくいかないときは、1つ前に戻るとうまくいく

困ったら、前に戻ればいい 僕が意識しているマインドセットの1つに「うまくいかないときは、1つ前に戻る」というものがあります。ちなみにマインドセットという言葉の意味は以下の通りです。 「マインドセット」とは、経験や教育、そ …

映画「ファウンダー」から学ぶ目標達成の2つの鍵

「ファウンダー」を観てきました 現在公開中の映画の1つに、マクドナルド創業者であるレイ・クロックの半生を描いた「ファウンダー」があります。 正確にはマクドナルドを創業したのはマクドナルド兄弟なのですが、そのあたりは今日の …

【第6回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「アウトプットシステム」

【第6回】は「アウトプットシステム」について このシリーズもいよいよ佳境に差しかかかってまいりました。 今回は目標達成力を身につけるための7つ道具の6つ目、「アウトプットシステム」を紹介させて頂きたいと思います。 ※これ …

僕がTEDを英語学習に取り入れる理由

TEDは単なる英語学習ツールではないあなたは「TED」の存在をご存知でしょうか?TEDとは、ビジネス・学術・エンターテイメントなど各界の実力者たちが独創的なプレゼンテーションを行う講演会です。そのプレゼンテーションの模様 …

ラクに生きるためのストイックになる

サラリーマンの1日サラリーマンをしていてつくづく感じることがあります。それは、「1日のほとんどの時間仕事してるなぁ」ということです。社会人としてどこかに属して働く以上、たとえ残業をしなかったとしても、基本的に「9時-17 …

就職活動(就活)・転職活動とTOEICの関係。そしてキャリアデザイン。

このブログの読者の方々の年代このブログを読んで頂いている方々には、高校生から定年退職後の方まで様々いらっしゃいますが、やはりメインは大学生~30代の方々が多いように思います。僕も含めてこの世代にとっての最大の関心事の1つ …

【TED】アンジェラ・リー・ダックワース:「The key to success? Grit」を人生に活かす

成功のカギ? それは「グリット」 今回取り上げるTEDトークは、アンジェラ・リー・ダックワース氏の「The key to success? Grit(成功のカギは、やり抜く力)」というトークです。 動画の中では、「成功者 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です