英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

【目標達成について】:Three of manyですべてがうまくいく

   

photo credit: Doug Kline via photopin cc

2017年の目標、立てました?

新年になるとほとんどの人が気持ちも新たに目標設定を行うと思います。

もちろん僕も目標設定に関してはこだわりをもっており、色々なツールを使って「この時期に何をやってどれくらいの結果を出す」というくらいまで具体的に目標を設定します。例えば昨年であれば、「TOEIC満点を3月までに取得し、それをまとめたレポートを作成し、1000名以上の方々に手に取って頂く」という目標を立て、ほとんどそれに近い結果を得ることができました。

目標については、「SMART(スマート)目標設定法」や「マンダラチャート」などを活用して効果的に立てて頂ければと思います。

一応、「目標設定 SMART」および「目標設定 マンダラチャート」でそれぞれ検索したときに、いちばん上にきたページへのリンクを張っておきます。

SMART目標設定
目標設定は「SMART」に

(※人によって、SMARTそれぞれの頭文字に異なる単語が使われている場合がありますが、そのあたりは自分のフィーリングに従って頂けたら問題ありません。大事なのは自分が心から達成したいと思える目標を設定することです。)

マンダラチャート
1年の計は元旦にあり!自分の目標を明確にできる

プロ野球の大谷選手のマンダラチャートは有名ですね!
大谷翔平選手を作り上げた目標達成用紙が凄い

でも、ほとんどの人が挫折する

こうしたツールを活用して目標を立てるのは有益ですが、大抵の人が途中で挫折します。その原因は決して「その人が怠惰であるから」ではなくて、「あまりにも多くを自分に課しすぎるから」だと僕は思っています。

例えば、簡単な例として「早起きをする」という目標について考えてみましょう。

早起きするために考えられるアクションとしては、「寝る前2~3時間は何も食べず、消化へのエネルギー負担を少なくする」「スマホ・PCなどのブルーライトを極力避ける」「寝る前にポジティブなことを考える」「リラクゼーション音楽を聞く」「アルコールを控える」「自分オリジナルの入眠儀式をもつ」「そもそも7時間は睡眠時間を確保する」「半身浴などによって上手く体温調節する」「次の日の準備を済ませてしまって気楽な気持ちで眠りにつく」「間接照明を取り入れる」などなど、「too many」なほどテクニックはあるわけです。

こうしたテクニックをまとめた「睡眠本」を読んだことがある人も多いのではないでしょうか。でも、はっきり言って、こうした「too many」な方法論の数々こそが挫折の最大原因です。いきなりたくさんのことを取り入れて良いことなんて1つもありません。人間は(少なくとも僕は)、そこまで器用ではないのです。

ゆえに、僕が提案したいのが次のスローガンです。

Three of manyですべてがうまくいく

Three of manyですべてがうまくいく

基本的に僕はこのスタンスです。

事実、僕がここ1年間、ほぼ毎日5時30分に起きることに成功していますが、そのために意識していることはたった3つです。

「寝る前2~3時間は何も食べないこと」
「ブルーライトを避けること」
「睡眠時間を最低6時間は確保すること」

これら3つだけです。

それで結果が出ているのですから、僕はOKなのです。

色々なテクニックに手を出して挫折するよりも、よほど良いと思うのは僕だけでしょうか?

この「Three of manyですべてがうまくいく」という考え方は、もちろん英語(TOEIC)学習にも当てはまります。色々な学習法を取り入れるのではなく、とにかく自分にフィットした「3つ」に絞って取り組むのが効果的です。

音読もリピーティングもシャドーイングもディクテーションも暗唱もオンライン英会話もボキャビルも発音練習もなにもかも取り入れるのではなく、得意な3つに絞ってください。結局のところ、どの学習法を採用したとしても、深い部分では全てつながっているわけですから、選んだ3つに集中すれば英語力は伸びます。

いちばん良くないのが少しずつ色々なものをかじって、結局続かないことです。中途半端がいちばんダメです。「『これ』と『これ』と『これ』をする!」と決めてしまってください!それが目標達成の大切なポイントです。

「Three of manyですべてがうまくいく」ぜひ意識して頂けたらうれしいです。2017年、着実に目標を達成していきましょう。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2100名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/9/11  2100ダウンロード突破】 

  関連記事

僕はこの5つの法則のおかげでTOEIC990点満点が取れました

Before TOEICTOEICに興味をもつきっかけは人それぞれです。突然会社で「TOEIC800点が昇進の条件」だと決定したり、自分が就職したい企業がTOEIC800点を足きりラインに設定していたり、はたまた「特に意 …

TOEIC卒業を阻む最大の原因とは?

このブログの読者の共通の目標 このブログを読んで下さっているみなさまの年齢・性別・職業・TOEICを学習している理由などは本当に多種多様です。もちろんメインは20~50代の社会人の方ですが、ときどき10代の学生の方からメ …

あなたは【目標レベル】を意識して英語(TOEIC)に取り組んでいますか?

僕はテレビゲームフリークだった ご存知の方もおられると思いますが、僕は昔テレビゲームフリークでした。オタクと言ってもいいくらいの時間とエネルギーをテレビゲームに捧げていました。ただ、ゲームといっても格闘ゲームとかシミュレ …

【目標達成の本質】「TOEICの勉強、楽しいぃぃぃー!!」なんてことはない

TOEICを30~40回受けてきて思うこと 僕はこれまでTOEICを30~40回は受けてきました。 これだけ長くTOEICと関わっていると、たくさんのTOEIC学習者(=TOEICの先生含む)の方々と接する機会に恵まれま …

TOEICへのモチベーションが下がったときのための「3ステップ解決法」

TOEICスコアを2週間で100点あげる方法こういった甘いキャッチコピーが前面に押し出されている教材を定期的に見かけます。TOEIC学習者にとって、『スコア』は名刺みたいなもの。「できる限り時間をかけずに苦労せずに結果を …

【TED】アリアナ・ハフィントン:「How to succeed? Get more sleep 」を人生に活かす

ハフィントンポストの創設者のトーク今回は、ハフィントンポスト(http://www.huffingtonpost.jp/)の創設者である、アリアナ・ハフィントン氏のTEDトークを取り上げたいと思います。あまりにも長い動画 …

日々の時間管理(タイムマネジメント)に関して僕が心がけていること

ブロック化、ポモドーロ、マイクロスリープ世の中には時間管理(タイムマネジメント)についてのツールやノウハウがたくさん存在しています。どれも効果があるものだと思いますし、良いなと感じたものはどんどん取り入れて頂きたいです。 …

忙しくて勉強時間がとれない?なら賢く勉強するしかないでしょう!

ひとりの会社員の日常僕は普通の会社員として日々を過ごしています。たまに休日出勤はありますが、通常は(土)(日)が休み。さらに、繁忙期を除いて、基本的に夜は21時までには帰宅できています。なので、「毎日終電で帰っている」と …

【第2回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「自分時間」

「目標達成力を手に入れるための7つ道具」シリーズの第2回 前回の記事では「目標達成力を手に入れるための7つ道具」の1つ目として、Amazonが提供しているAudible(オーディブル)というサービスを紹介しました。 【第 …

世の中って、基本的に9割ぐらいの人は、社会人になって努力しない

僕たちはなぜ学ぶ必要があるのか? 教育の主要な役割は、学習意欲と学習能力を身につけさせることにある。学んだ人間でなく、学び続ける人間を育てることにあるのだ。真に人間的な社会とは、学習する社会である。そこでは、祖父母も父母 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes