英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

あなたは【目標レベル】を意識して英語(TOEIC)に取り組んでいますか?

   

僕はテレビゲームフリークだった

ご存知の方もおられると思いますが、僕は昔テレビゲームフリークでした。オタクと言ってもいいくらいの時間とエネルギーをテレビゲームに捧げていました。ただ、ゲームといっても格闘ゲームとかシミュレーションゲームなどには興味がなく、興味があるのは専らRPG(ロールプレイングゲーム)でした。

さすがに大人になってからは色々と忙しくなり、泣く泣くテレビゲームを封印しているわけですが、常に「またあの頃に戻るチャンス」をうかがいながら毎日を過ごしています(笑)先日新しいファイナルファンタジーが発売されたので、正直やりたくてたまらないのですが、そこは理性の力でコントロールしています。

・・・閑話休題。

今回お伝えしたいのは「いかにRPGが楽しいか」ではなくて、「RPG的に英語(TOEIC)に取り組むと、いかに効果的なのか」ということでした。

前置きが長くなりましたが、本題に入りたいと思います。

RPG的に英語(TOEIC)に取り組む

まず、「RPG的に英語(TOEIC)に取り組む」とはどういうことかというと、「RPGを攻略していくイメージでTOEICを攻略していく」という意味です。

RPGは、主人公のレベルを上げていき、その段階に応じて適切な強さのボスを倒すことで更に主人公が成長し、最後に最強のラスボスを倒すという流れでストーリーが進みます。

このプロセスをTOEIC学習に当てはめます。

主人公はあなたです。

自分のレベルに応じた強さの敵を倒すことでレベルを上げ、最後はラスボス(=目標スコア)を倒してTOEICを卒業する。こういう冒険をしていくイメージです。

そして、このTOEICRPGを攻略する上で大切なのが「自分のレベルに応じた強さの敵を倒す」という部分なのです。

「目標レベル」を意識できていますか?

ファイナルファンタジーでもドラクエでもポケモンでも何でもいいですが、基本的にRPGには「目標レベル」という概念が存在します。

「目標レベル」とは、「〇〇のステージに到達するためにはどのくらいのレベルがあると望ましいのか?」とか「どれくらいのレベルまで上げれば〇〇というボスを倒せるのか?」とかそういった「それをクリアするために求められるレベル」を意味します。

これを無視してRPGを進めると、まず間違いなく敵に返り討ちにあいます。つまりゲームオーバーになるわけです。

まぁ、それを経験して初めて「自分はまだレベルが低いんだ」と認識でき、心を入れかえてその辺の雑魚キャラを倒すことで経験値を積み、レベルを上げて、一回返り討ちにあった敵に再び挑戦するというプロセスはRPGの楽しさの1つなので、決して悪いことではないんですけどね(笑)

ただ、そうは言ってもそれが許されるのはゲームの世界だからです。現実はそう簡単にはいきません。

どういうことかというと、TOEICの壁の高さに絶望し挫折してしまうと、立ち直るのが難しいということです。

TOEICの世界にも「目標レベル」がある

TOEICの世界にも間違いなく「目標レベル」という概念が存在します。

自分のレベルに応じた適切な学習法があり、倒すべき適切な敵(スコア)があるのです。それを無視してしまってTOEICに返り討ちにあってしまう人がなんと多いことでしょう。

例えば、950点くらいが安定して取れるようになって初めてできるようになることを、現在600点くらいの人が「全然できません・・・」と悩んでみても意味がないのです。「それよりも先にやることがあるよ」としかアドバイスできません。「今のレベルが8の人」が「目標レベル30のステージ」に到達しようとしても、それは無理な話なのですから。

現実世界で挫折してしまうとその後のリカバリーが大変です。一旦失った自己肯定感(≒自信)を取り戻すのは簡単ではありません。言葉を変えると「自分はやっぱり英語はダメなんだ」と思い込んでしまった人が再び起き上がるには相当なエネルギーが必要になるということです。

自分を動機づける失敗は歓迎しますが、自分を激しく打ちのめす失敗はダメです。というか、そもそも後者のような失敗はする必要がありません。回避すればいいのです。回避するために求められるのが「目標レベル」の感覚です。

今の自分のレベルを客観的に分析してみてください。その上で「今の自分の学習法は適切だろうか?」「設定している今の目標スコアは適切だろうか?」と自分自身に問いかけてみてください。そこで何かの気づきを得ることができたなら、きっとあなたの英語(TOEIC)学習にポジティブな変化が訪れるはずです。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2400名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/12/12  2400ダウンロード突破】 

  関連記事

(株)LIGのモンスターブログ仕掛け人から学ぶ「自分に最適な英語学習法」

講演会に参加してきましたあなたはLIGという株式会社をご存知ですか?この会社のブログは月間800万回という莫大な数のアクセスを集めるモンスターブログなのですが、当然内容はおもしろく、僕もちょくちょく見ています。⇒LIG( …

大事なのは「英語(TOEIC)学習法」か?「目標達成力」か?

このブログの2つのメインテーマ このブログのメインテーマは2つあって、1つが「英語(TOEIC)学習法について」、もう1つが「目標達成力」についてです。 この2つを過不足なく身につけてこそ「目標(=例えば、TOEIC卒業 …

「TOEIC批判」への批判が非常にするどい件

茂木さんがTOEICを批判脳科学者の茂木健一郎さんのブログにTOEICへの批判記事がアップされていました。⇒「TOEIC批判」 茂木健一郎公式ブログよりこの記事は、単にTOEICを批判することが目的ではなく、TOEICを …

【第2回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「自分時間」

「目標達成力を手に入れるための7つ道具」シリーズの第2回 前回の記事では「目標達成力を手に入れるための7つ道具」の1つ目として、Amazonが提供しているAudible(オーディブル)というサービスを紹介しました。 【第 …

頑張らないことが、英語上達の秘訣なのかもしれない

英語を上達させるために最も必要なものは何か?と聞かれたら「毎日続けること」が素直な答えになります。「シャドーイングすること」「発音記号を勉強すること」「それぞれの単語がもつ『イメージ』をつかむこと」などなど、具体的な話を …

忙しくて勉強時間がとれない?なら賢く勉強するしかないでしょう!

ひとりの会社員の日常僕は普通の会社員として日々を過ごしています。たまに休日出勤はありますが、通常は(土)(日)が休み。さらに、繁忙期を除いて、基本的に夜は21時までには帰宅できています。なので、「毎日終電で帰っている」と …

【TED】アンジェラ・リー・ダックワース:「The key to success? Grit」を人生に活かす

成功のカギ? それは「グリット」 今回取り上げるTEDトークは、アンジェラ・リー・ダックワース氏の「The key to success? Grit(成功のカギは、やり抜く力)」というトークです。 動画の中では、「成功者 …

新しいスキル・知識・専門性を身につけるために僕が心がけていること

もっているスキルの量=人生の質・新しい仕事にチャレンジする・自分のキャリアをデザインしていく・素敵な人に出会い距離を縮める・高い英語力を身につける・突然降りかかってきた問題を解決するなどなど、日々を生きていると必然的に「 …

【目標達成の本質】「TOEICの勉強、楽しいぃぃぃー!!」なんてことはない

TOEICを30~40回受けてきて思うこと 僕はこれまでTOEICを30~40回は受けてきました。 これだけ長くTOEICと関わっていると、たくさんのTOEIC学習者(=TOEICの先生含む)の方々と接する機会に恵まれま …

【第4回】人間関係を断捨離し、英語の学習時間を生み出す方法

第4回目のテーマは、「人間関係」の断捨離「断捨離して、英語の学習時間を生み出す」シリーズも第4回目となりました。第1回はコチラ⇒【第1回】英語の学習時間は、5つのテーマの断捨離によって生み出せる第2回はコチラ⇒【第2回】 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です