英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

TOEICには2種類の使い方がある

      2016/11/05

Photo credit: zeng.tw via Foter.com / CC BY-NC-ND

TOEICの2種類の使い方

唐突ですが、TOEICには2種類の使い方があると僕は思います。

1つ目が、「英語学習の通過点」としての使い方。

2つ目が、「英語学習のゴール」としての使い方です。

言葉を換えると、「英語学習の通過点」とは、「自分の英語を伸ばすための手段としてTOEICを使う」ということであり、「英語学習のゴール」とは、「TOEICそのものを英語学習の目的にしてしまう」ということです。

それぞれ説明します。

「英語学習の通過点」として使う人

TOEICはあくまでも、その先にある自分の理想に近づくための手段であり、一定のスコアを獲得できたら、それ以上は深める必要がないというスタンスの人が、TOEICを「英語学習の通過点」として使う人です。

「仕事で昇格するために900点が必要」とか、「就活でエントリーシートに記入するために800点がほしい」とか「英語の基礎固めとしてTOEICに取り組もう」とか、そういった考えのもとTOEICに取り組んでいる人は、こちらのスタンスです。

昇格にしろ就活にしろ基礎固めにしろ、共通しているのは、「いかに早くその基準に達することができるか」が至上命題であるということです。

例えば、就活において、「よし!じっくり勉強して800点を取ろう!」なんてことを言っていたら、800点を取る頃には、就活そのものが終わってしまいます。いかに、早く目標を達成するかを常に考えているのが、こちらのスタンスの人たちの特徴です。できる限り合理的に学習を積み重ねていく人が多いです。

「英語学習のゴール」としての使う人

一方、こちらのスタンスの人たちにとってのTOEICは、「英語学習の目的そのもの」です。

TOEICの先に何らかの理想があるわけではなく、とにかくTOEICそのものに取り組むことに意義を感じている人々です。決してそれが悪いと言っているわけではありません。「自分の英語レベルを維持するため」だったり、TOEICの解答用紙A面のアンケートにあるように、「自己啓発のため」だったりにTOEICを活用することは適切な方法だと思います。

しかしながら、そういった英語力維持や自己啓発のレベルを超えて、必要以上にTOEICへと傾倒するのは、少し違うんじゃないかなぁと僕は思うのです。

最近僕は、英会話スクールに少しだけ関われるようになった関係で、今までよりも多くの英語学習者の方々と接する機会を頂いています。その中で感じるのは、「価値判断の基準がTOEICスコアになっている人がいる」ということです。TOEICのスコアが高いからスゴイ。低いからスゴくない。そんなことはありません。スコアで測れるのは、「TOEICにおける英語力」だけです。それ以外は測れません。


TOEICが全ての基準になっている人は、TOEICに傾倒しすぎています。必要以上にTOEICそのものが目的化しています。そして、そういう人たち同士でグループを組んでしまった日には、他の学習者を寄せ付けない、排他的な世界がそこにでき上がってしまいます。そこまでTOEICを目的化してしまうと、英語学習本来の楽しさが少なくなってしまうなぁと僕は思うのです。

自分のスタンスを明確にすること

TOEICという共通言語をもつ人たちの中では、「スコア」はお金みたいなものです。資本主義の社会においては、持っているお金の量に比例した影響力をもつことができます。同様に、TOEICの世界においては、もっているスコアに比例して、発揮できる影響力が大きくなります。影響力が大きいということは、「居心地がよい」ということです。

高いスコアを獲得すれば、周囲の英語学習者の方々に「すごいね」と言ってもらえます。何もしなくても一目置いてもらうことができます。だからこそ、ややもすれば、そこに安住してしまいそうになる。その居心地の良い空間に、ずーっと居続けたくなるのです。

実は、僕も最近そんな気分を味わいそうになっていました。つまり、「もともとはTOEICを英語学習の通過点として捉えていたのに、気がついたらどっぷり浸かっていて、TOEICが目的化してしまっていた」という状況に陥りかけたわけです。この中途半端な感じは最悪です。

TOEICを通過点として使うなら、さっさと目標スコアをクリアして、次のステージを目指すこと。

TOEICを英語学習そのものとして目的化するなら、いつまでもTOEICをともに人生を送ること。

どちらかのスタンスを堅持し、そこからブレないように学習を進めていくことができたなら、精神的な満足度は大きく向上すると思います。

僕が満点まで頑張ることができたのは、TOEICの先にある理想に少しでも近づきたかったからです。それを忘れかけていました。今歩みを止めて、居心地の良い空間に安住するわけにはいきません。

その意味で、僕は「英語学習の通過点としてTOEICを使う人」です。今後もこのスタンスを崩すことなく、英語と関わっていきたいと思います。

最後に1つ質問させてください。

あなたは、英語学習の通過点としてTOEICを使う人ですか?

それとも、英語学習のゴールとしてTOEICを使う人ですか?

☆お知らせ!レポート無料配布中★

2016年1月(旧形式)と2016年6月&11月(新形式)に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを配布しています。47ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに1500名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応です。
レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/4/9  1500ダウンロード突破】 

Pocket

  関連記事

リスニングした瞬間にタイムラグなく意味が取れるようになる方法

TOEICスコアを上げるためには、LかRか? TOEICの世界に足を踏み入れた人が必ず遭遇する1つの質問があります。 スコアを効率的に上げていくためには、最初にリスニングに集中すべきか、もしくはリーディングに集中すべきか …

人を強烈に行動に駆り立てる秘密を英語学習にあてはめると・・・?

TOEIC学習=地獄!?目標スコアを達成してサクッとTOEICを卒業してしまうためには、「目標達成のための必要最低限の英語基礎力(発音・単語・文法)を身につける」「色々な学習法にあれこれ手を出さず、TOEICのための学習 …

TOEICの問題を多解きしてスコアと自信を手に入れる方法

他人がヘラヘラしている間に努力するマルクス・アウレリウスの『自省録』、新渡戸稲造の『修養』、スマイルズの『自助論』など、自分を成長させるというテーマで書かれた名著には共通して「コツコツと時間をかけて粘り強く努力し続けるこ …

京都のヤンキー(っぽい)女性に学んだ、英語力向上の3つの極意

京都に行ってきましたこの週末を使って京都に物件(自宅兼オフィス)探しに行ってきました。物件の1つ1つをつぶさに見ていくという感じではなく、あくまでも雰囲気が良いエリア・空気の流れがキレイなエリアを肌で感じるというざっくり …

TOEICにおいてボキャビル(語彙力増強)は必要か?

 ボキャビルという言葉を知りました 最近、コンビニの雑誌コーナーに並ぶ雑誌の多くで「英語」が特集されているように感じます。入学や就職の時期には英語特集が売れるんだろうなぁと思いつつ、僕もそれに便乗して …

洋楽を使った英語学習のすすめ

洋楽は英語学習に効果的英語の基礎力(発音・文法・単語)が身についている人にとっては、「洋楽を使った英語学習」が非常に効果的です。英語の基礎力(発音・文法・単語)がない状態で洋楽を学習に取り入れてもあまり効果がありませんが …

「現在のスコア」によって変わる「Part3・Part4の先読み」戦略

一度は悩む「Part3・Part4の先読み」TOEIC学習者であれば、誰でも一度は「先読み」というテクニックについて考えた(悩んだ)ことがあると思います。あなたもご存知の通り、「先読み」とは「Part3およびPart4で …

英語の勉強って結局何から始めたらいいの?

「TOEIC」はあくまでも「英語力」を測るテストこのブログの読者の方々はTOEICに関心に持っている方がほとんどだと思いますが、あくまでもTOEICは英語力を測るテストであり、以下の図のような関係性が成立しています。要は …

英語のリーディング力を上げる方法【実践のためのヒント編】

今回は、実践のためのヒント編今回は、リーディング力をあげる方法シリーズの第3回目(最終回)です。英語のリーディング力を上げる方法【イントロ編】英語のリーディング力を上げる方法【学習方法編】を踏まえての内容となりますので、 …

英語の発音を身につけ、リスニング力をアップさせる方法

発音のトレーニング=僕の青春 僕の英語学習の原点は、高校2年生のとき、隣の席だった帰国子女の女の子の一言です。彼女は、言いました。「英語ができたら人生が2倍楽しめるよ」 何の根拠もないその言葉を真に受けて、僕は英語に強い …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes