英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

走ってる量でTOEICスコアは決まる

   

Photo credit: Foter.com

サッカーをしていました

あなたは学生時代スポーツをしていましたか?

僕はサッカーをしていました。

小学校から高校までやっていたので約10年間です。

その10年間で経験した練習試合や公式戦の数は膨大です。月に2回あるとしても、2回×12ヶ月×10年ですから240回です。それくらいの試合をこなしてきました。

良い勝負をして競り勝ってよろこんだ日もあれば、僅差で負けて涙を流した日もありました。

いずれにしても良い勝負をしたときは、勝っても負けてもなんだかんだ充実感はあるものです。

しかし、ごくたまに「笑っちゃうくらいボロ負けする試合」というのがありました。

手も足も出ず、もう途中でコールド負けを審判にお願いしたくなるくらいの試合があったのです。

しかも、そういうときに限って、相手は1軍の選手ではなく、2軍の選手だったりしますから、なおさら開き直るしかありません。

もはや、相手が人間とは思えませんでした。

何がこの差を作るのか

このような「とてつもない強さを誇るチーム」というのは、いわば各都道府県の代表として全国大会に出るようなチームです。

そうしたチームの強さはどこから来るのでしょうか?

・もともと才能あふれる子どもを入学させていること?

・設備が整っていること?

・有名なコーチが在籍していること?


もちろんそれらも要因だとは思います。

しかし、もっと根本的な要因があると僕は思っています。思っていますというか、そういう全国区のチームに所属していた友人から聞きました。

それは何かというと・・・、「走っている量」です。

そもそも、とてつもなく強いチームは走っている量が違うのです。

ウォーミングアップで10キロくらい走ってから練習開始というチームもあると聞いたことがあります。

10キロ走るなんて、普通のチームにとってみたら「月に数回の地獄の練習日」として扱われてもおかしくない距離です。

しかし、強いチームはそれを毎日こなしている。

「どれだけ走れるか」はサッカーの勝負を決める大きな要因ですから、毎日半端なく走っているチームが強いのは、ある意味当たり前の話なのです。

走るのは楽しいのか?

「走ること」を楽しめる人ってどれくらいいるのでしょうか?

僕はとにかく走ることが苦手(※長距離は超苦手、短距離は得意)なので、とにかく練習が辛かったです。

そうなので当然「走ること」が楽しいと思ったことはありません。

中には走ること自体によろこびを見出して、目を輝かせながら走っているチームメイトもいましたが、それは何十人に1人とかそういう確率だと思います。

おそらく、多くの人は「走ること」には苦しいイメージを抱いているのではないでしょうか。

「走ること=辛いこと、できればやりたくないこと。」こういう感じだと思います。

しかし・・・、強くなるためには走らないといけないのです。

走ることは全ての基礎であり、それがなければ、大きな結果を残すことはできないわけです。

TOEICでの大きな結果

ここまでの話はTOEICにも当てはまります。

TOEICにおける大きな結果とは何でしょうか?

僕は900点だと思っています。

それを達成するためには、「走ること=辛いこと、できればやりたくないこと。」に真正面から取り組む必要があります。

それをやり抜けるかどうかで、最終的なスコアが決まると言っても過言ではありません。

では、TOEICにおける「走ること」とは何でしょうか?

僕は「単語暗記」だと思っています。

僕の勉強不足なのかもしれませんが、「単語を覚えずに900点を取る方法」を僕は知りません。

さらに、「知らない単語が何個も出てきている英文をしっかりと読解する方法」も知りません。

だからこそ、僕は単語を覚えることには、(僕だって嫌でしたけど)フォーカスしてきました。

なので、僕にアドバイスを求めてくださる方には例外なく「単語は大事です」とお伝えしています。

足が止まったら負け

サッカーでは、試合中に最初に足が止まってしまったチームが負けることになります。

足が先に止まるということは「その日までの練習で走ってきた量が、相手よりも少なかった」ということを意味します。

TOEICでは、試験中に思考が止まった瞬間に負けが決定します。

思考は「聞こえてきた英語や書かれている英語が理解できなくなったとき」に止まります。

知っている単語が多ければ多いほど、思考が止まる確率は下がります。

模試などを解いて、間違えた問題を分析してみてください。

「単語の意味がわからなかったから文脈が追えなかった」というケースが多くないでしょうか?

もしそうなら、今こそ走るときです。

苦しいと思いますし、ぶっちゃけ嫌だと思いますが、その先に目標スコアがあるのは間違いありません。

あなたはしっかり走れていますか?



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2100名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/9/11  2100ダウンロード突破】 

  関連記事

「現状維持バイアスさん」と「目標達成欲求さん」を仲良くさせる方法

人間は本質的に「リスク」を嫌う 人間には現状維持バイアス(=status quo bias)というものが本質的に組み込まれています。 【現状維持バイアス】 未知なもの、未体験のものを受け入れず、現状は現状のままでいたいと …

ラダリング×日々の学習=楽々TOEIC800点

ラダリングを覚えれば、800点は取れる今回の記事では、「ラダリング」について解説していきたいと思います。ラダリングを覚えれば、TOEIC800点は軽々と超えていけるはずです。それくらい強力な武器となります。前置きはこれく …

あなたは【目標レベル】を意識して英語(TOEIC)に取り組んでいますか?

僕はテレビゲームフリークだった ご存知の方もおられると思いますが、僕は昔テレビゲームフリークでした。オタクと言ってもいいくらいの時間とエネルギーをテレビゲームに捧げていました。ただ、ゲームといっても格闘ゲームとかシミュレ …

世の中って、基本的に9割ぐらいの人は、社会人になって努力しない

僕たちはなぜ学ぶ必要があるのか? 教育の主要な役割は、学習意欲と学習能力を身につけさせることにある。学んだ人間でなく、学び続ける人間を育てることにあるのだ。真に人間的な社会とは、学習する社会である。そこでは、祖父母も父母 …

僕はこの5つの法則のおかげでTOEIC990点満点が取れました

Before TOEICTOEICに興味をもつきっかけは人それぞれです。突然会社で「TOEIC800点が昇進の条件」だと決定したり、自分が就職したい企業がTOEIC800点を足きりラインに設定していたり、はたまた「特に意 …

【第2回】目標達成力を手に入れるための7つ道具「自分時間」

「目標達成力を手に入れるための7つ道具」シリーズの第2回 前回の記事では「目標達成力を手に入れるための7つ道具」の1つ目として、Amazonが提供しているAudible(オーディブル)というサービスを紹介しました。 【第 …

TOEICへのモチベーションが下がったときのための「3ステップ解決法」

TOEICスコアを2週間で100点あげる方法こういった甘いキャッチコピーが前面に押し出されている教材を定期的に見かけます。TOEIC学習者にとって、『スコア』は名刺みたいなもの。「できる限り時間をかけずに苦労せずに結果を …

TOEIC(L&R)は、とにかく量をこなせばそれでOK!

僕のお気に入りの法則 僕は、結局のところTOEICのスコアを伸ばすためには、「量をこなすこと」がいちばん大事だと考えています。 量質転化の法則(=一定の量をこなしたら質が劇的に高まるという法則)が存在すること自体がその裏 …

大事なのは「英語(TOEIC)学習法」か?「目標達成力」か?

このブログの2つのメインテーマ このブログのメインテーマは2つあって、1つが「英語(TOEIC)学習法について」、もう1つが「目標達成力」についてです。 この2つを過不足なく身につけてこそ「目標(=例えば、TOEIC卒業 …

TOEIC卒業を阻む最大の原因とは?

このブログの読者の共通の目標 このブログを読んで下さっているみなさまの年齢・性別・職業・TOEICを学習している理由などは本当に多種多様です。もちろんメインは20~50代の社会人の方ですが、ときどき10代の学生の方からメ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes