英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

洋書は「刺激」を得るために読むものである

   

情報を得ることだけが目的なら、洋書は読まなくていい

※この記事は「ビジネス洋書」に特化して書いていきますが、たとえ「ビジネス」に興味がない方でも、「洋書を読むときに意識すること」という視点でこの記事を読んで頂けたら、何かしらの気づきが得られるはずです。

最近は少し熱が収まってきましたが、以前の僕はビジネス洋書に相当ハマっていて、けっこうな冊数を読み込みました。

ただ、これだけ情報が溢れている今日においては、「情報(=コンテンツ)そのもの」にはそれほどの価値がなく、その気になればほとんどの情報をネット検索で手に入れることができます。

例に漏れず、ビジネス洋書だってそうです。

基本的に、ビジネス洋書に書いてあることは「別に洋書じゃなくても、日本のビジネス書を読めば書いてある」場合がほとんどなのです。

学びの最大の敵

例えば、とあるビジネス洋書に次のフレーズがあります。

Anything you write should be aligned with a larger business goal―even an individual blog post.

「あなたが書くものはどんなものであっても、ビジネス上のより大きな目標に沿う(=その実現に貢献する)ものであるべきです。たとえそれが単なるブログ記事だとしても。」

おそらく知識としてはみんな知っている内容です。

要するに「自分がアウトプットするコンテンツに明確な意図をもたせましょう」という意味です。

こんな基本的なことは言われなくても分かってるよという感じですよね。

でも、これが危ないのです。

「言われなくても分かっているよ」という言葉は、表現を変えると「自分はすでに知っている」という意味になります。

The greatest enemy of learning is thinking that you already know.「学びの最大の敵は、自分はすでに知っていると思うこと。」

という言葉がある通り、「自分はすでに知っている」と思っている限りは、「本来学べること」を「学べない」可能性が出てきてしまうわけです。

これを防ぐための方法が「違った刺激を脳に与える」ということだと僕は思っています。

違う言葉で読むと、刺激が違う

例えば僕が日本語の本を読んでいて、「あなたが書くものはどんなものであっても、ビジネス上のより大きな目標に沿う(=その実現に貢献する)ものであるべきです。たとえそれが単なるブログ記事だとしても。」という言葉に出会ったとしたら、おそらく「そんなの知ってるよ」と流してしまいそうな気がします。

けれども、ビジネス洋書を読んでいて、「Anything you write should be aligned with a larger business goal―even an individual blog post.」という言葉に出会ったとしたら、なんだか脳の違う部分に刺激が来る感覚があるのです。

その刺激は質問を想起します。

「僕のブログ記事は、僕が達成したい目標に『aligned with』しているのだろうか?」と。

どんな分野でもそうだと思いますが、大きな結果を残す人は「誰でも知っているような当たり前のことを、非常に丁寧にこなしている人」だと思います。

あなたの周りにいる「すごい人」を観察してみてください。

きっとその人は、特に変わったことはしていないはずです。陳腐な表現ですが「当たり前のことを当たり前にやっている」人がほとんどではないでしょうか?

もしかしたら自分は理解できていないかもしれない

大切なのは「もうそんなことは知ってるよ」という情報に出会ったときに「知っていると思ったけど、もしかしたら自分は理解できていないかもしれない」と気づける感性だと思います。

その感性を高めるために僕が実践しているのが「ビジネス洋書を読んで、いつもと違った刺激を脳に与えること」なのです。

これは別にビジネス洋書である必要はありません。

大事なのは「普段とは違う言葉でインプットする」ということです。

ときどき「親切に日本語で書かれている本があるんだから、わざわざ洋書読む必要ないでしょ~。」と言う人がいますが、確かにそれは「情報」を得るという目的においては正しいと言えます。

でも僕は、情報を得ること自体にはたいして価値を置いていません。

大事なのは「何かに気づくこと」です。

その気づきを促進するために、僕は海外コンテンツを学んでいるのです。

洋書は「刺激」を得るために読むものだと僕は思います。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2400名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/12/12  2400ダウンロード突破】 

  関連記事

京都のヤンキー(っぽい)女性に学んだ、英語力向上の3つの極意

京都に行ってきましたこの週末を使って京都に物件(自宅兼オフィス)探しに行ってきました。物件の1つ1つをつぶさに見ていくという感じではなく、あくまでも雰囲気が良いエリア・空気の流れがキレイなエリアを肌で感じるというざっくり …

TOEICには2種類の使い方がある

TOEICの2種類の使い方唐突ですが、TOEICには2種類の使い方があると僕は思います。1つ目が、「英語学習の通過点」としての使い方。2つ目が、「英語学習のゴール」としての使い方です。言葉を換えると、「英語学習の通過点」 …

「現在のスコア」によって変わる「Part3・Part4の先読み」戦略

一度は悩む「Part3・Part4の先読み」TOEIC学習者であれば、誰でも一度は「先読み」というテクニックについて考えた(悩んだ)ことがあると思います。あなたもご存知の通り、「先読み」とは「Part3およびPart4で …

「発音」と「単語」と「文法」結局どれを優先すべき?

「発音」と「単語」と「文法」どれを優先すべきなのか?僕なりにさんざん考えた結果、やはり英語の基礎力を構成するのは「発音」「単語」「文法」の3つだと思っています。これに確信がもてたのは英語学習マスターコーチである松本秀幸氏 …

TOEIC本番前3日間の効果的な過ごし方

TOEIC本番前3日間は、1日1模試で決まりTOEIC本番までの3日間、つまり、TOEICは日曜日開催ですから、(木)(金)(土)ですね。この3日間の過ごし方は、僕がTOEICを勉強し始めた頃から一貫して変わりません。こ …

英語の発音を身につけ、リスニング力をアップさせる方法

発音のトレーニング=僕の青春 僕の英語学習の原点は、高校2年生のとき、隣の席だった帰国子女の女の子の一言です。彼女は、言いました。「英語ができたら人生が2倍楽しめるよ」 何の根拠もないその言葉を真に受けて、僕は英語に強い …

英語のリーディング力を上げる方法【実践のためのヒント編】

今回は、実践のためのヒント編今回は、リーディング力をあげる方法シリーズの第3回目(最終回)です。英語のリーディング力を上げる方法【イントロ編】英語のリーディング力を上げる方法【学習方法編】を踏まえての内容となりますので、 …

「好きなこと」×「英語」の組み合わせのマジック+α

自分の好きなことをすればいい 苦しいこと、つまらないこと、ワクワクしないこと。これらは遅かれ早かれ挫折を迎えます。 TOEICや英会話などの英語学習を筆頭に、ダイエットや早起きなど、多くの人々が挑戦しては失敗をくりかえす …

「TOEIC卒業前」と「TOEIC卒業後」の最大の違い

まずはTOEICをサクッと卒業しましょう 僕の基本的な主張は「できるだけ短期間でサクッとTOEICを卒業してしまい、その後より実践的な英語学習に入っていきましょう」です。 言葉を変えると、「まずは、インプット系スキル(= …

TOEIC力アップのための「最大の近道」について

なんだかんだ言っても「情熱」は大切 あなたが貧困家庭に生まれ、顔面麻痺で言語障害となり、まわりからはイジメられ、両親が離婚。何十回もの退学処分を受けたら、自分の将来に希望を持てるだろうか?あるいは、そのような人を目の前に …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です