英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

英語の勉強って結局何から始めたらいいの?

      2016/11/05

Photo credit: JuditK via Foter.com / CC BY-ND

「TOEIC」はあくまでも「英語力」を測るテスト

このブログの読者の方々はTOEICに関心に持っている方がほとんどだと思いますが、あくまでもTOEICは英語力を測るテストであり、以下の図のような関係性が成立しています。

english-toeic

要はTOEIC学習は英語学習の一部なのです。

実際に、高い英語力をもつ人が初めてTOEICを受験したところ、「いきなり満点取っちゃったー」みたいなことが起こります。以下はバイリンガールちかさんの動画です。

ネイティブは、TOEICで何点を取れるのか?

ただ、高い英語力をもつ人はTOEICでも高いスコアを出せると思いますが、逆は成り立ちません。色々な裏技的テクニックを駆使して、運よくTOEICスコアを上げた人の英語力が高いかと言うと、決してそうではないわけです。

あくまでも英語という器の中にTOEICが含まれるのです。

英語の基礎力を固めれば900点も可能

その意味で、英語力を高めることに焦点(フォーカス)を合わせた学習に取り組めば、自ずとTOEICの点数は上がるというのが僕の考えです。それも無理なく自然に上がります。英語力の基礎をしっかりと身につけることさえできれば、TOEIC800~900点は決して難しいスコアではありません。

ただ、もしかするとあなたはこう思っているかもしれません。

「いやいやふーじーさん。英語の基礎を身につけましょうと言われても何から始めたらいいのか分かりませんよ。教えてくださいよ。」

確かにその通りだと思いますので、早速解説したいと思います。

まず大前提として、英語の基礎力は「発音」「文法」「単語」によって形成されます。

この辺りはこのブログで配布しているレポートにも書かせて頂いるので、まだ未読の方はぜひ目を通してみてください。

そして、「発音」「文法」「単語」のうち、まず最初にどれに手をつけるべきかと言うと「発音」です。

その理由をお話しする前に、少しだけ僕のエピソードを。

550点だったスコアが短期間で880点

僕がTOEICを初めて受験したときのスコアは「550点」でした。

その後、受験するたびにスコアは上昇し、短期間で「880点」まで到達したのです。

当時はそうやってスコアが上がっていくのは普通のことだと思っていたわけですが、実は一般的にはそうでもないようです。(ただ、800点代から900点代へと突入するときにはだいぶ苦しみましたが・・・。)

なぜスムーズに500点代から800点代後半までスコアアップさせることができたのか?

その理由は間違いなく「発音に最初に取り組んだから」です。

なぜなら、僕が本格的に単語や文法の勉強に着手したのは、880点を取った後だからです。

あくまでも当時の僕のスコアの根拠は「発音トレーニング」にありました。(発音を最初にすべきだと教えてくれたのは、高校時代の同級生の女の子なのですが、その子には今でも感謝の気持ちが絶えません。)

発音の重要性に関して、TOEIC業界で有名な花田先生は以下のようにおっしゃっています。

発音は各自の頭の中にある音のイメージそのもの。私たちは中学・高校で相当な数の単語やフレーズを学んできていますが、それらの語句と実際の発音が脳内で結びついていなければ、読むことはできても、聴き取れないという状況に陥りがちです。

ゆえに、自分が勘違いしている音のイメージと実際にネイティブが発している音とのギャップを埋める必要があります。

                「TOEIC®テストこれから始めて高得点を狙う本」より引用

まさにおっしゃる通りだと思います。

要は、間違った発音で勉強すればするほど、あとで正しく矯正するのがより大変になるということです。

変なクセがつくと、後で矯正するのが大変

本番のリスニング試験では、当然「正しい発音の英語」が流れてくるわけですが、もし自分が間違った発音で単語を覚えていたとしたら、聞き取れるはずがありません。

結局のところ、最初に地味にコツコツと発音トレーニングに取り組むことが、英語力上達の近道になるのです。まぁ、ほとんどの人は発音トレーニングを極度に嫌がりますけどね・・・(苦笑)

ただ、どんな局面にも当てはまることだと思いますが、「大部分の人が嫌がることにこそ、正解がある」と僕は考えています。

ウォール街にも「Buy when others sell, Sell when others buy. (人が売るときに買い、人が買うときに売れ)」という言葉があるように、逆を行くことが大抵正解なのです。

発音を最初にすべき理由は他にもいくつかありますが、今日の例だけでも、その重要性を理解して頂けたのではないでしょうか。

重要性が理解できたなら実践あるのみです。

まずは本屋なりAmazonで自分にフィットする発音練習本を1冊手に入れましょう。できれば動画がついているものを選んでください。1冊手に入れたらその内容を徹底的に自分のものにしてください。

できるようになってきたら、スマホやICレコーダーに自分の発音を吹き込んでみて、自分の耳で自分の声を聞いてみてください。そして、正確に発音できているかどうかを厳しくチェックしてください。

そうした小さなことの積み重ねが、飛躍的な英語力の向上、ひいてはTOEICスコアの劇的なアップにつながります。

まず取り組むべきは発音練習。

これを合言葉にしていきましょう。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート
2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに1700名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/5/22  1700ダウンロード突破】 

Pocket

  関連記事

TOEICスコアの底上げに貢献する「○○」について

TOEIC700点台だったときの僕を救ってくれたものまず1つ質問をさせてください。あなたはTOEICの問題集や模試を解いたあとに、しっかり復習ができていますか?ここで自信を「できています!」と答えられない場合は少し危険で …

リスニングした瞬間にタイムラグなく意味が取れるようになる方法

TOEICスコアを上げるためには、LかRか? TOEICの世界に足を踏み入れた人が必ず遭遇する1つの質問があります。 スコアを効率的に上げていくためには、最初にリスニングに集中すべきか、もしくはリーディングに集中すべきか …

「好きなこと」×「英語」の組み合わせのマジック+α

自分の好きなことをすればいい 苦しいこと、つまらないこと、ワクワクしないこと。これらは遅かれ早かれ挫折を迎えます。 TOEICや英会話などの英語学習を筆頭に、ダイエットや早起きなど、多くの人々が挑戦しては失敗をくりかえす …

「発音」と「単語」と「文法」結局どれを優先すべき?

「発音」と「単語」と「文法」どれを優先すべきなのか?僕なりにさんざん考えた結果、やはり英語の基礎力を構成するのは「発音」「単語」「文法」の3つだと思っています。これに確信がもてたのは英語学習マスターコーチである松本秀幸氏 …

英語のリーディング力を上げる方法【イントロ編】

リーディング力を上げるには、結局何が必要なのだろうか?最近、色々な方から学習相談を受ける中で、「TOEICで、リスニングはわりと点数が取れるけど、リーディングがさっぱりダメ」という悩みを抱えている方が、意外と多いなぁとい …

TOEICには2種類の使い方がある

TOEICの2種類の使い方唐突ですが、TOEICには2種類の使い方があると僕は思います。1つ目が、「英語学習の通過点」としての使い方。2つ目が、「英語学習のゴール」としての使い方です。言葉を換えると、「英語学習の通過点」 …

TOEIC力アップのための「最大の近道」について

なんだかんだ言っても「情熱」は大切 あなたが貧困家庭に生まれ、顔面麻痺で言語障害となり、まわりからはイジメられ、両親が離婚。何十回もの退学処分を受けたら、自分の将来に希望を持てるだろうか?あるいは、そのような人を目の前に …

「知っている英語の文章をリスニングしているのに意味が入ってこない」人への処方せん

読めば分かるのに聞き取れない学習相談に乗っていると、この悩みを抱えている人が多いように感じます。ちなみに「知っている文章=読めばわかる文章」という意味です。なぜ「リーディングだったら意味が分かる文章なのに、同じ文章をリス …

リスニング上達法~洋楽好きな人が急激にTOEICスコアを伸ばす理由~

洋楽好きな人のTOEICスコアが高い理由 僕は仕事柄、1日のほとんどの時間を「TOEICを勉強している方」と過ごしています。そのおかげで日々たくさんの気づきをいただくことができています。 今日はその中の1つを紹介したいと …

英語(洋書・論文etc)を読むときの5つのコツ

英語を読むのは一石二鳥僕の最近の英語学習は、もっぱら洋書の多読です。自分が興味のある分野の洋書を読んでいるときの一石二鳥感はハンパではないので、ぜひあなたにも洋書多読をオススメしたいわけですが、誰でも簡単にできることかと …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes