TOEIC学習の成否を決める「1つの視点」

僕がよくお伝えするアドバイス

TOEICの学習相談を受けたとき、僕がよくお伝えしているアドバイス1つに、次のものがあります。

TOEICを自分に合わせるのではなく、自分をTOEICに合わせてください。

というアドバイスです。

ピンときますでしょうか?

この視点をもっているかどうかで、TOEIC学習が順調に進むか、行き詰まってしまうかが決まると言っても過言ではありません。それほど重要な視点なのです。

僕自身、この視点でTOEIC学習に取り組めるようになってから、スコアが一気に上がった記憶があります。

今回の記事は、この視点についてお話ししていきたいと思います。

人は誰でもみんな「フィルター」をもっている

まず前提として、人は誰でもみんな「フィルター」を持っています。

簡単に言うと、「フィルター」とは「物事の解釈の仕方」です。

例えば、英語力を上げるために、「TOEICは役に立つ」と解釈している人もいれば、「TOEICは役に立たないツール」と解釈している人もいます。

TOEIC自体は中立です。

それぞれの人の「フィルター」によって、そこに色がついているわけです。

お互いがお互いの「フィルター」を強く守っている状態では、無視し合うか、ぶつかり合うかしかありません。

けれども、お互いがお互いのフィルターを尊重し、「少しだけ自分のフィルターを壊すこと」ができれば、双方は歩み寄れるわけです。これがコミュニケーションというものだと僕は考えています。

ただ、実は、ちょっと変則的なコミュニケーションも可能です。

完全に自分のフィルターを壊す

それは、「片方が完全に自分のフィルターを壊してしまう」ということです。

つまり、「自分を捨てて100%相手を受け入れる」というコミュニケーションです。(これをやると間違いなく相手に好かれますが、副作用として自分がしんどくなります。なので、短期的なドーピングとして使うのが効果的です。)

この方法は、いわば片方が犠牲になるわけなので、あまり良いコミュニケーションではないと思いますが、「どうしても相手とコミュニケーションが取りたくて、かつ、相手が全く歩み寄ってくれないとき」に限っては、使わざるを得ない方法だと僕は考えています。

で・・・、TOEIC学習とは、まさにこういう状態なのです。

どうしても相手(TOEIC)とコミュニケーションを取りたいのに、相手(TOEIC)が全く歩み寄ってくれない

この状態で行うのがTOEIC学習なのです。

勉強とイライラは、セット

TOEICの勉強をしているとイライラすることがあると思います。

「何でこれが正解になるんだよ!」とか、「この日本語訳が納得いかねぇ!」とか、「問題が最悪!」とか、「理由ないけどTOEICムカつく」とか、色々あると思います。

でもですね、TOEICは歩み寄ってくれないんですよ。

どれだけこっちがあがいても、全くこっちには歩み寄ってきてくれません。

だからもう、こっちが合わせるしかないのです。

「TOEIC」に対する自分のフィルターを完全に壊してしまって、全面的にTOEICのフィルターを受け入れる。

この「ある種のあきらめ」が、スコアアップのための大事な鍵になります。

「納得いかないけど、まぁそういうものとして受け入れよう」という姿勢でTOEIC学習に取り組むことができれば、意外と学習はスムーズに進みます。

こういう背景のもと、僕は「TOEICを自分に合わせるのではなく、自分をTOEICに合わせてください」とアドバイスしています。

勉強していてイライラしたときに、ちょっとだけ今回の話を思い出してみてください。

いつもシェアして頂き感謝です!☺️


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計6回)

その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

55ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに3600名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2018/10/31 3600ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です