英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

次の問題集に進むタイミングを見極めるたった1つのコツ

   

photo credit: MrJamesBaker White Arrow Direction on Black Pavemet via photopin (license)

次の問題集に進むタイミング

僕がよく頂く質問の1つに「次の問題集に進むタイミング」についてのものがあります。

具体的にいうと「今、Aという問題集を使って勉強しているが、それをどれくらいやり込めば、次のBという問題集に手をつけ始めて良いか」という質問です。

そのタイミングを判断するためのコツは、たった1つしかないと僕は思っています。

たった1つのコツ、あなたは何だと思いますか?

回数でしょうか?(=1つのパッセージにつき音読を50回やったらOKなど)

時間でしょうか?(1つの問題集を使ってトータル50時間勉強したらOKなど)

もしかすると、「次に進まなくても、ずーっと同じ問題集をくりかえし続ければいい」と思われる方もいるかもしれません。

これらのような視点も間違ってはないと思います。思いますが、僕が考える「たった1つのコツ」はそれらとは違うのです。

負荷がかからなくなったら次へGO

僕が考えるコツとは、「負荷がかからなくなったタイミング」です。

「負荷をかける」というフレーズをweblio辞書で検索すると、

より多くの処理やエネルギーの消費を伴う作業をさせることなどを意味する表現

とあります。

つまり、「エネルギーをより多く消費している」と感じなくなったら、負荷がかからなくなったということです。

具体的に言うと、その問題集を解くなり、シャドーイングするなりしていて、「いやー、キツイ・・・」と思わなくなったら負荷がかからなくなったサインです。

そうしたら次に進んでください。それ以上やっても意味がありません。

1冊の本を何度も何度もくりかえしていると「答えを完全に覚えてしまった」という状態になってくると思います。

答えを覚えてしまっている問題を解いていて、自分に負荷をかけ続けることができるでしょうか?

僕はできないと思います。

したがって、負荷がかからなくなったら、次の問題集に進んだほうがいいわけです。

注意すべき勘違い

ただ、1点だけ注意があります。

それは「負荷がかからなくなった状態」と「負荷をかけていない状態」を勘違いしてはいけないということです。

負荷をかける方法は「問題を解く」ということだけではありません。

問題の答えを暗記してしまうくらいやり込んだとしても、「今日は問題を解くのではなく、この問題集に出てきている単語の中で知らないものを全部潰そう」という視点でその問題集に取り組めば、違った種類の負荷をかけることができます。

ほかにも、「今日は流暢な発音で音読することを意識しよう」と決めてトレーニングすることでも、違った負荷をかけられるかもしれません。

このように様々な角度から1冊の問題集に取り組み、それらを苦もなくこなせるようになった状態が、「負荷がかからなくなった状態」です。

「負荷をかけていない状態」とは天と地の差があるので注意してください。

ここまでの話を踏まえて、本当に「負荷がかからなくなった状態」だと思えたときこそ、次の問題集に進むタイミングです。

数をこなすことは避けて通れない

例えばTOEICで900点くらいのハイスコアを取る狙う場合は、「解く問題の絶対量」が非常に重要になります。

1冊を丁寧にやり込むことは確かに重要ですが、だからと言って「たくさんの問題を解かなくてもいい」ということにはなりません。

「徹底的に1冊をやり込むからスコアが上がる」のではなくて、「徹底的に1冊をやり込みつつも、数をこなす」からこそスコアが上がるわけです。

「そんなこと、自分は時間がないからできない」と思われる方もいると思います。

でも、それが現実なのです。

自分をどれだけ追い込めるかが、最終的に獲得できるスコア、ひいては英語力そのものに直結すると僕は思っています。

今回の記事の内容を参考にして頂きつつ、たくさんの問題に触れていってください。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2400名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/12/12  2400ダウンロード突破】 

  関連記事

リスニングした瞬間にタイムラグなく意味が取れるようになる方法

TOEICスコアを上げるためには、LかRか? TOEICの世界に足を踏み入れた人が必ず遭遇する1つの質問があります。 スコアを効率的に上げていくためには、最初にリスニングに集中すべきか、もしくはリーディングに集中すべきか …

英語(TOEIC)学習法についての“情報”自体に価値はない

「情報それ自体」に価値はない先日、僕は有料でセミナーを開催させて頂きましたが、その中で僕がお伝えした情報は、ごく一般的な当たり前のものばかりです。例えば、セミナーの中で「まずは英語の基礎力を固めましょう。基礎力を構成する …

TOEIC(L&R)は、とにかく量をこなせばそれでOK!

僕のお気に入りの法則 僕は、結局のところTOEICのスコアを伸ばすためには、「量をこなすこと」がいちばん大事だと考えています。 量質転化の法則(=一定の量をこなしたら質が劇的に高まるという法則)が存在すること自体がその裏 …

人を強烈に行動に駆り立てる秘密を英語学習にあてはめると・・・?

TOEIC学習=地獄!?目標スコアを達成してサクッとTOEICを卒業してしまうためには、「目標達成のための必要最低限の英語基礎力(発音・単語・文法)を身につける」「色々な学習法にあれこれ手を出さず、TOEICのための学習 …

TOEICリスニングセクション攻略の鍵は「リーディング力」である

社長イスでTOEICを受験 先日の223回TOEIC(L&R)は、いつもの京都ではなく東京の有明で受験しました。 カンファレンスセンター的な、ものすごくキレイな会場でした。 しかも、小さめの部屋で空調の状態も絶妙。 さら …

バケツの穴をふさげ!~基礎は100%に~

高校のときは寮で生活していました 僕は高校のときに寮生活をしていました。寮には規則がありますので、基本的には全員が同じようなタイムスケジュールで1日を過ごします。 したがって「勉強時間」も全く同じです。 僕が暮らしていた …

破壊力抜群の「掟」&TOEIC当日のマインドセット

スコアを大きく左右する破壊力抜群の「掟」 この記事は自分への自戒の気持ちを込めて書いています。 僕は以前このような記事を書きました。 →TOEIC本番前3日間の効果的な過ごし方 僕自身が「自分自身のスコアアップ」にコミッ …

TOEIC800点台後半をもっている人は、一瞬で900点台にいける

僕のサービスは「作ってもらっている」 僕が現在提供しているサービスは、 ①TOEICRPGセミナー(⇒来月から「誰でも900点が取れる勉強法セミナー」に名称変更します。) ②TOEIC卒業3ヶ月マンツーマンコーチング ③ …

TOEICのスコアを200点以上アップさせるための「単語&文法」勉強法

TOEICのスコアが240点アップ「発音練習」・「単語暗記」・「文法書の精読」などの言葉は、聞いただけで面倒くさそうなイメージが伝わってきますが、実際その通りです。英語学習者がドロップアウトするのは、大抵このあたりです。 …

「発音」と「単語」と「文法」結局どれを優先すべき?

「発音」と「単語」と「文法」どれを優先すべきなのか?僕なりにさんざん考えた結果、やはり英語の基礎力を構成するのは「発音」「単語」「文法」の3つだと思っています。これに確信がもてたのは英語学習マスターコーチである松本秀幸氏 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です