ブログのクオリティを上げるために、自己投資を始めました

ライティングスキル(※日本語)を高めるための自己投資

このブログ「英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする」を立ち上げたのは2015年1月ですが、ブログそのものを始めたのはもっともっと前です。

最初はアメブロを使って日記ようなブログを書いていたことを覚えています。

そのときから現在に至るまで、僕は文章について体系的に学んだことがありませんでした。「文章を書く」というアウトプットをくりかえし、自分なりに改善点を見つけ、それを修正しながら再び文章を書く。この流れで自分なりの書き方を作ってきました。

でも、やはりオンラインをメインにして事業をしていく以上、ちゃんと自分の媒体(ブログ)を運営することは必須だと思ったのです。

なので、ここらでいっちょ「プロから学ぼう!」と思うにいたり、実際に行動に移したわけです。

選んだのは天狼院ライティングゼミ

ちょうど僕の家から徒歩10分くらいのところに京都天狼院(=現在鬼のような成長を見せている次世代の本屋さん)があるので、そこのライティングゼミに申し込みました。

この講座(ゼミ)では、読まれる文章を体系的に学ぶことができ、現時点で2回目の講義が終わったところですが、もうすでに元は取れたような感じがしています。

このゼミでは毎週の宿題があり、2000文字以上の記事の提出が求められます。それを担当の方がチェックして、「アップしてOK」と判断されたものは、天狼院書店のブログにアップされるというわけです。

ちなみに、僕が先日提出した記事は次の通りです。この記事は、もろに英語に関係する記事なので、リンクを張っておきます。(※英語力を身につけるのが早ければ早いほど、人生を2倍楽しめる時間が長くなります。そうしたことについて書きました。)



サーティワンの前を通るだけで僕がニヤニヤする理由



プロから直接習うということ

こうして講座に参加してみて、「何かを身につけたいなら、サッサとプロから習うべき」だとあらためて感じました。これだけ時代の流れが速いと、悠長にかまえていたら一瞬で取り残されてしまいそうな恐怖感があります。

自分の力でやろうとして1年かかることでも、プロにちゃんと習えば、それが1ヶ月とか2ヶ月とかで可能になってしまうのは普通です。しかも、現在のようなソーシャル時代においては、そうしたプロの人たちとSNSを通じて簡単に接することができます。これは利用しない手はないでしょう。

例えば、3ヶ月後に大きなチャンスがあるとします。そのチャンスを、なんとしてもGETしたいと思っているとします。ただ、そのチャンスをものにするためには、特定のスキル(文章力やTOEICスコア等)が必要になるとしましょう。

そのスキルを身につけるために、自力では1年かかってしまうとしたら、3ヶ月後のチャンスは間違いなく逃すことになります。なぜなら、間に合わないからです。

でも、プロの力を借りて2ヶ月でマスターすることができたなら、その3ヶ月後のチャンスは自分のものになります。

こうした少しの差が、最終的に巨大な差となって、自分の人生に影響してしまうのだと僕は思うのです。

無駄なことをせずにすむから結果が出るのが早い

実際に僕自身も会社から独立するときは、コーチにマンツーマンでついてもらって、サポートを受けながら立ち上げを行いました。

さらに現在は、英語のスピーキングもプロの先生からマンツーマンで学んでいます。スピーキングのほうはまだ始まってからまだ1ヶ月しか経っていませんが、「スピーキングって簡単なんだ」と思い始めています。自分でもびっくりです。

そして、今回のライティングゼミへの参加。

こうした実体験を通して、「時間をお金で買うこと」「自分自身に投資すること」こうした考え方の重要性を再認識することができました。

アメリカ建国の父と呼ばれるベンジャミン・フランクリンが次の言葉を残しています。

An investment in knowledge always pays the best interest.

(知識への投資は、 常に最大の利益をもたらす。)

これからも積極的に“価値あるもの”にお金を使っていきたいと思います。


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。

その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに2400名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2017/12/12 2400ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です