英語(TOEIC)をきっかけに人生を良くする

~英語(TOEIC)を媒介として人生のクオリティを上げていく~

あっという間に900点を超える人の復習法

   

復習する余裕なんてない

復習の重要性については、今ここであらためて訴える必要はないと思います。

誰だって「復習はメチャメチャ重要」だと認識しているはずです。

けれども、できている人は決して多くないと思います。

なぜなら、復習は面倒くさいですし、そもそも、その日のノルマをこなした時点でエネルギーがゼロになっていることがほとんどだからです。

僕も10000問ノックに挑戦していたときはそうでした。

はっきり言って、1日200問を解くとそれだけでお腹いっぱいですから、復習をする余裕なんてなかったのです。

しかし、頭では同時に「復習をしないとスコアが伸びない」ということも理解していました。

なので、気力を奮い起こして復習に取り組んだのです。

とにかく疲れていて辛い日もありましたが、そこで「今日は復習しなくていいや」と自分を甘えさせなかったことが結果につながったのだと思っています。

なぜ復習が重要なのか?

冒頭でも触れた通り、復習の重要性については誰でも理解していると思います。

しかし、こう考えてみたことはおありでしょうか?



なぜ、復習が重要なのか?



復習の重要性を感覚で認識するだけでなく、理屈でも理解しておくことが大切だと思いますので、ここで解説させて頂きたいと思います。

まず大前提として、復習は何のために行うのかを知っておく必要があります。

復習は「知らなかった知識を、知っている知識に変えるため」に行うものだと僕は考えています。

言葉を変えると、「間違えた問題を、間違えなくするため」に行うということです。

TOEICでスコアを上げる方法は、「間違えてしまう問題数を減らしていくこと(=正解できる問題数を増やしていくこと)」しかありません。

その意味で、「復習すればスコアが上がる」のは間違いないのです。

したがって、「なぜ復習が重要なのか?」という問いに対する僕の答えは「スコアが上がるから」となります。

自分は「暗記が苦手だから・・・」は克服できる

人間の記憶力は大したことありません。

2~3日前に暗記した単語を丸々忘れてしまうのが普通です。そもそも「人間は忘れる生き物」だと言われています。でも、復習によって、忘れる度合いを小さくすることができるのです。

ただ、逆に言えば「復習をしなかったら際限なく記憶が忘れ去られていく」ということなのです。

「問題を解く→解説を読んで理解する」というプロセスだけでは、「頭の中にかろうじて記憶が残っている状態(=短期記憶)」に過ぎません。

「かろうじて残っている記憶」を「しっかり定着している知識」に変換することが求められます。そして、

そのためには、何度も何度もくりかえして知識を頭に刷り込むしかないのです。

「自分は暗記が苦手なんです・・・」という悩み相談をよく受けます。その中でもいちばん多いのが「単語が覚えられない」という悩みです。

確かに暗記は楽ではありません。でも、悩む前に「夜寝る直前」と「朝起きた直後」にそれぞれ10分ずつ、単語を復習する時間を取ってみてください。おそらく「暗記が苦手」という悩みは克服できます。

900点を取る人は、例外なく復習に力を入れている

僕がこれまで指導させて頂いてきた方の中で、900点を超えた方は、もれなく復習に力を入れておられました。

「間違えた問題と同じような問題に今後出会ったら、絶対に間違えない」という気持ちで復習に取り組むのが900点を超える人たちの特徴です。

その一例として、700点台だったスコアを2~3ヶ月で900点まで上げた方の復習内容を紹介させていただきます。(僕にチャットで送ってきてくださったものをそのまま貼り付けます。)

《リスニング振り返り》



●誤答の原因

【聞き取れないフレーズ/リンキング】

・What did they(→What today??と勘違いし混乱)

・There’s(→「ザズ」としか聞こえず)

・Won’t we be late(→Won’tの否定疑問文が苦手。「ウォン」という音であると把握、意味は「~しないですよね?」)

・phoned to do(→聞き取れないと電話であることが読み取れない)

・all our model(→older modelと勘違い)

【言い換えキーワード聞き取れず】

・I’m working on ●●→repair shop

・departure delay→departure time was changed

【集中力の欠如】

・問題文の聞き逃し→適当マーク(消去法の使用もままならない)



《リーディング振り返り》



part5で3ミス、part6で2ミス、part7で1ミスでした。

リーディングは安定しています。が、毎度par5, 6で5~6問ミスっているのがまだまだ一壁乗り越えられていない感じですね。

●誤答の原因

【語法の知識不足】

・Layoff at ABC.Inc(→「~社での解雇」は解雇自体はとあう一点で行われているので地点を表すatを使用。inではない。)

・cautionとcautiousness(→「用心」と「用心深さ」。「行動」と「その程度」の関係)

【集中力の欠如】

・in response toを作る空欄でrespondを選択してしまった

《全体を通して》

【曖昧だった/知らなかった単語】→リスト化

・layoff「解雇」

・container「容器」

・exclusively「もっぱら、排他的に、独占的に」

・primarily「主に、本来」

・work on a car「車を修理する」

・curator「館長」

・detectives「探偵」【初見】

・portray「描く、描写する」

・lamb「子羊、ラム肉」

・homey「気楽な」【初見】

・province「田舎」

・applaud「拍手する、褒める」

・in desperate need of「~を心底必要としている」【初見】

・profession「専門的職業」

・incursion「侵入、侵略」【初見】

・flotation「浮くこと、浮力」【初見】

・resilience「回復力、立ち上がる力」【初見】

・commodity「商品、日用品」【初見】

このように「文章化」して、それを定期的に何度も見返すことで効果的な復習ができます。

「問題を解いて、解説を読んで終わり」というスタイルで学習を進めておられる方もいると思いますが、それでは不十分です。おそらく次もまた同じような問題で間違えてしまいます。

少なくとも、間違えた問題を分析し、そこで得た気づきを書き留めておくことが重要です。

こうした地道な作業ができるかどうかが、最終的なスコアを決定します。

他の人が力を抜くところで、力を入れる

人の行く裏に道あり花の山

投資の世界にこのような言葉があります。

これは、茶人の千利休(せんのりきゅう)の言葉と言われています。

「お花見で人がたくさん集まっている場所を避けて裏道を行くと、花がたくさん咲いている場所を見つけることができた」という逸話がもとになっています。

そこから転じて、投資の世界では、「意図的に他人とは逆の行動を取ることで、利益が取れる」という意味合いで使われています。

アメリカの金融街の、

Buy when others sell, Sell when others buy. (人が売るときに買い、人が買うときに売れ)

という言葉も同じような意味です。

つまり、大衆とは逆の行動を取ることで、大きな利益が得られるということです。

これは、英語(TOEIC)学習にも当てはまります。

つまり、大部分の英語学習者が避ける学習にこそ、本当の価値が眠っているということです。

その1つが「復習」です。

他の人が力を抜くところで、力を入れることで、抜きんでた結果を手に入れることができるのだと僕は思っています。



☆★お知らせ!TOEIC(Listening&Reading Test)スコアアップレポート無料配布中★☆

レポート

2016年1月・6月・11月、2017年5月に僕はTOEIC満点(990点)を獲得することができました。その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポートを無料で配布しています。

54ページほどのレポートですが、TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込んでいますので、ぜひダウンロードしてみてください。すでに2300名以上の方々にお読み頂いています。※TOEICテスト新形式対応。※PDFファイルダウンロード形式。

レポート:【TOEICを卒業するための5つのステップ】

【御礼!!  2017/11/20  2300ダウンロード突破】 

  関連記事

TOEICのスコアを200点以上アップさせるための「単語&文法」勉強法

TOEICのスコアが240点アップ「発音練習」・「単語暗記」・「文法書の精読」などの言葉は、聞いただけで面倒くさそうなイメージが伝わってきますが、実際その通りです。英語学習者がドロップアウトするのは、大抵このあたりです。 …

TOEICには2種類の使い方がある

TOEICの2種類の使い方唐突ですが、TOEICには2種類の使い方があると僕は思います。1つ目が、「英語学習の通過点」としての使い方。2つ目が、「英語学習のゴール」としての使い方です。言葉を換えると、「英語学習の通過点」 …

「好きなこと」×「英語」の組み合わせのマジック+α

自分の好きなことをすればいい 苦しいこと、つまらないこと、ワクワクしないこと。これらは遅かれ早かれ挫折を迎えます。 TOEICや英会話などの英語学習を筆頭に、ダイエットや早起きなど、多くの人々が挑戦しては失敗をくりかえす …

次の問題集に進むタイミングを見極めるたった1つのコツ

次の問題集に進むタイミング 僕がよく頂く質問の1つに「次の問題集に進むタイミング」についてのものがあります。 具体的にいうと「今、Aという問題集を使って勉強しているが、それをどれくらいやり込めば、次のBという問題集に手を …

英語(洋書・論文etc)を読むときの5つのコツ

英語を読むのは一石二鳥僕の最近の英語学習は、もっぱら洋書の多読です。自分が興味のある分野の洋書を読んでいるときの一石二鳥感はハンパではないので、ぜひあなたにも洋書多読をオススメしたいわけですが、誰でも簡単にできることかと …

「知っている英語の文章をリスニングしているのに意味が入ってこない」人への処方せん

読めば分かるのに聞き取れない学習相談に乗っていると、この悩みを抱えている人が多いように感じます。ちなみに「知っている文章=読めばわかる文章」という意味です。なぜ「リーディングだったら意味が分かる文章なのに、同じ文章をリス …

「発音」と「単語」と「文法」結局どれを優先すべき?

「発音」と「単語」と「文法」どれを優先すべきなのか?僕なりにさんざん考えた結果、やはり英語の基礎力を構成するのは「発音」「単語」「文法」の3つだと思っています。これに確信がもてたのは英語学習マスターコーチである松本秀幸氏 …

英単語の覚え方~『askew』と検索したら全てが分かる~

英語(TOEIC)学習において最も大切なことは何ですか? 「英語(TOEIC)学習において最も大切なことは何ですか?」と質問されたとしたら、僕は迷わず「単語を覚えることです」と答えます。 なぜなら、僕自身が今まで英語を勉 …

TOEICのリスニングが聞き取れない3つの原因とその解決法

どうやったら英語が聞けるようになりますか? TOEICのスコアをアップするための学習法について相談を受けていると、次のような質問を受けることが多いです。 どうやったら英語が聞けるようになりますか? これを聞かれる度に、そ …

TOEIC本番前3日間の効果的な過ごし方

TOEIC本番前3日間は、1日1模試で決まりTOEIC本番までの3日間、つまり、TOEICは日曜日開催ですから、(木)(金)(土)ですね。この3日間の過ごし方は、僕がTOEICを勉強し始めた頃から一貫して変わりません。こ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です