【実例】手応えなくてもスコアは上がる!

御礼!2022年1月18日【9,000】ダウンロード突破!

【無料】短期間でTOEICスコアを100〜200点アップさせるための秘密のレポート【TOEICを卒業するための5つのステップ】プレゼント中です。僕が留学なし・独学でTOEIC満点を12回取れた秘密を全部つめこみました。 

Mさん(女性)のエピソード

今、マンツーマンコーチングを受けてくださっているMさん(女性)のエピソードです。

Mさんの開始時のスコアは590点でした。

コーチング期間は6ヶ月で、Mさんはちょうど今、半分の3ヶ月が過ぎたところです。

僕のコーチングの最初の2ヶ月くらいは地道な基礎固めなので、上達実感はあまり得られないのが普通です。

ちなみに基礎固めとは、「単語を覚える」「文法を理解する」「発音をトレーニングする」というような一般的な内容です。

発音については、第三者からの客観的なフィードバックがあるに越したことはないですが。単語と文法については知らないものをきっちり覚えるだけなのでシンプルです。

ただ、シンプルだからこそ毎日の作業が単調になり、モチベーションが下がりがちになります。

ホントに手応えが欲しい…

Mさんも、まさにそうだったようで以下のようなメッセージをいただいたときもありました。

なんだかやる気がない。

1ヶ月が経つが成長を感じないからだ。

ホントに手応えが欲しい。

その状況を受け止め、励まし、継続してもらうのがコーチとしての僕の役割だと思っていますので、

・現時点では手応えを感じないのが普通であること

・手応えは感じなくても水面化では着実に成長していること

・結果が出ることを信じて淡々と続けてほしいということ

などを何度もお伝えしました。

Mさんもそれを素直に 受け入れてくださり、落ち込む度に気持ちをもち直し、勉強を継続されました。

コーチングを受講する前は毎晩楽しんでいたというワインもスパッとやめられ、勉強を継続されました。

そして、先日、Mさんからこんなメッセージが届きました。

初の700点突破!

11/12 IPテストの結果が来ました。

705点。

リーディング310はこれまでの最高点です。

初の700点台にさらに英語に向き合う気になりました。

590点からなので、現時点で115点のアップ。日々の勉強に手応えがなくとも、こうして着実に成長されています。

IPテストと言えども、問題自体は公開テストを同じですので、スコアは実力の反映であることは間違いありません。 今回Mさんが得た結果は、実はとても大きな意味があります。

=============

手応えがなくて落ち込む



信じて続けて乗り越える



実際に結果が出る

=============

このステップを一度でも経験できたらもし再び落ち込むことがあっても、自力で立ち直れるようになるのです。

「あのときもこうして落ち込んだけど、乗り越えてスコアを上げることができた。だから、今回もきっと大丈夫」と思えるようになるのです。

そうなれば、目標スコアの達成は時間の問題となります。

やるからには900点を

Mさんは、まだコーチング期間が半分も残っています。

この先もガンガン勉強を進めて、800点、そして900点と着実にスコアを上げていかれるでしょう。

目標スコアが高ければ高いほど、当たり前ですが勉強はハードになります。

ただ、それに挑戦しやり抜くからこそ確かな英語力が身につき、自分の次なる可能性が拓かれるのは間違いありません。 せっかくTOEICに時間やお金、エネルギーを注ぎ込むのであれば、トップ3%である900点を 目指していただきたい。

僕はそう思っています。

本気になり、自分の限界を超えれば、900点は現実的に取れるスコアです。


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月・10月、2019年5月・10月、2020年1月・11月、2021年1月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計12回)その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポート(PDF)を期間限定で無料プレゼントしています。

TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに9000名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2022/1/18  9000ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です