【5Minutes-Tuesday】TOEICは楽勝なのか?/99%コミットが最も苦しい/顔が…etc

御礼!2021年4月5日【8,000】ダウンロード突破!

【無料】短期間でTOEICスコアを100〜200点アップさせるための秘密のレポート【TOEICを卒業するための5つのステップ】プレゼント中です。僕が留学なし・独学でTOEIC満点を12回取れた秘密を全部つめこみました。 

リアルタイムでのご購読は登録フォームより

※この記事は僕の週刊メルマガである【5Minutes-Tuesday】をブログ用にリライトして転載したものです。

メルマガ配信から約1ヶ月遅れでこちらのブログに転載という形になっているので、もしリアルタイムで情報を得たい場合は、週刊メルマガ【5Minutes-Tuesday登録フォーム】より受信登録をお願いいたします。

〜〜〜ここから本文〜〜〜

【5Minutes-Tuesday】2020/12/1メルマガ配信号

日本人が1分間で読める文字量は600文字程度と言われています。5分(5Minutes)だと3,000文字。5分(3,000文字)で人生が少し良くなるそんな内容のメールを毎週火曜日(Tuesday)にお届けします。

【5Minutes-Tuesday】メルマガ配信日:2020/12/1

こんにちは、藤山(ふーじー)です。

今週も【5Minutes-Tuesday】をお届けします。

ふーじーのコーチング道場:「あれっ?TOEIC楽勝じゃね?」が引き起こす未来

今日は以下の質問について答えていきたいと思います。

800点中盤からスコアが伸びません。目標は満点なのですがおすすめの学習法はありますか?

体験したことがある人もいると思いますが、ある程度勉強していくと、「勉強すればするほど、分からないところが増えていく」という現象が起こります。

そうなる理由は、知識が増えるにしたがって「細かいけど大事な部分」がどんどん見えてくるからです。

上級者が悩んでいるポイントは、初心者がそもそも気づいていない(=見えていない)部分であることがほとんどです。こうしたメカニズムがあるからこそ、次のようなおもしろいことが起こります。

中級者くらいの人がいちばん自信をもっている

「勉強して色々分かってきたけれど、細かい部分はまだ見えていない状態(=つまり中級者)のときに最も全能感が得られます(笑)

これは、思ったよりも簡単にそこそこの結果が出た人に顕著です。TOEICだったら、比較的スムーズに700~800点が取れた人のイメージでしょうか。そのときに、おそらく次のように感じる人が多いと思います。

「あれっ?TOEIC楽勝じゃね?900点も普通に狙えそうだし、たぶん満点もいけるっしょ!」

その心意気、すばらしいです。

ただ、そのあと中級から上級へとレベルアップするにしたがって、現実が見えてきます。

今まで見えていなかったものが急激に見えるようになっていき、「ちょっと甘かったかも…」と感じ始めるはずです。

そうなってからが本当の勝負です。

それまでの自分を反省し、心機一転リスタートを切れる人は苦労しながらも確実に力を伸ばしていきます。

しかし、中級のときに味わった「全能感」を引きずってしまう人は、そこで成長が止まります。

何かを学ぶ者として求められるのは「謙虚さ」だと僕は思っています。

どの分野を見ていても、真にレベルの高い人ほど謙虚です。

ここで冒頭の質問に戻りましょう。

「800点中盤からスコアが伸びません。目標は満点なのですがおすすめの学習法はありますか?」

この質問に対する僕の答えは、

答え
謙虚になってもう一度最初からTOEIC学習をやり直してください。そして、900点が取れたら950点を目指してください。950点が取れたら、アドバイスなんて求めなくても満点のために自分がすべきことが分かっているはずです。
です。

目標を大きく持つのは重要です。

しかし、それが自分への「過信」から生まれた目標だとしたらNGです。

過信からは、謙虚さとは反対の傲慢さが生まれ、その傲慢さが詰めを甘くし目標達成を阻みます。

実は、今日の内容は、過去の僕に向けて書いています。

「TOEICを舐めていた過去の僕」に対してです。

勉強に対する謙虚さを忘れているうちは、不思議と結果は出ません。

ただ、その逆もまたしかりなのです。

人生の質を上げるsmall-idea:100%コミットするラクさ

本だったか海外の音声教材だったか出所はハッキリ覚えていないのですが、僕が最も大事にしているマインドセットの1つに「99%のコミットは苦しい、100%のコミットはラク」というものがあります。

「達成したい目標」や「乗り越えなければならない課題」があったとします。

それをクリアするために求められるのはコミットです。

つまり、覚悟し決意すること。それが求められます。

ただ、ここが難しいポイントで、コミットするなら「100%」完全にコミットしないとしんどいだけなのです。

「99%」はコミットできているけど、残りの「1%」逃げ道を用意しているとか、邪な気持ちがあるとか、そういった状態が最も苦しいです。

自分の中で99%は覚悟が決まっている。

けれども、最後の1%がその99%に勝るくらいの抵抗力をもちます。(現状を維持したがる人間の生来のメカニズムの影響です。)

それが苦しさの原因となります。

その苦しさから自分を解放する方法が「残りの1%もコミットし切る」ということなのです。

「100%完全なコミット」

これができたら、苦しさは1ミリもなくなり「ラクさ」や「うれしさ」や「気持ちよさ」が溢れてきます。

そのときの感覚は、ぶっちゃけやみつきになります(笑)

僕自身、今ぱっと思い出せるだけでも5回くらいはそうした経験をしています。

つまり、99%コミットで苦しみ、100%コミットしたときに信じられないくらいラクになったという経験です。

特にTOEIC満点を目指したとき、独立したとき、あと最近も大きな出来事がありましたが、そういうときに強く感じました。

「覚悟を決めて、やります!!」と口で言うのは難しくありません。

でも、その覚悟が100%でなければ、待っているのは苦しさです。

それだったら、最初から挑戦しないほうがいいかもしれません。

自分では本気で頑張っているのに、なんだか気分が晴れない。

しかも結果もついてこない…。

そんな状況に陥ったら、自分のコミットレベル確かめてみてください。

まだコミットできる余地が「1%」残っているかもしれません。

近況報告(ホットニュース):超久しぶりにJayさんと

先日、超久しぶりにJayさん(早川幸治先生)とお茶してきました。

福岡に歌舞伎を観に来られていたようで、それが終わったあとにお会いしたのですが、Jayさんの目力が明らかに増していて歌舞伎っぽくなっていました。歌舞伎は、観ている側も思わず目を「カッ!」と見開いてしまうらしいです。

お茶をしたのは福岡空港のタリーズだったのですが、タリーズとは思えないくらいおしゃれな店内でした。


今年も残り1ヶ月。

なんだか最近は、ここ数年でいちばん忙しいです。

ただ、それをやりきった先に待っているものが明確にイメージできるので、やり切って2021年を迎えたいと思います。



今週はこれで終了です。

あなたの周りに【5Minutes-Tuesday】がお役に立てそうな方がいたら、ご紹介いただけたら大変うれしいです。(以下の登録フォームをコピペしてその方に送っていただけたらスムーズです。)

1人ひとりが自分のポテンシャルを最大化して、毎日気分よく、充実した日々を過ごしていける、そんなコミュニティを作っていくのが僕の目標です。

【5Minutes-Tuesday】登録フォーム

https://english-for-attraction.info/p/r/NkkHQwXu

ではでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました!


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月・10月、2019年5月・10月、2020年1月・11月、2021年1月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計12回)その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポート(PDF)を期間限定で無料プレゼントしています。

TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに8000名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2021/4/5  8000ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です