【5Minutes-Tuesday】要領は良いけど伸び悩む/人生のリズム感/ジェイロンとミーティングetc

御礼!2020年7月9日【7,000】ダウンロード突破!

【無料】短期間でTOEICスコアを100〜200点アップさせるための秘密のレポート【TOEICを卒業するための5つのステップ】プレゼント中です。僕が留学なし・独学でTOEIC満点を10回取れた秘密を全部つめこみました。 

リアルタイムでのご購読は登録フォームより

※この記事は僕の週刊メルマガである【5Minutes-Tuesday】をブログ用にリライトして転載したものです。

メルマガ配信から約1ヶ月遅れでこちらのブログに転載という形になっているので、もしリアルタイムで情報を得たい場合は、週刊メルマガ【5Minutes-Tuesday登録フォーム】より受信登録をお願いいたします。

〜〜〜ここから本文〜〜〜

【5Minutes-Tuesday】2020/5/19メルマガ配信号

日本人が1分間で読める文字量は600文字程度と言われています。5分(5Minutes)だと3,000文字。5分(3,000文字)で人生が少し良くなるそんな内容のメールを毎週火曜日(Tuesday)にお届けします。

【5Minutes-Tuesday】メルマガ配信日:2020/5/19

こんばんは、藤山(ふーじー)です。

今週も【5Minutes-Tuesday】をお届けします。

英語(TOEIC)学習のコツ:要領は良い…なのに最後は伸び悩む理由

ルやSNSなどでのやり取りも含めると、これまで何千人という方の英語(TOEIC)学習相談に乗ってきました。

そうする中で気づいたことは山ほどありますが、今日はその中でも特に大きな気づきだった要領が良い人が最後に伸び悩む理由」というテマでお話ししていきたいと思います。

きっとあなたの周りにも「要領が良い人」がいると思います。何でもスムズに理解して、色々なことができて、困難な課題でも上手に乗り越えてしまうような人です。

短期的な視点で見ると、そういう人は色々と得をします。周囲からの評価が上がったり、自信がついたりと良いことばかりです。しかし、そういう人って最終的に伸び悩むケスが多いのです。これが僕にとっての大きな気づきでした。

ちなみに、僕もわりと「要領が良いですね」と言われることがありますが、そのように見えるのは、単純に僕のことをよく知らないからだと思います。過去のブログ記事などを読んでいただくと「かなり不器用で、人よりも何倍も努力してようやく結果が出る」というタイプの人間だと分かっていただけるはずです。

では、「要領の良い人が最終的に伸び悩む」のはどういう理由からでしょうか?

答えは…、「詰めの甘さ」です。

要領が良い人は何でもスムズに理解してしまうので、全体の70~80%をあっという間に習得します。例えばTOEICで考えると「700~800点」がスムズに取れてしまうということです。これはかなりすごいことです。ただ、この先が問題なのです。

要領が良いからこそ、「大事なところだけざっくりと理解する」は得意なのですが、その先の「細かいところを詰める」という作業が苦手だったりします。そのせいで起こるのが「スコアが頭打ち」という状況です。

説明のために簡略化しますが、TOEICのスコアを決める英語力は、分割すると「単語力」「文法力」「発音力」の3要素になります。これらの「かけ算」によって結果が決まります。

これらの要素きっちり詰めることができたら、「単語力(1)」×「文法力(1)」×「発音力(1)」=「1」となります。

しかし、各要素に「少しの詰めの甘さ(1→0.9)」があると、次のようになります。

「単語力(0.9)」×「文法力(0.9)」×「発音力(0.9)」=「0.729」

各要素の「少しの詰めの甘さ」によって、全体では「70%の出来」になってしまっているのです。個々で見ると大したことなくても、全体で見ると大きな差 となって表れます。要領は良いのに伸び悩むときに起こるのは、こうした現象だと僕は考えています。

こうした状況を打破し、突き抜けた結果を手にするためには「徹底的に詰める」ということが欠かせません。なんとなく分かるけど、しっくりこないなぁ」という問題に出くわしたら、絶対にそれを放置せずに100%クリアにする必要があります。それが「徹底的に詰める」ということです。

一般論ではありますが、要領が良い人はこういう細かい作業が苦手なケスが多いと思います。そのため、最初はしんどいと思いますが、欲しい結果を手に入れるためには、自分を律して取り組む必要があります。

逆に言うと、「自分は要領が良くない」思っている人は、実は詰めること」に素質がある人が多い印象があります。その素質を活かせるかどうかはその人次第ですが、活かすことができれば、どこかのタイミングで「要領が良い人」を追い抜かすことができます。

まとめると、

意識すべきこと
・要領が良い人は「徹底的な詰め」を意識する

・そうでない人は素質を信て「粘り強く」継続する
このようなイメジです。このあたりのメカニズムは童話「ウサギとカメ」の教訓通りですね(笑)。

人生の質を上げるsmall-idea:人生のリズム感を意識するとうまくいく

ソクラテスやニチェなどと並ぶ哲学者として歴史に名を残しているソロが次のように語っています。


~大半の人はものを言わず、失望に満ちた人生を送っている。(中略) 我々は自分のリズムに合わせて自らのステップを踏まなければならない。~

サラッと流してしまいそうな言葉ですが、とても深い言葉だと個人的には思います。

あなたは「自分のリズム」について考えたことはありますか?

「夜はこれくらいの時間に寝て、朝はこれくらいに起きて、この時間にこういう行動をしたら調子が良い」みたいなレベルでの「リズム感」は、誰でも考えたことがあると思いますが、ソロが言っているのは、根本的な部分の「人生のリズム感」だと思います。

「人生のリズム感」を考えるときは「花を育てること」をイメジすると分かりやすいです。僕たちが花を育てるときは、次のような流れ(サイクル)を踏まえるはずです。

「種まき→水やり→開花→収穫」

この順番を勝手に変えて、種まきしたあとすぐに収穫をしようとしても当然うまくいきません。それぞれの時期において、そのときにすべきことを行うからこそうまくいきます。そして、こうしたサイクルは、僕たち1人ひとりの人生にも当てはまります。

例えば僕も以下の通りに、ステップバイステップで物事を進めてきました。

TOEIC満点を取って起業しようと決める(種まき)→満点を取るために勉強したり起業の勉強をしたりする(水やり)→満点を獲得し起業をする(開花)→事業が大きくなったり出版が決まったりする(収穫)

結果を急ぎすぎたらリズムが崩れます。自分が取り組んでいることが思ったようにうまくいかないときは、そもそも今はアクセルを踏み込む時期ではなく、っくりと自分と向き合い、アイデアや考えを熟成させる時期なのかもしれません。

リズムにバッチリ乗れていたら、不思議なほどスムズに人生が進んでいきます。少なくとも僕自身のこれまでの経験上は間違いありません。

近況報告(ホットニュース):ジェイロンと久しぶりにミーティング

先日、Zoomでミティングをしました。

彼の名前はジェイロン・カ(アメリカ人)というのですが、彼との出会いは6年前に遡ります。

1度目の起業で大失敗したせいで、家賃も払えず体調まで大きく崩し、逃げるようにして東京から鳥取の実家へと帰りました。

時給700円のアルバイトをしながら「25歳にもなって自分は何をしているんだろう」と自己嫌悪の陥る毎日を過ごしていたときに彼と出会いました。

駅前を歩いていたときに、ジェイロンから声をかけられた(彼は大手英会話スクルの先生で、集客のために駅前でチラシを配っていた)のがきっかけです。

当時の僕もある程度は英語が話せたので、ジェイロンと普通に会話を始めると、「どこで英語を勉強したの??」と驚かれ、「自分で勉強した」と答えるとさらに驚かれ、そこから友人になりました。

彼は英会話講師であるのと同時に、ラッパだったり、選挙キャンペンの交渉人だったりと、6年も親しくしていますが、未だに底が知れません(笑)

そんなジェイロンの力を借りて、なにか英会話関係の企画をやりたいなぁと思い立ち、ティングを設けたわけです。今回は久しぶりだったのでお互いの近況報告程度で終わりましたが、コロナの落ち着き状況を観察しつつ、そのうち何かやりたいと思います。

ただ、まだ決定的なアイデアはないので、もし「こういうことをやってほしい」というものが何かあれば、ぜひ教えてください。

オンライン英会話でネイティブ講師を選んだらノンネイティブ講師の3倍の料金が必要ですが、ジェイロンとは交渉してリズナブルに収めたいと密かに思っています。まぁ、ジェイロンは交渉人なので、僕のほうが丸め込まれそうですけど(笑)



今週はこれで終了です。

あなたの周りに【5Minutes-Tuesday】がお役に立てそうな方がいたら、ご紹介いただけたら大変うれしいです。(以下の登録フォームをコピペしてその方に送っていただけたらスムーズです。)

1人ひとりが自分のポテンシャルを最大化して、毎日気分よく、充実した日々を過ごしていける、そんなコミュニティを作っていくのが僕の目標です。

【5Minutes-Tuesday】登録フォーム

https://english-for-attraction.info/p/r/NkkHQwXu

ではでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

いつもシェアして頂き感謝です!☺️


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月・10月、2019年5月・10月、2020年1月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計10回)その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポート(PDF)を期間限定で無料プレゼントしています。

TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに7000名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2020/7/9 7000ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です