英文は読めるのに「意味」がわからない理由とその解決法

御礼!2020年1月6日【6,100】ダウンロード突破!

【無料】短期間でTOEICスコアを100〜200点アップさせるための秘密のレポート【TOEICを卒業するための5つのステップ】プレゼント中です。僕が留学なし・独学でTOEIC満点を9回取れた秘密を全部つめこみました。 


単語や文法は分かるのに、読めない・・・

TOEICのリーディングを解いていて、

単語や文法は分かるし読めている気がする。でも、意味がピンとこない…。

そんなときってありませんか?

その状態は、正確には「読めていない」ということですが、感覚としては「読めているのに意味がわからない」という感じだと思います。

こうなってしまうのは何が原因なのでしょうか?

そして、この状態を解決するにはどうしたらいいでしょうか?

この記事で詳しく解説していきたいと思います。

この例文、イメージ湧きます?

それを考えるために、まず次の英文を読んでみてください。

Our company’s most effective marketing strategy is having a booth in the electronic appliances exposition and getting leads.

和訳は、

私たちの会社の最も効果的なマーケティング戦略は、電子機器エキスポでブースを構えて、見込み客リストを集めることです。

です。

この和訳、日本語としては読めると思います。

しかし、意味は分かるでしょうか?

つまり、頭の中に「イメージ」は湧くでしょうか?

「背景知識」がないと、読めない

「marketing strategy」=「商品を販売するための方法論」
「exposition」=「エキスポ(=東京ビッグサイトのような大きな会場で行われる商品の展示会)」
「leads」=「見込み客のリスト」

このあたりの単語に親しみがないと、先ほどの英文は本当の意味では「読めない」と思います。

ここまでの話から何が分かるでしょうか?

それは・・・、

単語も文法も分かるのに意味が分からないときは、「背景知識」が原因になっているということです。

実際のところ、自分に馴染みの深い分野であれば、多少単語が分からなくても、多少文法の理解が足りなくても、イメージが湧いて、しっかり読めます。

「背景知識」は、意外と軽視されがちですが、すごく大切な要素です。

では、「背景知識」を強化するためにはどうしたらいいのか?

以下の2つのアプローチがおすすめです。

「背景知識」を強化する2つのアプローチ

アプローチは【長期的なもの】と【短期的なもの】の2つがあります。

【長期的なアプローチ】=日々色々なテーマに興味をもつように心がける(ビジネスとか美術館とか)

【短期的なアプローチ】=問題を解きまくって、出てくるシーンの背景知識を1つ1つ手に入れていく

この2つです。

おすすめはどちらもやることです。

地道な作業にはなりますが、ぜひ意識してみてください。

「背景知識」が強化されたら、もちろんリスニングのスコアも上がりますので。

いつもシェアして頂き感謝です!☺️


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月・10月、2019年5月・10月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計9回)その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポート(電子書籍)を期間限定で無料プレゼントしています。

TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに6100名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2020/1/6 6100ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です