【5Minutes-Tuesday】本番3日前からやること/感情でジ・エンド/欠かさず見るテレビ番組etc

御礼!2020年10月6日【7,300】ダウンロード突破!

【無料】短期間でTOEICスコアを100〜200点アップさせるための秘密のレポート【TOEICを卒業するための5つのステップ】プレゼント中です。僕が留学なし・独学でTOEIC満点を10回取れた秘密を全部つめこみました。 




リアルタイムでのご購読は登録フォームより

※この記事は僕の週刊メルマガである【5Minutes-Tuesday】をブログ用にリライトして転載したものです。

メルマガ配信から約1ヶ月遅れでこちらのブログに転載という形になっているので、もしリアルタイムで情報を得たい場合は、週刊メルマガ【5Minutes-Tuesday登録フォーム】より受信登録をお願いいたします。

〜〜〜ここから本文〜〜〜

【5Minutes-Tuesday】2020/9/8メルマガ配信号

日本人が1分間で読める文字量は600文字程度と言われています。5分(5Minutes)だと3,000文字。5分(3,000文字)で人生が少し良くなるそんな内容のメールを毎週火曜日(Tuesday)にお届けします。

【5Minutes-Tuesday】メルマガ配信日:2020/9/8

こんにちは、藤山(ふーじー)です。

今週も【5Minutes-Tuesday】をお届けします。

英語(TOEIC)学習のコツ:TOEIC直前3日間の効果的な過ごし方

この記事では、本番前の3日間の過ごし方についてお伝えします。

本番前の3日間は、ぜひ「1日1模試(200問)を解くこと」に挑戦していただきたいと思っています(3日間が難しかったら、せめて(金)(土)の2日間)。本番と同じように時間を測って、リスニング 100問、リーディング100問を解いてください。

もちろん、そう提案するのは、メリットが大きいからです。

「本番前3日間の1日1模試」のメリットは、以下の3点+αです

①:本番モードに身体が切り替わる

TOEICの何がつらいかと言うと「2時間で200問を解かないといけないこと」です。

よほどTOEICに慣れていない限り、2時間を戦い切った後は、精神的にも肉体的にも消耗しているはずです。TOEIC攻略の秘訣は「2時間を戦い切る体力」だと言ってもいいかもしれません。

だからこそ、事前のトレーニング、つまり「1日1模試を解くこと」が必要なのです。

本番と同じ問題数を、本番と同じ時間内に解いておくことで、身体が本番モードへと切り替わり、スムーズに当日を迎えられます。

②:もれなくTOEIC全体を復習できる

1模試(200問)を解くと、全体をもれなく復習できます。

「自分は、Part5が苦手だから、本番前はとにかくPart5だけを徹底的にやり込もう!」というスタンスも悪くはないのですが、大抵そのときは、Part5以外の部分がおろそかになってしまうものです。

例えば、リスニングセクションで1回満点が取れたとしましょう。

しかし、そのあとに「自分はリスニングは完璧だから、リーディングの勉強だけしたらいい」というスタンスをとってしまうと、必ずと言っていいほどリスニングのスコアが落ちます。

「あっちを立てればこっちがが立たず」という面がTOEICにはありますので、せめて本番前3日間は、模試を解くことで全体を復習しておきましょう。

そうすることで、安心して本番を迎えることができます。

③:そもそものスコアアップにつながる

1日1模試を3日間ということは、合計で600問を解く計算になります。それだけで純粋にスコアアップにつながります。

TOEICのスコアは、問題を解いた数に比例して上昇していきます。(基礎をおそろかにしていたら話は別ですが…)

何事においても「数をこなすこと」は避けて通れません。

その意味でも、1日1模試は効果的です。たくさん問題を解いていくうちに「感覚で正解が選べる」という魔法のようなスキルが身についてきます。

+α:「やり切った感」に満たされる

最後は「+α」のメリットです。

3日連続で1模試(200問)を解くことは簡単なことではありません。

忙しい日々の中で、まとまった時間を確保する必要がありますし、仕事でイレギュラーなことが発生した日には、200問を解く気力が残されていないかもしれません。

でも、それに負けずに模試を解いたら「やり切った感」を感じることができます。この状態は、「人事を尽くして天命を待つ」と言い換えてもいいでしょう。

そうした状態になることができれば、当日は妙に落ち着いて過ごすことができます。

良い意味で、「スコアなんてどうでもいい」と思える瞬間です。

そういうときこそ、予想以上のハイスコアが獲得できるものです。

①:本番モードに身体が切り替わる

②:もれなくTOEIC全体を復習できる

③:そもそものスコアアップにつながる

+α:「やり切った感」に満たされる

これら3点+αが「本番前3日間の1日1模試」のメリットです。

ぜひ、模試に挑戦してみてください。

人生の質を上げるsmall-idea:感情に飲まれたら「ジ・エンド」

過去の僕の話です。

その日は、仕事でトラブルが続き、精も根も尽き果てて帰宅しました。

しかし、当時はTOEICで満点を目指していたときであり、1日たりとも勉強を休んでいる余裕はありませんでした。

なので、その日も模試を解き始めました。

ですが、そういう日に限って「激ムズ」の模試に当たってしまったのです。

全く手応えがないままリスニングセクションが終わり、リーディングセクションへ。Part5もPart6も難しい。イライラがどんどん募りました。

そのイライラがその日の仕事でのクレームを思い起こさせ、僕は感情の波に飲まれ始めました。

そしてPart7へ。

シングルパッセージの最初のほうから、いきなり難しい・・・。

そこで限界に達しました。

「あぁー!!くそっ!!」と叫びながら、僕はその模試を地面に叩きつけ、それを拾ってビリビリに破いてゴミ箱に叩き込んだのです!

このケースでは、模試を失っただけで済みましたが、場合によってはすべてを失う可能性があります。

感情は僕たちの人生を豊かにしてくれるかけがえのないものですが、使い方を間違えるとメガトン爆弾になります。

だからこそ、日頃から「感情コントロール」について学び、メンタルトレーニングに取り組んでおく必要があると僕は考えています。(僕自身、それを実践し続けてきたので、今ではかなり感情的に安定しているほうだと思います。)

感情をコントロールする方法は数多くありますが、今日はベーシックなものを紹介します。

感情の波が襲ってきたら、以下の3ステップで対応します。

ステップ①:感情が出てきたことを「認識」する

実際に言葉に出して「自分は〇〇(怒りや不安)を感じている」と言ってみてください。

まるで他人についてコメントするように、自分の中に出てきている感情を客観視してください。

ステップ②:感情にネーミングする

出てきた感情を認識できたら、その感情に名前をつけると効果的です。

「激おこくん」でも「イライラさん」でも何でもいいので、名前をつけます。名前をつけたその感情が、ダダをこねている姿をイメージします。それをイメージしている自分自身をちょっと滑稽に感じてきたら、かなり良い流れです。

ステップ③:感情が去るまで待つ

感情の波は必ず引きます。ステップ②までできていたら、もう少しの辛抱です。慣れてきたら1~2分あれば充分になります。とにかく去ってくれるまで待ちましょう。

以上の3ステップによって、感情に飲まれずに済みます。

やってみると効果が分かりますので、ぜひ試してみてください。

近況報告(ホットニュース):僕が欠かさず見るテレビ番組

僕は「Netflix」はよく見ますが、テレビ番組はまったくと言っていいほど見ません。

でも、2つだけ欠かさず見ている番組があります。

1つは半沢直樹で、もう1つが「激レアさんを連れてきた。」です


この番組のキャッチコピーである「土曜の夜あなたはきっとぶっ飛んじゃう。」という言葉の通り、っ飛んだ思考回路をもつ人たちの人生を垣間見ることができます。

これからの時代は、今までの価値観に囚われずに考えられる人が求められると言われますので、ぶっ飛んだ人たちの考え方はとても参考になります…というメリットを表向きは意識しつつも、ただおもしろいので毎回見ています(笑)

なんかこう、自分らしさを大事にして、それを表現しながら生きている人って、本当に輝いていますし、何よりも人を引きつけるのだなぁとつくづく思います。



今週はこれで終了です。

あなたの周りに【5Minutes-Tuesday】がお役に立てそうな方がいたら、ご紹介いただけたら大変うれしいです。(以下の登録フォームをコピペしてその方に送っていただけたらスムーズです。)

1人ひとりが自分のポテンシャルを最大化して、毎日気分よく、充実した日々を過ごしていける、そんなコミュニティを作っていくのが僕の目標です。

【5Minutes-Tuesday】登録フォーム

https://english-for-attraction.info/p/r/NkkHQwXu

ではでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

いつもシェアして頂き感謝です!☺️


☆★TOEIC(L&R)スコアアップレポート無料配布中★☆


2016年1月・6月・11月、2017年5月、2018年6月・7月・10月、2019年5月・10月、2020年1月にTOEIC満点(990点)を獲得することができました。(合計10回)その過程で得た「気づき」や「TOEIC学習のコツ」などをまとめたレポート(PDF)を期間限定で無料プレゼントしています。

TOEICで目標スコアを達成するために必要なものをすべて詰め込みました。

すでに7300名以上の方々にお読み頂いているレポートです。

スコアアップのために、ぜひ手に取ってみてください。

※PDFファイルダウンロード形式。

【御礼! 2020/10/6 7300ダウンロード突破】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です